ブログを書くメリットとデメリット【あえてブログ初心者の僕が解説】

(更新日:2020年09月28日)

「ブログを始めようと思っているけど、上手く書けるか不安。あらかじめメリットとデメリットを知っておきたい」

という方に向けて、記事を書きました。

本記事では以下内容を解説します。

  • ブログを書くメリット
  • ブログを書くデメリット

こんにちは、杉本です。

合計でブログ記事を130記事ぐらい書いています。
僕自身、まだブログ初心者です。

トップブロガーの方々の記事も参考になりますが、今からブログを始める人にとっては、あえて初心者目線からのメリットとデメリットを聞いておいて損はないと思います。
なぜなら書き始めて最初の頃に出くわす、メリットとデメリットである可能性が高いからですね。

この記事では、初心者でも理解できる基本的な部分にフォーカスします。

ぜひ参考にしてください。

ブログを書くメリットとデメリット

まず、メリットは下記です。

  • 文章力が高まる
  • 継続グセが身につく
  • 試行錯誤の重要性に気づく
  • 収益化できる可能性がある

1つずつ解説します。

メリット①:文章力が高まる

ブログを継続して書けば、文章力は上がります。

毎日文章を書く人と書かない人では、長い目でみれば違いますよね? 
とてもシンプルな理由です。

ここで言う文章力には、「構成」も含まれます。つまり、全体の流れを組み立てる能力です。
とくにブログは、構成を組んで書くことが多いので、ただ文章を書くだけではなくて、全体像を作る能力も高まります。

加えて、ブログを書くためには、自分の意見や理屈を明確にして把握しないといけないので、自身の考え方を整理することにもつながります。
僕自身、初期の頃に書いたブログ記事とくらべると上達しました。

文章力が高まる。
これが1つ目のメリットです。

メリット②:継続グセが身につく

ブログを書くことで物事を継続するクセが身につきます。

ブログはある程度、継続して書かないと成果が出ないものなので、そこに向けて努力するからですね。
たとえ毎日少しずつでも書き進めていけば、何もしていないよりは確実に継続グセが身につきます。

さらに、継続していると小さな成果が出たりして、「もっと頑張ろう」と思えたりして、良いサイクルが生まれたりします。
記事を積み重ねることで自己肯定感が高まったり。

「継続グセはブログじゃなくてもつくよね?」と思うかもですし、たしかにその通りですが、継続と成果、この2つがより密接に関係しているものとして、ブログはおすすめです。

継続グセが身につく。
これが2つ目のメリットです。

メリット③:試行錯誤の重要性に気づく

ブログを継続的に書けるようになると、次に「試行錯誤の重要性」に気づくようになります。

日々、継続する中で「ここは、改善が必要だな」と感じる機会が増えてくるからですね。

たとえば、無意識的に使ってきた文章表現を「もっと簡単にできないかな?」と考えるようになったり、漢字を多用するのではなく、あえてひらがなの回数を増やして、より読みやすく改善したり。
最初の頃には意識もしなかったポイントが見えてくることで、レベルアップにつながります。

試行錯誤の重要性に気づく。
これが3つ目のメリットです。

メリット④:収益化できる可能性がある

ブログは、収益化できる可能性があります。

収益化につながる仕組みを利用できるからですね。

  • Googleアドセンス
  • アフィリエイト

などです。

まだまだ少額ではありますが、僕も収益が出始めました。

「文章を書けるから収益が出るんでしょ?」と思う方もいるかもですが、先程も書いたとおり最初の頃の記事はヒドイですし、まったく収益にならなかったので、継続して書き続けていけば少しずつ可能性は出てくるということだと思います。

収益化できる可能性がある。
これが4つ目のメリットです。

ブログを書くデメリットについて

もちろん、メリットがあればデメリットもあります。

下記がデメリット。

  • 執筆時間の確保が必要
  • コストがかかる
  • 結果が出るまでに時間がかかる
  • モチベーションとの戦い

1つずつ深掘りします。

デメリット①:執筆時間の確保が必要

言うまでもありませんが、ブログを書くには時間を確保する必要があります。

1日の限りある時間をブログ執筆に捧げることになるので、メチャクチャ忙しい方にとってはデメリットかもしれません。

ちなみに、「どれくらいの時間が必要なの?」と思う方に参考程度にお伝えしておくと、僕が1記事書くのに使っているのは約3時間ほど。

ブログのキーワドを決める

全体の構成を練る
実際に本文を書く
記事で使う写真を選別しダウンロードする
校正や、その他作業

ザッとこんな感じの流れ。

一言でブログを書くといってもいくつかの作業工程があります。

もちろん、文章スキルや記事の文字数によって変わるので一概には言えませんが、だいたい1記事あたり最低でも1〜2時間ぐらいはかかるイメージ。

ブログを書くには時間を確保する必要がある。
これがデメリットの1つ目です。

》参考:現実的な時間の作り方【お金をかけず、明日からすぐ実践できる方法】

デメリット②:コストがかかる

ブログには、コストがかかります。

具体的には、

  • サーバー代
  • ドメイン代

このあたり。

なかには、コストがかからない無料ブログもあるので、「絶対にお金はかけたくない!」という方は調べてみてもいいかもしれません。

ちなみに僕自身は、ワードプレスでブログを運営しているので、サーバー代とドメイン代、この両方のコストがかかっています。

月額で1000円〜2000円ぐらい。
この金額は、利用するサーバーやドメインによって変わります。

収益が出ればペイできる可能性はありますが、「コストがかかる」という一点だけに絞って見れば、デメリットに分類されます。

2つ目のデメリットは、ブログ運営にはコストがかかるです。

デメリット③:結果が出るまでに時間がかかる

ブログを書き始めてから実際に結果が出るまでには時間がかかります。
理由としては、ドメインがグーグルから評価されるまでに時間がかかるからだそうで、ある程度、継続的に記事を書いていく必要があります。

1記事しかないブログと、1000記事のブログだと、明らかに後者の方が読まれやすいですよね?

なかには1記事目がSNSでバズって、、、なんて可能性もゼロではないですが、あまり現実的ではありません。

安定して結果を出すためには、長い時間の積み重ねが必要です。
ようするに、「書きさえすれば、すぐ結果が出る!」ではないということです。

結果が出るまでに時間がかかる。
これがデメリットの3つ目です。

デメリット④:モチベーションとの戦い

ブログを継続すると、ほぼ間違いなくモチベーションとの戦いがあります。

どうしても執筆に気分が乗らない日はあるからですね。
人間なので、やる気に満ち溢れた日もあれば、その逆もあるということです。

無理やり自分を鼓舞して書いたり、、、ここは避けては通れません。
僕自身、「いつまでに◯記事書くぞ!」と目標を立て、内心では「余裕じゃない?」なんて思っていましたが、実際は、想像しているよりはるかに大変でした。

「ブログを書くぞ!」と思っているだけのときと、実際に自分の手を動かして書き始めたときでは全く違う難しさがあるので、いくら最初の頃にモチベーションが高くてもあまり意味はありません。
このことは忘れないようにしましょう。

モチベーションとの戦いがある。
これがデメリットの4つ目です。

本記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。