LIFE

【ストーリーでわかる】沈黙のWebライティング要約&レビュー

表紙①「沈黙のWebライティング」

こんにちは、Tatsuyaです。
今回は、書籍「沈黙のWebライティング」をご紹介します。

名前にある通り、「Webライティング」に関する本ですね。

「ブログ 本 おすすめ」などでGoogle検索すると、すぐに出てくる有名本。

存在自体は知ってる人も多いかもしれませんが、今回は「実際どんな感じの本なの?」を僕の感想付きで簡単にまとめます。

これからブログ始める人は、ぜひ読んでおきましょう。
必読の1冊です。

沈黙のWebライティングとは?

表紙②「沈黙のWebライティング」

最初に、基本情報をサクッと説明しておきますね。

基本情報

  • タイトル:沈黙のWebライティング
  • 著者:松尾茂起
  • 作画:上野高史
  • 定価:本体2,000円+税
  • 発行:エムディエヌコーポレーション

全部で630ページぐらいあるので、結構ボリューミー。

「絶対読みきれねぇ…。」と思ったそこのあなた。

大丈夫です。
初心者でも問題なくラストまで読み切れるので心配いりません。

その理由は、後ほど解説するので、少しだけお待ちください。

購入の経緯

記憶が正しければ、僕は2020年の6月頃に購入しましたね。本格的にブログ始めてから2〜3ヶ月経ってから。

この本を買ったガチの理由は、Google検索するとソッコー出てくる有名な本だったから。多くのブロガーに紹介されていたこともあり、「この本なら安心でしょ」と思いました。

あとは、ネーミングセンスが好きでしたね。「沈黙」とか渋くないですか?

結果、買って良かったですよ。

【ストーリーでわかる】沈黙のWebライティング要約&レビュー

表紙③「沈黙のWebライティング」

ここからは、要約(どんな本なの?)を簡単に説明しつつ、僕の感想も伝えますね。

ストーリーで学べるWebライティング本

タイトルにも書いたんですが、この本の最大の特徴は「ストーリーでわかる」という部分です。

両親を亡くした姉弟の2人が、旅館を盛り上げるため、Webサイトから集客しようと奮闘するストーリー。
途中、協力者が現れたり、営業妨害してくる敵が現れたりで、話がどんどん進んでいきます。

吹き出しがあって会話調でストーリーが進むので、マンガを読んでる感覚で、サクサク楽しみながら必要な知識が学べます。

さっき、「ページ数が多いけど、大丈夫っス」と伝えたんですが、これが理由。

文字だけのページは少なくて、多くが会話調でストーリーを楽しみながら学べるので、ラストまで読み切れるというわけです。

余談:ストーリー最強説

この本読んで改めて思ったんですが、ストーリーは最強ですね。

なぜなら、ワクワクしながら学べるから。

ちょっとこの本を手にとって重みを感じてみてください。
コロコロコミックよりはたぶん薄いけど、そこそこ分厚くないですか?

約630ページの厚み

約630ページの厚み

これ全ページ文章ならマジ大変ですが、多くは会話調なので、マンガ読んでる感覚でスイスイ進みます。

あと、ストーリー通しての説明は印象に残りやすいんですよね。正直、読んでても勉強してる感覚もあんまりないし、それでいて知識が身につく。

「勉強するぞ!」って気合い入れた時に限って眠くなったりするじゃないですか?

この本は、それ無いですね。
ストーリー最強説です。

文章メインの説明ページもある

もちろん、文章がメインの説明ページもあるので、より深く学べますよ。

  • 会話調のページ
  • 文章のページ
  • 会話調のページ
  • 文章のページ

……

こんな感じで、交互になってます。

なので、会話のストーリー部分で学んだ内容を、文章ページで改めて復習できる構成。

ストーリーと文章。この2つの異なるインプット方法で学べるので、知識の定着を促す効果もあるし、重要ポイントの振り返りができるので、僕としてはありがたいなと思いました。

基本的なブログの知識も学べる

あと言うまでもなく、ブログの基本的な知識も学べます。

例えば、「SEOとは?」みたいな根っこの知識から、ブログ運営に便利なツール「Googleアナリティクス」の説明など。

ブログ経験者なら「知ってる、知ってる」みたいなことでも、初心者からしたら「エスイーオー……何それ?」だと思うので、読んでおく価値ありですね。

他にも、「カクテルパーティー効果」みたいな話も出てくるので、初心者はもちろんのこと、ブログ経験者で普段ブイブイ言わせてる人でも、勉強になると思いますよ。

ちなみに、僕はこの本で「カクテルパーティー効果」の存在を知りました。なんだか、シャレオツな名前ですよね。

デメリットもある

でも、すいません。
正直なところ、デメリットも2つあります…。

聞きたいですか?

伝えます。

デメリット①

本書のストーリーは、「オウンドメディア」を作る話なんですね。

オウンドメディアとは、企業がもつメディアのこと。
今回のストーリーで言えば、旅館ですね。

つまり個人ブログとは少しズレる。
これが、デメリットかなと。

もちろん、基本的なブログの知識とか全体の雰囲気は掴めるので、僕的には全然問題ないレベルなんですが、「ガッツリ個人ブログ向けの本を読みたい!」って方は、若干だけイメージがズレるかもですね。

デメリット②

続いて2つ目のデメリット。

説明される知識がたくさんあるので勉強になるんですが、いきなり初心者が全部を理解するのは難しいかと。

僕自身、最初に読んだ時は、「なるほど〜、ふむふむ雰囲気はわかったけど、細かいとこはわからんでなぁ〜」って感じでした。

初心者にちょいムズなのは、ぶっちゃけデメリットかなと。全体的にはわかりやすいし、読みやすい本ですが、ここは念のため理解しておいてください。

まあ、何事も良し悪しがあるということです。

でもね、こう読めばデメリット②は解消できます↓

初心者は、本書をこう読むべし

まず、最初から最後までザーッと目を通して、全体のイメージを掴む。

細かい部分はすっ飛ばしてもOK。てか、会話調のストーリー部分だけでもイメージ掴めるので心配いらないです。

で、ブログ経験積んでから1年後ぐらいにもう一回最初から全部読み返してみる。こうすることで、理解が一気にグン!と深まります。

たぶん一回目に理解出来なかった部分が、二回目にはスラスラ入ってきます。

今回このレビュー記事書くために、僕も読み返したんですが、「え、てかこんなわかりやすかったっけ?」ってなりましたからね。

2回読む作戦でいきましょ。
これなら、いけます。

まとめ:沈黙のWebライティングを読もう

表紙①「沈黙のWebライティング」

今回は、書籍「沈黙のWebライティング」について解説しました。

展開するストーリーに没頭するだけで自然にライティングのイメージが掴めるので、特に初心者は読んでおきたい1冊です。

どんな本でも、1回読むだけじゃ身につかないと思うんです。
何回か繰り返すし読む必要がある。
とはいえダルい…。

でもこの本はストーリー形式なので、シンプルに楽しめるんですよね。ストレスをほとんど感じず、スラスラ読める。

初心者には、ちょい難しく感じる部分もあるかもですが、1年後には理解できるので大丈夫です。むしろ、これからブログ始める初心者の方こそ読んでほしい1冊。

自信を持っておすすめできる本なので、今すぐポチって、優雅にコーヒーでも飲みながら、一気に読み切っちゃってください。

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-LIFE
-