文章を書く習慣を身につける方法【3つの手順で簡単に解説します】

「文章を書く習慣を身につけたい!」

「文章を書く習慣をつけて、文章力を高めたい」

そのような方に向けて、記事を書きました。

本記事の内容


  • 文章を書く習慣を身につける方法【3つの手順で簡単に解説します】
  • 文章を書く習慣を身につけた後に、やりたいこと

こんにちは、杉本です。

日記を4年半以上、ブログをかれこれ2年以上書いています。
文章を書くのは、ほぼ習慣になりました。

「文章を書くことを習慣にしたい」と思いつつも、なかなかできていない方も、多いのではないでしょうか?

LINEの日常会話のように、短いやりとりだけなら問題ないですが、ある程度、長めの文章を書こうとすると、習慣化して、練習することが必要になります。

本記事では、「文章を書く習慣を身につける方法」について、解説します。

難しく考えなくて大丈夫。
順番に、3つの簡単ステップにまとめます。

何かしら、参考になればうれしいです。

文章を書く習慣を身につける方法【3つの手順で簡単に解説します】

大きく、3つの手順で解説します。

手順1:文章を書くことを習慣化したい理由を言葉にしてみよう

「文章を書くことを習慣化したい!」

そう思った理由を、言葉で説明できますか?

まず、この理由を自分の中で、しっかりつかんでおくことが大切です。

理由があいまいだと、習慣になる前に、辞めてしまう可能性が高くなります。

ぼんやり、フワフワした理由で、「正直、なんとなくかなぁ〜」という人は、もう一度、よく考えてみることをオススメします。

  • ブログを収益化して、バイト生活から卒業するため
  • 自身の体験や思考を、文字を使って体系化しておきたい
  • シンプルに、文章力を高めたいから

上記3つは、僕がブログで、「文章を書くことを習慣化しよう!」と思った主な理由です。

細かく言えば他にもありますが、ザックリとこんな感じ。

結構、シンプルで、わかりやすくないですか?

もちろん、なんとなくの理由で文章を書き始めたからと言って、「必ず失敗する!絶対、習慣化できない!」というわけではありません。
うまく、習慣化できる可能性もあります。

とはいえ、習慣化するためには、ある程度の期間が必要になります。
後々、「あぁ、時間の無駄だった…」と後悔しないためにも、あらかじめ、シンプルな言葉で説明できるかどうかを、たしかめておいた方がいいです。

