BLOG

ブログ初心者は100記事書けば伸びる?【続けるコツ7つを簡単解説】

2021年4月17日

「ブログは100記事がスタート地点と聞くけど、本当に100記事書けば伸びるの? 途中で辞める人が多いみたいなので、続けるコツも知りたいです。」

こんな方向けです。

  • ブログ初心者は100記事書けば伸びる?
  • ブログを100記事まで続けるコツ7つ

本記事は、上記の流れで解説します。

「ブログは100記事がスタート地点」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。僕自身、初心者の頃に同じ言葉を聞いて「マジか…。」と気が遠くなったのを覚えています。

今回は、前半で「100記事書けば伸びるのか?」を解説し、後半で「続けるコツ7つ」をご紹介。

実体験をベースに、初心者にもわかりや解説するので、ぜひ最後までご覧ください。5分ぐらいで読めます。

※ブログを始めるか迷ってる方は、「ブログの立ち上げ費用はどれくらい?【ありがちな3つの疑問も回答】」でコストを確認してみてください。

ブログ初心者は100記事書けば伸びる?

結論、一気には伸びませんが、少しずつ伸びていきます。

僕の実例より解説します

以下の画像をご覧ください。

ブログは100記事書けば伸びる?【経験談】

これは僕がブログ記事を書き始めた初日から、100記事に到達した日までの読者数(Organic Search)の伸びです。要するに、検索からブログに来てくれた読者の数ですね。

  • 初日:2020年3月16日(読者数:5)
  • 到達:2020年8月13日(読者数:35)

100記事に要したのは約5ヶ月。上記のとおり、1日あたりの読者数は、単純計算で7倍ほど伸びました。選ぶジャンルやSNSを使うかどうかなど、様々な要素が絡むので、あくまで1つの参考値として考えてください。

結論、ブログは一気には伸びません。少しずつです。

100記事書けば、収益化できる?

最初から「収益化の仕組み」を勉強しつつブログを書けば、いける可能性はあります。要するに「広告の知識」ですね。

例えば、ブログを収益化する方法は下記のようなものがあります。

  • Googleアドセンス
  • アフィリエイト
  • Amazonアソシエイト

ブログの収益化に興味がある方は、初心者向けに「広告」を解説した記事があるので、「ブログ広告のおすすめ2つを初心者向けに簡単解説【収益化への1歩】」をご覧ください。

僕自身は、広告の知識を学ばないまま「とりあえず記事を書く」のスタンスをとってしまったので、100記事時点では、ほぼ収益化できていませんでした…。

簡単ではないですが、「広告の知識」を学べば収益化は可能だと思います。

ブログを100記事まで続けるコツ7つ

ブログ初心者向けに「実践可能なコツ」に絞って解説しますね。

①「絶対に続ける」と決める

いきなり精神論ですみません…。しかし、ブログを始めたばかりの人が100記事書くのは、正直「覚悟」が試されるので、重要なポイントです。

なんとなくフワフワ始めると、途中で挫折します。少しずつ慣れるとはいえ、ブログを書くのは決してラクではないからですね。

習慣化のコツ

  • 毎日必ずパソコンを開く
  • 最低でも5分は書く

例えば上記のように、「簡単なルール」を設定して、淡々と守るのが習慣化のコツです。難しいルールを作っても挫折するので意味なしですよ。

簡単なルールを作って、「絶対に続ける」と覚悟を決めましょう。

②まず1記事書いてみる

ブログは、まず「スタートをきる」ことが大切です。なぜなら、すぐに動き出さないと「また今度にするか…。」と先延ばしになるから。

まだ1記事も書いていない方は、「ブログ記事の書き方を徹底解説します【初心者向け/保存版です】」を読みつつ、実際に1本書いてみましょう。

あくまで今回の目的はスタートをきること。天才的な記事を書く必要はないので安心してくださいね。

当たり前ですが、100記事書けるかどうかは、最初の1記事を書くかどうかが大事です。

③執筆のペース配分を決める

ブログ更新のペース配分は決めた方がいいです。100記事到達のタイミングを把握しておくほうが精神的に良いからですね。

1記事あたりの時間がわかれば、100記事までの時間が計算できます。

1記事あたり3日→100記事まで300日

上記のとおり。これだけでも心に余裕が生まれるので、ペース配分は決めておきましょう。

④完璧を求めない

断言しますが、いきなり完璧は無理です。なぜなら最初からうまくは書けませんし、ブログは書きながら少しずつ上達するものだからですね。ブログに限らず、たぶん何事もそうだと思います。

「文章力がなさすぎる…。」「他の人のブログは読みやすいのに自分のブログは…。」など、最初から完璧を求めて悩んでも、ぶっちゃけ意味ないです。

ブログは、後からリライト(修正)できますし、少しずつレベルアップすればOK。完璧を求めすぎてはいけません。

⑤記事の「質」を意識する

とはいえ、記事の「質」を意識する必要はあります。良質な記事を書かないと、ブログは伸びないのが理由ですね。

僕自身ブログを書いてきて、「この記事は質が悪いけど伸びてるな」というのは1つもありません。

完璧を求めすぎてもいけませんが、質を無視して書いても伸びません。難しいですが、分けて考えましょう。

ブログ記事の質を上げる方法

  • 執筆に手を抜かない
  • 様々なブログを読む
  • 記事構成を学ぶ

例えば上記の3つ。

ブログは長期戦ですが、つねにブログの質は意識しておきましょう。

⑥閲覧数、収益などは一旦無視する

PV数や収益などは、一旦無視するのがおすすめです。理由は、ブログは伸びるのに時間がかかるから。

最初から結果ばかりチェックして、「全然伸びてない…。」と落ち込むのは時間の無駄ですよね。

思いきって「100記事書くまでは見ない」と決めるのもありだと思います。基本、僕も日曜にしか見ません。何度もチェックすると、一喜一憂してしまって記事を書くことに集中できなくなったりしますよ。

もちろん閲覧数も収益も大切ですが、最初から結果ばかりにとらわれると、書くのが面倒になったり、あせりを生んだりするので、ほどほどがいいかと。

結果は一旦無視する。100記事まで続けるためのちょっとしたコツですね。

⑦試行錯誤をやめない

最後は、試行錯誤をやめないことです。ブログに慣れてくると、「早く100記事に到達したい」という気持ちが強くなるあまり、試行錯誤をサボりがちになるもの。

改善がおろそかになり、長い目で見ればマイナスです。

ちなみに以下3つは、いつも僕が意識しているものです。

  • 読者視点で書く
  • 記事構成を作る
  • わかりやすい表現で書く

読者の悩みを深掘りして、ブログの構成(流れ)を整え、なるべくストレスなく読める文章を書くことを心がけるイメージですね。試行錯誤は大事ですよ。

まとめ:ブログの100記事は、あくまでスタート地点

今回は「ブログ100記事」をテーマに解説しました。

僕自身、200記事以上書いてきて思うのは、「100記事は、あくまでスタート地点」だということ。

なかなかハードですが、これが現実です。とはいえ、継続することで確実に経験値がUPするので、少しずつステップアップしていきましょう。応援しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※当ブログでは、主に「ブログ運営のノウハウ」を解説しています。たまに「Twitter」でも呟くので、よければお役立てください。

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-BLOG
-