当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています。

もし文章力アップに役立つ本をお探しなら、厳選した3冊をご紹介

2020年11月25日

「文章力アップに役立つ本があれば知りたい。これまで何冊か読んだけど、正直レベルアップしてる気がしません…。スラスラ文章が書けるようになりたい」

こんなふうに思っていませんか?

今回は、文章力アップに役立つ本を3冊ご紹介します。

これまで3年以上ブログを書いてきたので、役立つ内容をお伝えできると思います。読む本も大事ですが、実は「読み方」が大事だったりするので、あわせて解説します。

この記事を読むことで、文章力アップのきっかけをつかんでいただけます。ぜひ、最後までお付き合いください。

文章力の本は、まず1冊でOK

もしかして、文章力の本を読み漁っていませんか?

まず1冊でOKです

文章術の本から学ぶのは大事ですが、ノウハウコレクターになってはいけません。

なぜなら知識さえ得れば、スラスラ文章を書けるわけではないから。

  • まずは、1冊だけ読む
  • 実際に、文章を書く

これが大切です。自分で手を動かさないと、文章は上達しません。

このあと、文章力アップに役立つ本を3冊ご紹介します。最も興味を惹かれた1冊を選んで、読んでみてください。

その①:20歳の自分に受けさせたい文章講義

1冊目は、20歳の自分に受けさせたい文章講義です。

数多くのブロガーがおすすめしており、コツや裏技ではなく、文章の本質から学べます。

「普通に話せるのに、文章を書こうとすると手が止まってしまう…」と悩んでいる方は、間違いなく参考になります。

どの本を読むべきか迷ったら、20歳の自分に受けさせたい文章講義がおすすめです。

【ブロガー必見】20歳の自分に受けさせたい文章講義の要約&レビュー

その②:新しい文章力の教室

2冊目は、新しい文章力の教室です。

こちらも、数多くのブロガーが推している1冊。

良い文章とは完読される文章であると定義されていて、「たしかにその通りだな」と共感しました。

ひと言で文章力アップといっても、人によって基準が違いますよね。本書では、「完読される文章」を軸に話が進むので、スムーズに理解できます。ブログを書く方なら、誰しも「最後まで読んで欲しい」と思いますよね。

Amazonレビューも多数あるので、ぜひチェックしてください。

「新しい文章力の教室」を要約|最後まで読まれる文章を書く77個のテクニック

その③:「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

3冊目は、「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。です。

先程の2冊と違って、筆者の主張がメインの本ではありません。タイトルにあるとおり、文章術のベストセラー本の内容を分析した1冊。

文章術の本で、「共通している内容」をまとめた本なので、統計学っぽくて新鮮でした。文章の書き方の重要ポイントが「ランキング形式」でまとまっており、エッセンスを吸収したい方に役立ちます。

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。|ランキング形式で、重要ポイントがわかる

文章力の本の、おすすめな読み方をご紹介

ここからは、文章力の本の「おすすめな読み方」を解説します。

僕の実体験から、重要だと感じたポイントをまとめます。

1冊あたり、1〜2時間で読む

まずは、スピード重視で読みましょう。

「本は買ったけど、読み終わらなかった…」というパターンを避けるためです。

  • 買って満足してしまう
  • 細かいテクニックにとらわれ、本質を見失う
  • 全てを吸収しようとして、読み終わらない

こういったケースに陥ると、せっかくお金を出して買ったのにもったいないです。

できれば、1冊あたり1〜2時間で読んでください。

「でもそれだと、内容が頭に入んないよ…」と不安かもしれません。そんな方にお伝えしたいのは、以下です。

細かい内容は、忘れてOK

細かい内容は、忘れてOKです。

というのも、読んで忘れてしまう箇所は、現段階では使えないから。

ちょっと考えてほしいんですが、もし「文章術のコツが100個」あったとして、すべて実践できますか?

