LIFE

【ブロガー必読の書】シュガーマンのマーケティング30の法則を要約

2022年7月13日

表紙①「シュガーマンのマーケティング30の法則」

こんにちは、Tatsuyaです。
今回は、書籍「シュガーマンのマーケティング30の法則」をご紹介します。

「マーケティングって言葉はよく聞くけど、ぶっちゃけ何ぞや?」と疑問に思ってる方も多いのではないでしょうか。

実は、僕もこの本を読むまではそんな感じでした。

マーケティングとは、「販売戦略」みたいな意味なんですが、本書の説明をすることで、イメージを掴んでいただけると思うので、今回は難しい定義はいったん横に置いておきます。

本書では、お客さんが物を買ってしまう「心理的なトリガー30個」が解説されています。

ようするに、「うーん、買おうかなぁ。どうしよう…」と迷ってるお客さんに「よし、買おう!」と決断してもらうための心理的なテクニックを学べる1冊。

ブログを書いてる方は確実に役立つので、どんな内容なのか簡単にレビューします。ぜひ最後までお付き合いください。

【ブロガー必読の書】シュガーマンのマーケティング30の法則を要約

まずは、基本情報から。

  • タイトル:シュガーマンのマーケティング30の法則
  • 著者:ジョセフ・シュガーマン
  • 定価:本体1,600円+税
  • 発行所:フォレスト出版

著者は、通信販売広告のコピーライターを30年以上してきた方で、商品を売るための文章を書くエキスパート。いわば、プロ中のプロです。

いったい、どんな本なの?

どうすれば、お客さんが商品を「買おう!」と決断するか。この心理的なキッカケ(トリガー)について書かれています。セールスにおける「顧客心理」の重要性が学べる1冊ですね。

マーケティングって聞くと、なんだか難しい印象がありませんか?

僕自身は、「まぁ、よくわからんし、とりあえずパスで…」といった具合にずっと避けてきました。でも、この本を読んだ後で思った率直な感想は、「もっと早く学んでおけばよかった」です。

難しく考える必要はなくて、「どうすれば商品が売れるの?」を学んでおきましょうという話。

本書は、単なるマーケティング知識の羅列ではなく、主にエピソードを交えて書かれているので、初心者でも理解しやすい構成になっています。本書で紹介されたテクニックが、なぜ効果があるのか、その理由や使うべきタイミングまで解説されていますよ。きっとあなたも読み終える頃には、本書に書かれたテクニックを試したくてウズウズしているはず。

印象的なネーミングのもくじ

まず驚くのは、本書のもくじです。

なぜなら、印象的なネーミングのものが多いから。最初に一目見るだけでは、いったい何が書かれているか、まるで内容がわかりません。

「シュガーマンのマーケティング30の法則」のもくじ

「シュガーマンのマーケティング30の法則」のもくじ

しかし、本文を読むと「あぁ、なるほど。そういうことか」と納得できます。このあたりの演出も上手く、面白いですね。もちろん言うまでもなく、書かれている内容そのものも有益です。僕的には、特に以下のもくじが印象的でした。

  • No.1テレビセールスマンの秘密
  • 軍事的策略 風船ガム編
  • 初対面でベッドイン

なんだか、興味をそそられませんか?

この本は具体的なエピソードが満載なので、読み物としても面白いです。最初から堅苦しい本を読んでも内容が頭に入らないので、これからマーケティングを勉強する方は、まずこの本書から読んでみてください。

ブロガーが、本書を読むべき理由

特にブロガーは、必ず本書を読んでおきたいところ。

なぜなら、著者であるシュガーマン氏自身が、30年以上も通信販売広告のコピーライターをしてきた方だから。つまり、文章で商品を売るプロ。

その長年の経験から生まれた「心理的なトリガーが30個」も学べるので、読まない理由はありません。シンプルに、あなたも知っておきたいと思いませんか?