もし言葉で説明できない場合は、「失敗する確率が高まるかもしれないってことだな」と、あらかじめ意識してのぞむことができますよね。

習慣化したい理由を、言葉にしてみる。

ぜひ、試してみてください。

手順2:何で文章を書くかを、選ぶ

続いて、「何を使って、文章を書くか?」を選びます。

案外、自分に合う、合わないがあったりします。

例えば、手書きで文章を書きたい人であれば、ノートを使ったり、あるいは、「日記を書いてみようか」と思うかもしれません。

他にも、僕と同じようにブログを使う選択肢もありますし、今では、「note」のようなサービスもあります。

スマホ派の人は、SNSを使って文章を書くかもしれませんよね。

もちろん、全てにおいて良いところもあれば、微妙なところもありますが、ここで大事なのは、「どうせなら、あなたが楽しく使えるものがいい!」ということ。

自分に合わないと続きませんし、逆に、楽しめるなら、習慣化に向けたスタートとしては、成功と言えるでしょう。

ちなみに僕は、Twitter(SNS)で文章を書くのは、どう頑張っても習慣化できません。

これまで、何度もトライしてきましたが、140文字書くのが、どうしてもつらいのです。

逆に、ブログは約20倍ぐらいの分量を書いていますが、それほど苦ではありません。

不思議なものです。

何を使って文章を書くのか。

色々、試しつつ、あなたが楽しめるものを選んだ方がいいと思います。

手順3:小さく始めてみる

無理のない範囲で、小さく始めてみる。

何事もそうかもしれませんが、文章を書くことを習慣化する上でも、これがとても大事なポイントです。

いきなり、無理するのはマジでNG。
初日からフルスピードを出してしまうと、2日目にはエンジンが壊れます。

「習慣化したい!」という気持ちが、先走るのはわかりますが、続かなければ意味がありませんよね。

小さく、小さくです。

逆に、これさえ守ることができれば、あとはコツコツやれば、習慣化できます。
結構、シンプルな話です。

例えば、「1日5分」と時間を決めて、文章を書いてみるとか。

正直、文章の内容はなんでもOKです。

まずは、習慣化することを最優先し、きちんと習慣になれば、それから考えてもいいですし。

個人的には、プチ日記(簡易的な日記)がいいかなと思います。
日記であれば、自分に関することなので、比較的書きやすいでしょうし、それほどハードルも高くないです。

「でも、本当に小さくでいいの?」と不安を感じる人もいるかもしれませんが、最初は小さくで大丈夫です。

小さくの不安を気にするよりも、まずは、辞めてしまう確率を減らしましょう。

1つ言えるとしたら、小さく始める代わりに、最初の頃はなるべく毎日書いた方がいいかも。

特に最初が大変。
なので、ある程度、習慣になるまで無理のない範囲で、ゆるりと書き続けましょう。

文章を書く習慣を身につけた後に、やりたいこと

結論、文章力を上げる。

文章力が上がれば、楽しくなってきますよ。

リライトをしよう

最初の頃に書いた文章があれば、リライトしてみましょう。

リライトとは?
簡単に言えば、文章を書き直すこと。

リライトをすることで、自分のクセがわかったりしますし、ダメな部分が色々と目につくようになります。

「自分の文章は、なんてヘタクソなんだ、、、」とヘコむ必要はなくて、言いかえれば、その部分は進歩したということ。

例えば僕の場合、ブログでの文章表現がまわりくどかったり、あいまいだったりすることが、かなりあります。

書いてる時は、なかなか気づけなかったりするので、リライト時に把握することで、今後に活かします。

客観的に俯瞰で、文章をとらえることができるようになるので、リライトは、オススメですね。

ぜひ、やってみてください。

「量」の重要性とは?

小さく始めて、きちんと習慣化できた後は、ある程度、「量」にも向き合った方がいいかもです。

なぜなら、量を書いて初めて、見えてくることがあるから。

このブログもそうでした。

今年の3月から本格的に書き始めたブログ記事は、現在180記事をこえました。

最初の頃の記事は、目も当てられないようなものもいくつもあります。

当時は、それが精一杯でした。

しかし毎回、2000〜3000字を書き続けできた中で、少しずつ上達してきました。
ある程度の「量」に向き合ってきたわけです。

「なるほど、こうすれば良かったんだ!」という気づきが、毎日のようにいくつもあります。

「量」と向き合うことで、少しずつ学んでいけることがあるということは、覚えておいてください。

習慣化したい理由にもよるので、ひとくくりにはできませんが、きちんと習慣化できた後は、ある程度、「量」に向き合った方がいいと、僕は思います。

文章力に関する知識をゲット

リライトをしたり、「量」に向き合いながら、文章力を高めるのは大切です。

同時に、文章力を高める「知識」を学んでおくのも欠かせません。

知識を得ることは、新たなアイテムをゲットするのに似ています。
アイテムをゲットしたら、使ってみたくなりますよね。

実際に使ってみることで、少しずつ使える文章表現が増えたり、知識が深まったりします。

知識のゲット → 試してみる → 文章力がアップ → うれしい → 知識のゲット → 試してみる → 文章力がアップ

、、、

「知識」を得ることで、上記のように、良いループが生まれるわけです。

要するに、試行錯誤と、改善が繰り返され、少しずつ文章力が高まる状態。

やはり日々の中で、文章力の高まりを感じることができた方が、書くことそのものを楽しめるようになります。

少なくとも、僕は楽しめるようになってきました。

以下に、参考記事をのせておきます。
合わせて「知識」の勉強をしてみてください。

「文章力を高めたい」という方向けの記事

文章力の本は、まず1冊でOK【読みすぎると、頭でっかちになる】

本記事は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

1件のコメント

コメントはできません。