Life

副業の時間がない。それ本当ですか?【最大の原因と解決策】

「副業を始めたいけど、仕事が忙しくて時間がない。どう頑張っても、まとまった時間が取れません。睡眠時間を削るべきか…」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

こんにちは、Tatsuyaです。
今回は「副業の時間がない」をテーマに解説します。

この記事では、「時間がない…」という思考に陥ってしまう最大の原因と、具体的な解決策をご紹介。

忙しいのは事実だと思います。とはいえ、それを口にしたとて何も始まらないのも事実なので、「忙しいけど、じゃあどうしようか?」へと発想を切り替えていきましょう。

無謀なストイックさは要求しませんので、ぜひ最後までお付き合いいただき、何かしら参考にしてください。あなたのヒントになるよう、精一杯書きます。

副業の時間がない。それ本当ですか?

「副業の時間がない…」と感じているあなたへ。最初に、1つだけ質問させてください。

もしかして、1日3時間のまとまった副業時間を捻出しようとしていませんか? 

これって、人によってはけっこうキツイと思います。1日フルタイムで働き、残業して、帰宅後は家族サービス。独身、あるいは夫婦だけならまだしも、小さい子供がいると、まとまった時間を作るのは難しいですよね。それは、無理ですよ。

では、もう一度お訊きしましょう。

もしかして、「まとまった副業時間」を捻出しようとしていませんか? 

勘のいい方なら、もうおわかりですよね。僕の提案は、下記のとおりです。

提案:まとまった時間を作ろうとするのは、もうやめよう

副業のためにまとまった時間を確保しようとするのは、もうやめましょう。

なぜなら、現実的に厳しいから。

「副業するなら、まとまった時間が必要」というこの思い込みが、忙しく仕事を頑張っているあなたを責め立て、「俺には無理だわ」と諦めさせてしまう最大の原因です。ようするに、ある種の完璧主義に陥ってるわけです。

細切れの時間で、少しだけ副業を始めてみたらいかがですか? 

朝、いつもより15分だけ早く起きて副業に取り組んでみる。仕事の昼休み、同僚とダラダラ食事するのをやめて、ひとりカフェでリラックスして、食後に10分だけ副業に取り組んでみる。このあたりから始めるだけでも、変化が生まれます。

ただ、ここまでブログを読んでいただいた方は、きっとこう思っているでしょう。

「10分ぽっちやったとこで、無理よ。んなのは、キレイゴト。意味ねぇ」と。

こう思う気持ちは、正直僕もわかります。なぜなら、良くも悪くも、僕も完璧主義な思考になりがちだから。そんなあなたにお伝えしたい言葉があります。

学生時代の恩師から学んだ言葉

まとまった時間がないと何もできないと思っていたら、本当に何もできない。

この言葉が、恩師オリジナルなのか、はたまた誰かの言葉の引用なのか。そこは、わかりません。しかし、20年近く経った今でも、この言葉が僕の脳内に刻まれています。まさに、あなたもこの状況に陥っていませんか。

まとまった時間がないと、副業できないと思い込んでいませんか?

別に、「1日10分だけで成果を出せ」と偉そうに言ってるわけではありません。まずはスタートすることが大事なので、「最初は、10分ぐらいから始めてみればいかがですか?」という提案です。

5分でもいいと思います。実際にやってみて、「いけるかも」と思ったら、時間を増やせばいいじゃないですか。たとえ1日5分でも、全く動かないよりは、確実に前に進めます。

完璧を追い求めて、一歩も動きませんか?
それとも、とりあえず一歩だけ進んでみますか?

5分で良いなら、間違いなく副業の時間はあります。

副業の時間がないと感じている方におすすめする、3つのアプローチ

ここからは、さらに具体的な提案へと掘り下げていきますね。

僕自身も約2年半で300本ほど副業ブログを書いたので、その経験を踏まえつつ、効果を感じたものをご紹介します。全部で3つあります。

その①:本当にやりたい副業を選ぶ

一番大事なのは、本当にやりたい副業を選ぶこと。

なぜなら、挫折につながる理由を徹底的に潰せるから。やりたいことなら、人は継続できます。逆にやりたくないことは、ほぼ確実に続きません。

言葉にすると当たり前すぎますが、やりたいことを選ぶのって、本当に大事です。

よくありがちなのが、自分のできそうなことの中から副業を探すこと。これも悪くないですが、でも続かなくないですか? 

情熱が無いから、ぶっちゃけ厳しいと思うんですよね。できそうなことの中から副業を探すのではなく、やりたい副業を選ぶべき。

僕がブログを続けてこれた理由は、僕がやりたいから。シンプルですが、事実です。もう一歩だけ掘り下げて言えば、自分が目指す未来像を叶えられるのは、間違いなくブログだと確信しているからです。

もしまだ、やりたい副業が曖昧な方は、「自分のやりたいことを自問自答すること」から始めてみてはいかがですか? 