以下、本書5ページのプロローグより引用します。

心理的トリガーのある1つの方法を使って、1000語ある広告の最後の数語を変えただけで、レスポンス(問い合わせ数)が2倍に増えたことだってある。たった1つの考え方を採り入れただけで売上げが2倍になるなんて想像できるだろうか?
引用元:シュガーマンのマーケティング30の法則

これこそ、まさにブロガーが知りたいことではないでしょうか。

普段から本屋に行く方なら、たぶんすでに出会っている

あなたは、普段から本屋に行きますか?

もしイエスなら、たぶんすでに見かけたことがあると思うんですよね。僕自身、よく足を運んでいた本屋には、いつも目立つ棚に並んでありました。

まず、表紙の色が目立つ。チョコレート色というか、コーヒー色というか。レトロな雰囲気を持ち合わせてるので、人目を引きます。

ちょっと手に取ってみてください。

「シュガーマンのマーケティング30の法則」を手に持った画像

本のサイズもそれほど大きくありませんよね。実は、表面はツルツルじゃないんです。少しばかり、凹凸があるのがわかりますか? あんまりこういった本は見かけないので、個人的にはこの感じもけっこう好きだったりします。

あなたが普段から本屋に通ってるなら、たぶんすでに出会ってると思いますよ。

本書の理想的な使い方

本書の理想的な使い方は、以下のとおりです。

  • ①とりあえず一通り全部読む
  • ②もう一回読む(その際、気になる部分に付箋とか色ペンで印つける)
  • ③印を付けた箇所を1つずつ実践する

たった1冊に30個もの「心理的なトリガー」が書かれているので、ブロガーは1つずつ試してみましょう。

お行儀よく、キレイに読む必要はありません。あなたが読んで、ビビ!っときた箇所は、付箋とペンで印をつける。ページの端を折っても構いません。ボロボロになるまで使って使って使い倒す。難関大学を目指す受験生の参考書ばりに、使い倒してやりましょう。これが理想的な使い方です。

「シュガーマンのマーケティング30の法則」に貼った付箋と、ページを折った様子。

重要な箇所は、本当にたくさん見つかります。本書のテクニックをブログで使いこなせたら、間違いなく伸びると思うので、引き続き研究して実践します。

いくら役立つ内容が書いてあっても読むだけで満足してしまっては、もったいないですよね?

最初からマーケティング関連の本をたくさん買い漁る必要はないので、まずは本書に書かれた30個のテクニックを使ってみましょう。

余談ですが、この記事の中でも、さりげなく本書で紹介されたテクニックを使っています。

もしあなたが、少しでも「読んでみたいかも」と思ったのなら、そのテクニックのおかげかもしれません。詳しくは、ぜひ本を買って答え合わせをしてみてください。

まとめ:シュガーマンのマーケティング30の法則は、ブロガー必読の書

今回は、シュガーマンのマーケティング30の法則をご紹介しました。

いかがでしたか?

本書は、商品を売る仕事をしている方なら、間違いなく読んで損はない1冊です。まさに必読書といっても、過言ではありません。

デメリットがあれば、それも正直に書くつもりでした。僕の思惑を告白すれば、「デメリットも伝えた方が、より信頼してもらえるだろうし、購入数も増えるだろうな」と思ったからです。

しかし、この本についてはデメリットが見つかりませんでした。嘘をついてまで売ろうとは思っていないので、これが本心です。信じるか信じないかはあなたにお任せしますが、本書は読む価値が詰まっていますよ。

ちなみに1966年以降、12年間連続でギネスブックの「世界No.1のセールスマン」に認定されているジョー・ジラード氏が、私なら絶対にライバルより先に読みたいと言った1冊です。

「シュガーマンのマーケティング30の法則」のAmazonカスタマーレビュー

星5つが、過半数ごえ。星4つとあわせると75%を占めていますね。

2022年11月18日時点のAmazonカスタマーレビューも、上記のとおり高評価です。

本書での学びは、あなたの今後にとって有益な投資になるはず。迷う必要は、ありません。ブログで商品を売りたい方は、今すぐ購入して読みましょう。

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-LIFE
-,