無理ですよね。少なくとも、僕はできません。

忘れてもOKと割り切って読んで、それでも残る知識が大事です。言いかえると、あなたというフィルターを通して、残った知識は活かすことができる。

そういえば、良い文章とは完読される文章であると書いてあったなぁ…。よし、じゃあ最後まで読んでもらえるように書こう。

こう思うだけで、前進です。

細かい内容やテクニックは、いったん忘れてOK。忘れず、残るものを大切にしましょう。

真の学びは、2回目に読み返すとき

文章力の本から多くを吸収できるのは、2回目に読むときです。

なぜなら、「2回目を読む=読みたいと感じた状態」と言えるので、自然と吸収力も高まるから。

  • 1回目→スピード重視で読む
  • 2回目→精読する

この方法が、挫折せず、スムーズです。

再度、読みたくなる瞬間を待ちましょう。真の学びは、あなたが2回目に読み返すときです。

文章力の本と一緒に、小説を読むべき理由

僕的には、小説も読んでおいた方がいいと思っています。

小説を読む必要性とは

文章を書くとき、あなたの内側にある「あいまいな感覚」を言葉にする必要があります。

そのためには、日頃から感性を磨いておく。小説の文章表現に触れることで、徐々に研ぎ澄まされていきます。

もちろん、実用的な文章テクニックも大事ですが、普段から「感性を磨く意識」を持っておくことは、文章力アップに欠かせません。感性を無視して、技術だけで文章力をアップさせようとしても、ボロが出ます。

僕が選ぶおすすめ小説5選

好きな小説がある方は、その小説を読んでください。

「普段、小説は読まないから、何を読めばいいかわからない…」という方は、僕の好みで5冊選んだので、参考にどうぞ。

①:風の歌を聴け

「風の歌を聴け」は、村上春樹さんの最初の小説です。

独特の文章表現が好きで、これまで何度も繰り返し読みました。ページ数も多くないので、小説を読んだ経験が少ない方にもおすすめです。

created by Rinker
講談社
¥594 (2023/12/08 10:53:08時点 Amazon調べ-詳細)

②:抱影

「抱影」は、北方謙三さんの小説です。

個人的には、タイトルと、登場人物たちのかっこよさに惹かれました。大人たちの「真の純粋さ」が表現された1冊。

created by Rinker
講談社
¥825 (2023/12/08 10:53:09時点 Amazon調べ-詳細)

③:マスカレード・ホテル

「マスカレード・ホテル」は、東野圭吾さんの小説。

映画化もされたので、ご存知かもしれません。

むかし僕が買ったのは、ハードカバー版でした。表紙のデザインと、タイトルに惹かれて、すぐに購入。夜な夜な、自分の部屋で読んでいた日々を思い出します。

created by Rinker
集英社
¥836 (2023/12/08 10:53:10時点 Amazon調べ-詳細)

④:水曜の朝、午前三時

「水曜の朝、午前三時」は、僕にとって外せない特別な1冊。

一生のうち、もしあと1冊しか本が読めないとしたら、僕は間違いなくこの小説を繰り返し読みます。

created by Rinker
¥704 (2023/12/08 10:53:11時点 Amazon調べ-詳細)

⑤:こころ

「こころ」の作者は、夏目漱石です。

高校の教科書で読んだかもしれません。先日、数年ぶりに読み返してみました。繊細な感情描写は、まさに圧巻です。

created by Rinker
Shinchosha/Tsai Fong Books
¥407 (2023/12/08 10:53:13時点 Amazon調べ-詳細)

本を読んだら、文章を書こう

本を読み終えたら、文章を書きましょう。

いくら文章術を学んでも、実践しないと上達しません。あせる必要はないので、自分で手を動かして、少しずつ文章力を高めていけば大丈夫です。

  • 日記を書く
  • ブログを書く
  • SNSで発信する

何でもいいので、文章を書く習慣を作りましょう。

どの本を読めばいいか迷っている方は、20歳の自分に受けさせたい文章講義から読むことをおすすめします。