生きていてほしいなと、そう思っています

日々、生きていく上で、何かを頑張れればいいけど、たとえ頑張れないようなことがあったとしても自分を許せればいいなぁと思った。

自分を追い込みすぎても疲弊してしまうし、追い込めなくてもそんな自分に自己嫌悪になる。

こういうことがよくある。

たぶん、皆さんの中でもあるんじゃないかなぁ、と思う。

僕自身、ちゃんと気をつけるようにするので、普段からこのブログを読んでくれている人も、そして今日偶然、このブログを読んでくれている人も、いまいちど自分自身を、自分の心を大切にすることをきちんと考えてみてほしい。

あえて僕が言うこともでないような気はしたんだけど、なんとなく書いておいた方がいいような気がして、こうしてブログに書くことにした。

つらいときは、ひとりで抱え込みすぎずに、周りの人に頼っていいと思う。誰でもいいし、きっと親身に耳を傾けてくれるはずだ。

誰しも大なり小なり悩みはあるし、同じような悩みを抱えている人だってどこかには必ずいる。似たような悩みをすでに解決した人だっているだろうし、まぁ、要するに世界は広いんだよということ。

一応、僕もまだ32年しか生きていないけど、

少ない人生経験の中でこれまで何度も何度も繰り返し悩んできた。

その都度、あとになって思うのは、悩んでいる最中は、自分を客観的に見れないということ。

今、自分が見えている世界、感じている感覚がこの世の全てだと思ってしまう。

でも、おそらくそれはたぶん錯覚で、本当はそんなことはないし、少なくとも僕はそう信じている。

全ての問題、悩みは解決できる。

もし、どう考えても解決できないものであれば、解決しないという解決策をとればいい。

きっと、解決することだけが解決じゃない。

そう考えれば少しは楽になるし、場合によっては、それがベストな選択という可能性だってある。

そもそも、世の中は、わからないことだらけなのだ。

だからこそ生きる価値がある。

生きていてほしいなと、そう思っています。

僕は生きるぞ。

まぁ、今後、もしどこかで再会したり、出会うようなことがあれば、楽しい話と一緒に悩みでも聞かせてください。

ちなみに、僕もたくさん悩みを抱えているかもしれないので、その時は、お酒でも飲みながら一緒に騒いで語り合いましょう。

ではでは、今日も素敵な1日をお過ごしください。