LIFE

【レビュー】シュガーマンのマーケティング30の法則【必読の書】

表紙①「シュガーマンのマーケティング30の法則」

こんにちは、Tatsuyaです。
今回は、書籍「シュガーマンのマーケティング30の法則」をレビューします。

「マーケティングって言葉はよく聞くけど、ぶっちゃけ何ぞや?」と思ってる方も多いのではないでしょうか?

実は、僕もこの本を読むまではそんな感じでした。
完全なるド素人ですね。

マーケティングを超簡単に言うと「販売戦略」みたいな意味合い。

本書では、お客さんが物を買ってしまう心理的トリガー30個が解説されています。

サクッとレビューするので、最後までお付き合いください。

【レビュー】シュガーマンのマーケティング30の法則【必読の書】

表紙②「シュガーマンのマーケティング30の法則」

基本情報とレビューの解説です。

基本情報

  • タイトル:シュガーマンのマーケティング30の法則
  • 著者:ジョセフ・シュガーマン
  • 定価:本体1,600円+税
  • 発行所:フォレスト出版

上記のとおり。

著者は、通信販売広告のコピーライターを30年以上してきた方で、いわば売るための文章を書くエキスパート。
プロ中のプロです。

どんな本なの?

どうすればお客さんが「買おうかな」と思うか。この心理的なキッカケ(トリガー)について書かれています。

要するに、セールスにおける「顧客心理」の大切さが語られた本ですね。

マーケティングって聞くと、「よーわからんので…」みたいな苦手意識があるかもしれませんが、本書はエピソードを交えて書かれているので、初心者でも読みやすいです。

というか、ド素人でも読めるし、理解できる。
もっと言うなら、何かを売りたくなる。

  • No.1テレビセールスマンの秘密
  • 軍事的策略 風船ガム編
  • 初対面でベッドイン

あくまで一例ですが、もくじがこんな感じ。ちょっと変わってますね。
なんだか興味湧きませんか?

営業の仕事をしてる方はもちろんのこと、普通に読み物として面白いですし、マジで勉強になるので、ぜひ読んでみてください。ソッコー念押しして申し訳ないですが、面白いですよ。

個人的にこの感じが好き

てか、表紙の色良くないですか?

チョコレート色というか、コーヒー色というか、なんだろうこの少しレトロな雰囲気を持ち合わせてる感じ。

ちょっと手に取ってみてください。

「シュガーマンのマーケティング30の法則」を手に持った画像

本のサイズもそれほど大きくないですよね。
表面はツルツルじゃなくて、若干凹凸があるのわかりますか?

僕はこの感じ好きですね。

ちょっと、買ってもいいかなと思いました?

実はたった今、本書で語られてる法則の1つを使ったんですよ。

それは何か?

タネを明かすと、本書の57ページには、こう書かれています。

↓↓

お客に商品と関わらせたり、所有者気分を味わわせたりするのである。

つまり、さっき僕があなたに「手に取ってみてください」と伝え、表面の凹凸について語ることで、あたかもすでに所有しているかのようにイメージしてもらったわけです。別の言い方をすると、あなたの「感覚」に訴えてみたというわけ。

例えば、車の「試乗」とかも似ていますね。

こんな風に簡単に使えて、なおかつ言われなきゃ気づかないような法則が本書ではたくさん紹介されています。

他にも「え、マジ?」みたいな効果的な法則が説明されてるので、ぜひ興味ある方は買って読んでみてください。

ちなみに1966年以降、12年間連続でギネスブックの「世界No.1のセールスマン」に認定されているジョー・ジラードが、私なら絶対にライバルより先に読みたいと言った1冊です。

本書の理想的な使い方

僕が思う理想的な使い方は、こんな感じ。

↓↓

  • ①とりあえず全部読む
  • ②もう一回読む(その際、気になる部分に付箋とか色ペンで印つける)
  • ③印を付けた箇所を1つずつ実践する

営業の人は、仕事で試してもいいでしょうし、僕みたいにブログを書いてる人は、記事の中のセールスで試してみるのもあり。

実際、読んで気付いたんですが、トップブロガーとかも結構使ってるっぽいですね。本書の中に出てくる法則が「あれ、これよく見るやつじゃね?」みたいなこともあるので。

お行儀よくキレイに読むというより、気になるところは付箋とペンで印をつける。んで、ボロボロになるまで使い倒す。

これが理想的な使い方ですね。

まとめ:シュガーマンのマーケティング30の法則は、必読書です

表紙③「シュガーマンのマーケティング30の法則」

いかがでしたか?

シュガーマンのマーケティング30の法則は、モノを売る仕事をしてるなら読んで損はない1冊です。まさに、必読書。

ぶっちゃけデメリットがあれば、それも正直に書くつもりでした。
リアルな僕の思惑を告白すれば、「その方がより信頼してもらえるだろうし、購入数も増えるだろうな」と思ったからです。

でも、僕は本当にこの本については、デメリットが見つかりませんでした。嘘をついてまで売ろうと思っていないので、これは本心です。

信じる信じないは皆さんにお任せしますが、この本はマジで読むべき価値が詰まった1冊。何かモノを売りたい人は、今すぐ購入することをおすすめします。

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-LIFE
-