「時間がねぇ…」とブルーな気持ちのままお酒を飲んで明日を迎えるより、今日10分だけ時間を作って、スマホを手の届かない場所に置いて考えてみましょう。別に今日見つからなくても、いいじゃないですか。また明日、考えればいいだけですから。

本当にやりたい副業を選ぶ。これが、最も重要だと思います。

その②:やらないことを決める

あと、やらないことを決めるのも大切ですね。

冷静に1日の行動を振り返ると、惰性でダラダラやってることが多いです。人生は、無駄な時間を楽しむ贅沢もありますが、副業開始直後は、少しばかり行動の断捨離をすべき。やらないことを決めれば、時間の余裕が生まれますからね。

ちなみに僕は、

  • YouTube、SNS、ネットニュースをダラダラ見ない
  • ゲームはやらない
  • 平日にお酒を飲まない

このあたりを意識的にやってます。時々、YouTubeを一気見して、「あぁ…やってもた」と思うこともありますが、すぐに気持ちを切り替えます。

特におすすめなのが、スマホの画面を整理するとこと。時間術大全という本で紹介されていた方法を実践しており、僕のスマホ画面は、こんな感じ。

iphoneの画面

見てもらったらわかりますが、

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

などのSNSアプリはありません。使う際は、ネット検索からログインしないといけないようにしています。それもこれも、SNSをダラダラ消費して、副業に使える時間を無駄にしないため。

「そこまでやる?」と引くかもしれませんが、毎回SNSからログアウトしていても、気づけば無意識にログインしてたりしますからね。怖すぎますよ、ホント。なので、多少やりすぎぐらいがちょうど良いです。

先程紹介した本もおすすめですが、無駄を省くという観点でいえば、エッセンシャル思考を読んでも参考になると思います。こちらは、全米でベストセラーになった本ですし、僕自身好きな本の上位に入ってくる1冊。

あなたも、やらないことを決めてみてください。何をやめますか?

その③:より簡単にできる方法を選ぶ

3つ目のアプローチは、より簡単な方法を選ぶこと。

なぜなら、最初から完璧主義になると、挫折するから。

これは、「副業ラクですよ〜」という甘い誘い文句ではなく、副業は大変だからこそ、なるべく負担にならない方法を探そうという話です。

例えばブログを書くなら、昼休みにスマホのメモ帳に文章を書いてみる。YouTubeに挑戦するなら、スマホで撮影して、編集なしでアップしてみる。

もし最初から、「パソコンの前でしか文章を書かない」「カメラを買って、編集ソフトを選んでからYouTubeを始める」みたいになると、動きが遅くなります。

典型的な先延ばしなので、サクッとやってみること。どうせ、最初に書いたブログも、最初に撮影した動画も、後から「何じゃこれ?」とお蔵入りさせることになるので、気負わず一歩を踏み出せばOKです。

最初は何より動き始めることが大事なので、シンプルで、より簡単にできる方法を選んでみましょう。

副業の時間はある。今日からできることをやろう

少し長くなってしまったので、最後は簡単にまとめますね。

今できることからやってみる

今できることから、やってみましょう。

  • どんな副業を始めるか考える
  • 今日の昼休みは、ひとりでカフェに行ってみる
  • 手始めに、ブログを立ち上げてみる

別に、なんでもいいです。大事なのは、先延ばしにしないこと。今できることから、やってみましょう。

最初から完璧を目指さない。やりながら、試行錯誤せよ

もちろん、最初から完璧を目指さなくてOKです。やってみないことには、何が上手くいって、何が上手くいかないか、このあたりがわかりませんよね。

  • 最初の動画を撮ってYouTubeにアップしたけど、再生回数がたったの3回だけだった
  • カフェに行ったけど、無意識にスマホでSNSをダラダラ見て時間を無駄にした
  • ブログを書き始めたけど、5行書いて手が止まった

上等じゃないですか。改善すれば良いだけです。

「いつかやりたい」と口にして永遠にやらないのと、再生回数3回の動画を全世界に向かって公開すること。この2つの差は、思ってるよりデカイですよ。

睡眠時間を削るのは、おすすめしない

あと、これだけお伝えしたい。

睡眠時間を削るのは、基本的におすすめしません。寝不足になると、効率が落ちます。

3日間死ぬ気でやれば結果が出るならありかもしれませんが、副業は長期戦ですからね。今日頑張っても、1ヶ月後に続いていないと意味がないので、無理なく続けましょう。寝不足が積み重なって、体調を崩すのもつらいですから。

余談ですが、大学のテスト前、深夜のファミレスに友達と集まっては、徹夜で追い込んでいました。「俺、頑張ってるやん」と自分に酔いつつ、睡眠を削って暗記したものです。当時の楽しい記憶は、いまでも鮮明に覚えていますが、勉強した内容は一切覚えていません。

副業は思い出作りではなく、成果を出すためだと思うので、ちゃんと寝ましょう。どこかのタイミングで、アクセルをベタ踏みする日は必要かもしれませんが、基本的には睡眠をしっかりとって、淡々と継続することをおすすめします。

まとめ:副業の時間がない。このセリフとは、今日でおさらば。バイバイ

今回は、副業の時間がないをテーマに解説しました。

いかがでしたか?

時間がない。このセリフとは、今日限りでおさらばしましょう。

本当に忙しくて時間がないのかもしれませんが、口に出して言ったところで、時間が増えるわけではありません。愚痴りたい気持ちもわかりますし、たまに僕も愚痴ってますが、とはいえやるしかないので、お互い無理なく進みましょう。

僕自身は、副業ブログを続けてきたので、もしあなたがブログに挑戦してみたいと思ってるなら、少しは役に立てると思います。副業ブログを始めるのに必要な手順は、以下記事にてまとめています。これから一歩を踏み出す方は、ぜひどうぞ。
30代からの副業ブログの始め方を解説します【完全初心者向け】

普段、Twitterでもブログや副業に関する情報を発信しています。この記事が参考になった方は、よければフォローしてお役立てください。