BLOG

ブログジャンルが決まらない時にやること3つ【僕は500時間無駄にした】

2021年8月7日

「ブログのジャンルが決まらない。どうやってジャンルを決めればいいんだろうか…?」

こんなお悩み解決をお手伝いする記事です。

  • ブログジャンルが決まらない人へ伝えたいこと
  • ブログジャンルが決まらない時にやること3つ
  • ブログジャンルが決まらない時のNG行動2つ

こんにちは、Tatsuyaです。
今回は、ブログジャンルが決まらなくて悩んでいる方向けに書きました。

「やるべき3つのこと」と、逆に「やってはいけないNG行動」の解説が主な内容です。

昔の僕は、あまり深く考えずテキトーに書き始めてしまったために、合計で170記事ほど消すはめになりました。少なくとも500時間ぐらいは無駄にしたと思います。

貴重な時間を無駄にしないため、ぜひ反面教師にしつつ、お役立てください。

5分で読めるので、最後までどうぞ。

ブログジャンルが決まらない人へ伝えたいこと

まず最初に、大事なことをお伝えしておきます。

ブログのジャンルが決まらなくても、無理に「見つけよう」と焦らなくて大丈夫です。

なぜなら、焦りからテキトーにジャンルを選んでしまうと、結果として時間が無駄になるからですね。まさに過去の僕です。

焦る気持ちもわからなくはないですが、ぶっちゃけ焦ってもいいことはないので、まずは落ち着きましょう。

別に書き始めるのが数日遅れたところで、何も問題はないので大丈夫ですよ。

あなたは、真面目な人です

たぶん僕のこの記事を読んでくれている人は、「ブログ ジャンル 決まらない」と検索したんだと思います。

ぶっちゃけテキトーに書くこともできたはずなのに、検索して学ぼうとするということは、真面目な人なんです。だからこそ、余計に「焦らなくて大丈夫です」と伝えたいです。

まずはコーヒーでも飲んで、落ち着きつつ進めていきましょう。僕もちょっとコーヒーを飲んでから、続きを書きますね☕️

ブログジャンルが決まらない時にやること3つ

ここからは「ブログジャンルが決まらない時にやること3つ」を解説します。

過去の経験から「重要な3つ」に絞りました。結論は、「急がば回れ」です。

やること①:ブログを書く理由を掘り下げる

1つめは「ブログを書く理由を掘り下げる」です。

要するに「自分はなぜブログを書くのか?」の部分ですね。

言うまでもないかもですが、ブログを書く理由がはっきりしてるほうが、ジャンルを選ぶ際のヒントになります。

例えば、「ブログを書く理由=副業としてお金を稼ぎたい」なら、アフィリエイトできるジャンルを選ぶべきですよね。

  • 紙に書き出す
  • パソコンに打ち込む

上記のとおり方法は何でもOKなので、「ブログを書く理由」を言語化しておきましょう。このへんが曖昧だと、間違ったジャンルを選ぶことになりかねません。

自問自答のコツ

簡単なコツは、1つの理由を連続で掘り下げること。
そうすることで、ジャンル選びのヒントになります。

具体的には、「ブログで稼ぎたい⇨仕事の時間を減らして、自由な時間を作りたい⇨むかし諦めた勉強に再挑戦したい」みたいなイメージ。

例えばですが、上記の「むかし諦めた勉強」に関するジャンルを選ぶのもありですよね。

理由の掘り下げは大事です。

やること②:「何に時間を使いたいのか?」を考える

2つめは「自分は何に時間を使いたいのかを考える」です。

「ブログジャンルを決める=ジャンルの勉強や執筆に時間を使う」なので、これから先、自分が時間を使いたいことを選ぶべきですね。

間違っても、「稼げそうだから」という理由だけで、やりたくないジャンルを選ぶと大変ですよ。

さっきと同じで、紙でもパソコンでも方法は何でもいいので、言語化しておきましょう。書くって面倒に感じるかもですが、思考が整理されるので、おすすめです。

「メリットがあるかどうかでブログジャンルを選びたい」と思う人がいるかもしれませんが、人生の大切な時間を使ってブログを書くことになるので、まずは「自分は何に時間を使いたいのか?」を優先して考えてみてください。

やること③:ブログミッションを作る

3つめは「ブログミッションの作成」です。

ブログミッションとは、ブログが持つ役割(使命)のこと。会社で言うところの「理念」みたいなものですね。

もう少し簡単に言えば、「誰に向けて、どのような内容を書くのか」を一言で表したものです。

ブログミッションを考えることで、ブログの方向性が定まってくるので、書くべきジャンルも明確になってきますよ。

このあたりは、過去の記事で詳しく解説しているので、ブログを始める前にやるべきことは1つ【知っておきたい注意点あり】をどうぞ。参考になるはずです。

ブログジャンルが決まらない時は、ブログミッションを作りましょう。

ブログジャンルが決まらない時のNG行動2つ

最後に、NG行動を2つ解説しておきます。
特に初心者の方はやりがちなので、注意してくださいね。

NG行動①:なんとなくフワッと書き始める

深く考えず、なんとなくフワッと書き始めるのはNGです。

これをやると、結果的に時間が無駄になりますよ。完全に過去の僕です、、、。

「とりあえず、テキトーに書いてれば、いつか書くべきジャンルが見つかるでしょ〜」という軽いノリのパターンですね。

もちろん、人によっては見つかることもあると思いますが、「いつか見つかるさ〜」の軽いノリは思考停止をまねきがち、、、。
簡単に言えば、ただの「運まかせ」なので、ミスった時がつらいですよ。

繰り返しくどいかもですが、マジで後悔するので、考えずテキトーに書き始めるのはやめましょう。

NG行動②:興味ないジャンルに取り組む

興味ないジャンルに取り組むのもNGですね。

理由はシンプルで、継続できないから。興味のないジャンルを書き続けられるほど、ブログは甘くないです。興味あるジャンルでも、書くのは大変なので、、、。

よくあるのが、「なんだか稼げそう」という理由だけで、全然興味ないジャンルを選んだりすることですね。

興味ないジャンルを選ぶと、たぶん勉強するモチベが湧かないので、スキルアップできません。つまり競合に負けます。そのうち、やる気を失って、挫折する流れが待ってます。

なので、興味のないジャンルを選ぶのはNGです。

まとめ:ブログジャンルが決まらない時は、焦らず本質を見よ【急がば回れ】

今回は「ブログジャンルが決まらない」をテーマに解説しました。

結論、急がば回れです。

テキトーにジャンルを決めずに、まずは本質に立ち返って自問自答しましょう。あせらず、しっかり考えれば、必ず書くべきジャンルが見つかるはずです。

以下おさらいです。

ジャンルが決まらない時にやること3つ

  • ブログを書く理由を掘り下げる
  • 「何に時間を使いたいのか?」を考える
  • ブログミッションを作る

ジャンルが決まらない時のNG行動2つ

  • なんとなくフワッと書き始める
  • 興味ないジャンルに取り組む

なかなかジャンルが決まらない方は、以下記事もどうぞ。初心者向けに、さらに具体化して解説しています。
»【初心者向け】ブログジャンルの選び方3つを簡単解説【注意点あり】

普段、Twitterでもブログ関係の情報をシェアしています。この記事が少しでも参考になった方は、よければお役立てください。

今回は以上です。
最後までありがとうございました。

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-BLOG
-