BLOG

【現実】ブログ初心者は100記事書けば伸びる?【続けるコツ7つ】

2021年4月17日

「ブログは100記事がスタートって聞くけど、本当…?」

こんな疑問をお持ちじゃないですか?

こんにちは、Tatsuyaです。
今回は「ブログ100記事」をテーマに解説していきます。

「ブログは100記事書いて、ようやくスタート地点」

この言葉、ブログ界隈でよく言われているんですよね。
僕もブログを始めた頃に聞いて「え、そうなの…?」と思った記憶があります。

この記事では、僕の実例を交えながら「ブログは、100記事書けば伸びるの?」を紐解いていきます。

ブログを収益化するために忘れちゃいけない知識もあるので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

【現実】ブログ初心者は100記事書けば伸びる?

最初に結論から言います。

一気には伸びませんが、継続すれば少しずつ伸びていきます。

僕の実例より解説します

以下の画像をご覧ください。

ブログは100記事書けば伸びる?【経験談】

これは僕がブログを書き始めた初日から、100記事に到達した日までの読者数(Organic Search)の伸びです。

検索からブログに来てくれた読者の数ですね。

  • 初日:2020年3月16日(読者数:5)
  • 到達:2020年8月13日(読者数:35)

100記事書くのにかかった期間は、約5ヶ月。

1日あたりの読者数は、単純計算で7倍ほど伸びました。

あなたが選ぶブログのジャンルや、SNSを使うかどうかなど、様々な要素が絡んでくるので一概には言えませんが、継続して書けばジワジワ伸びていくのは、ほぼ間違いないと思います。

ただし、ブログは一気には伸びません。
少しずつです。

100記事書けば、収益化できる?

ガムシャラに100記事書くだけだと、収益化はできません。

なぜなら、ブログを収益化するには「広告収入」を理解しておく必要があるから。

例えば、ブログを収益化するための代表的な方法は、

  • Googleアドセンス
  • アフィリエイト

があります。

この2つを見て、「なにそれ?」という方は、以下記事を必ずチェックしておいてください↓↓

僕は広告収入の知識を学ばないまま「とりあえず記事を書く」のスタンスをとってしまったので、100記事書いた時点では、ほぼ収益化できませんでした…。

「なるほど、広告収入ってこんな感じなのね!」と理解しておくだけでも、あとあと大きな差になるので、貴重な時間を無駄にしないためにも、必ず目を通して実践しておいてくださいね。

本からブログに必要な知識を学ぼう

あなたのブログを書く目的が「収益化」なら、広告収入以外にも学んでおきたい知識があります。

それは、なにか?

  • 文章力
  • マーケティング
  • セールスライティング
  • 心理学

例えば、こういったもの。

ブログを収益化するには、「文章で商品を売る」必要があるので、基礎的な知識は学んでおきましょう。

「やることが多くて大変だなぁ…」と感じるかもしれませんが、最初から全てを完璧に理解しなくちゃいけない、というわけではありません。

ただ、一度触れているかどうか、なんか聞いたことあるな、と思えるかどうか。このあたりが、あとから大切になってきます。

どうせなら、100記事に到達した時点で、ブログから収益が生まれている方がうれしくないですか?

ブログ運営に役立つ本は、過去記事でまとめているので、あわせてご覧ください↓↓

ブログを100記事まで続けるコツ7つ

ブログ初心者向けに「実践可能なコツ」に絞って解説します。

①「絶対に続ける」と決める

100記事書くのは覚悟が試されます。なので、「絶対に続けてやる!」と腹をくくるのが、重要なポイントです。

少しずつ慣れるとはいえ、決してラクではないからですね。

  • 毎日必ずパソコンを開く
  • 最低でも5分は書く

こういった「簡単なルール」を設定して、淡々と守るのが習慣化のコツ。

ストイックなルールを作っても挫折しやすいので、簡単なルールを作って「絶対に続ける」と覚悟を決めましょう。

②まず1記事書いてみる

ブログは、まず「スタートすること」が大切です。

なぜなら、すぐに動き出さないと「また今度にするか…」と先延ばしになるから。

まだ1記事も書いていない方は、実際に書いてみましょう。

あくまで、今回の目的はスタートをきること。天才的な記事を書く必要はないので安心してくださいね。

「記事の書き方がわからない…」という方は、以下をご覧ください↓↓

③執筆のペース配分を決める

ペース配分は決めた方がいいですよ。

100記事に到達するタイミングを把握しておくほうが、精神的にも良いですからね。

1記事書くのにかかる時間がわかれば、100記事までの時間が計算できます。

1記事あたり3日→100記事まで300日

これだけでも心に余裕が生まれるので、ペース配分は決めておきましょう。

④完璧を求めない

断言しますが、いきなり完璧は無理です。

最初はヘタクソですよ。でも、それでいいんです。ブログは、書けば書くほど少しずつ上達するものですから。

「文章力がなさすぎる…」「他の人のブログは読みやすいのに自分のは…」なんて悩む必要なし。時間の無駄です。

後から何度でもリライト(修正)できますし、少しずつレベルアップすればOK。完璧を求めてはいけません。

⑤記事の「質」を意識する

とはいえ、記事の「質」を意識する必要はあります。良質な記事を書かないと、ブログは伸びないのが理由ですね。

僕自身、これまでブログを書いてきて、「この記事は質が悪いけど伸びてるな〜」というのは1つもありません。

完璧を求めすぎてもいけませんが、質を無視して書いても伸びません。このあたりのバランス感覚は難しいですが、分けて考えましょう。

⑥アクセス数、収益などは一旦無視する

アクセス数や収益などは、一旦無視するのがおすすめです。

理由は、ブログは伸び始めるまでに時間がかかるから。

最初から結果ばかりチェックして、「あぁ、全然伸びてない…」と落ち込んでも意味ないですよね?

思いきって「100記事書くまでは見ない」と決めるのもありだと思います。

基本的に、僕も日曜の夜に一回だけしか見ません。何度もチェックすると、一喜一憂してしまって記事を書くことに集中できなくなったりしますよ。

もちろん、アクセス数も収益も大切ですが、最初から結果だけにとらわれると、書くのが面倒になったり、あせりを生んだりするので、ほどほどがいいかと思います。

⑦試行錯誤をやめない

最後は、試行錯誤をやめないこと。

ブログを書くのに慣れてくると、「早く100記事に到達したい!」という気持ちが強くなるあまり、試行錯誤をサボりがちになるもの。

ちなみに以下3つは、いつも僕が意識していることです。

  • 読者視点で書く
  • 記事構成を作る
  • わかりやすい表現で書く

読者の悩みを深掘りして、ブログの構成(流れ)を整え、ストレスなく読める文章を心がける。

試行錯誤は大事ですよ。

まとめ:ブログの100記事は、あくまでスタート地点

いかがでしたか?

今回は「ブログ100記事」をテーマに解説しました。

僕自身、300記事以上書いてきて思うのは、「100記事は、あくまでスタート地点」だということ。

なかなかハードですが、これが現実です。

とはいえ、継続することで確実に経験値がUPしますし、ブログも伸びていくので、少しずつステップアップしていきましょう。

普段、Twitterでもブログの情報を発信しています。この記事が少しでも参考になった方は、ぜひフォローしてお役立てください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
応援しています。

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-BLOG
-