【厳選3冊】おすすめ書籍とは?【何を読めばいいかわからない人へ】

(更新日:2020年09月12日)

「本を読もうと思ってるけど、何を読めばいいかわからない」

「おすすめの本があれば、知りたいなぁ」

という方に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

  • おすすめ書籍とは?【何を読めばいいかわからない人へ】
  • おすすめ書籍、厳選3冊をご紹介!

こんにちは、杉本です。

日頃、脚本を書きながら、ブログを書いているアラサー男です。

これまで読んだ本は数百冊ほど。
たぶん、そこそこ多い方かなぁと思います。

本記事では、これまでの僕の読書経験の中で「これはおすすめ!」と感じた書籍3冊を厳選しました。

「おすすめの定義」をサクッと説明したのち、紹介させていただきます。

おすすめ書籍とは?【何を読めばいいかわからない人へ】

簡潔にまとめます。

サクッと読み進めてください。

おすすめのシンプルな定義とは?

繰り返し何度も読みたくなる本。

今回、これを「おすすめ」と定義しました。

いくら「面白いのでおすすめですよ〜」と言っても、面白いの基準は人によって違うので、本記事では「何度も読みたくなるかどうか」で定義づけしました。

少なくとも僕自身は、心から何度も読みたくなる本です。

おすすめ書籍、厳選3冊をご紹介!

では、早速本題へ入ります。

おすすめの3冊はこちら

  • アンネの日記
  • 水曜日の朝、午前三時
  • LOVE&FREE―世界の路上に落ちていた言葉

おすすめに選んだ理由は、繰り返しですが、何度も読みたくなる本だから。

ちなみに、これまで何度も部屋の書籍の断捨離を行ってきましたが、それらを潜り抜けてきました。

今後も、この3冊が断捨離リストに入る予定はありません。

それぞれの書籍の詳細については、最後にAmazonのリンクを貼っておきますので、気になる方はよければチェックしてみてください。

とはいえ、書籍は何を読んでもいい

サクッとおすすめ書籍3冊をお伝えしましたが、正直なところ、書籍は何を読んでもいいです。

何より大事なのは、読むことを楽しむことなので。

なんとなく「読みたいなぁ」と思っている本を書店で買ってもいいですし、「とりあえず、今は読みたいのがないから、3冊のうちどれかを読んでみるか」でもオッケーです。

書籍紹介の記事でこんなことを書くとあれですが、本人さえ良ければ、選ぶ書籍はなんでもいいというのが本音です。

読書の本質ですね。

もちろん、今回紹介した3冊は僕的にはかなりおすすめなので、「何を読もうかなぁ」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

》アンネの日記

》水曜日の朝、午前三時

》LOVE&FREE―世界の路上に落ちていた言葉