物事が継続できる、目標の立て方とは【コツは、自分を信じないこと】

「目標の立て方が、わからない」

「今まで、目標を立てても、計画倒ればかり……何か、目標を立てる時のコツがあれば知りたい」

「これまでの失敗談とか、注意点なんかもあれば、合わせて教えてほしいかも」

このような悩みに答えます。

本記事では以下の内容を解説します。


  • 物事が継続できる、目標の立て方とは【コツは、自分を信じないこと】
  • 目標の立て方やコツと一緒に学んでおきたい注意点

こんにちは、杉本です。

今年の3月から目標を立てつつ、ブログ記事を書いています。
少しずつではありますが、ずっと右肩上がりで伸びてきました。

継続と、目標を立てる重要性を感じています。

これまでも、色々と目標を立てては、ことごとく計画倒れしてきました。

同じような経験で、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

本記事は、僕自身の経験を通して、「目標の立て方のコツ」を解説します。

今後、新しいことに挑戦していく人にとって、何かしら役に立てばうれしいです。

物事が継続できる、目標の立て方とは【コツは、自分を信じないこと】

僕は、大きく3つに分けて考えます。

まずは、最低ラインを目指す

「ここまでは、何があっても継続する」という最低ラインを決めることが大切です。

物事の本質は、積み重ねです。
つまり、継続ですね。

他には、たとえ小さな目標でも、達成すれば自己肯定感が上がるという理由もあります。

僕の場合、「ブログ記事を、とりあえず100記事書く」というのを最低ラインの目標としていました。

なかなかハードでしたが、無事達成。
今現在は180記事をこえ、特に大きな問題もなく、継続できています。

まず最低ラインを目指せば、遠くを見すぎて絶望することもありません。

最低ラインは、自分の感覚で決めてOK。
ただし、絶対に達成できる目標にしてください。

無謀な目標は、まず実現するのは無理です。

これまで1度もダイエットをしたことが無い人が、いきなり、「1ヶ月で10キロ痩せる!」と宣言するようなもの。
不可能ではないかもしれませんが、かなりの確率で無理です。

いきなり10キロではなく、まずは、1キロ落としませんか?

この章は、要するにそういう提案です。

「最低でもここまではやる!」というラインを決めて、それをこえることが1つ目のポイントです。

中長期的なプランを立てよう

最低ラインを決めた後は、中長期的なプランも立てます。

まずは最低ラインの設定が重要ですが、それだけだと、短期的な視点になってしまって、あせりをうむ可能性があります。

中長期を見据えてさえいれば、すぐに結果が出なくても、あせらなくてすみますよね。

取り組む内容によりますが、あくまで僕のイメージとしては、中期が1年、長期が3年。

つまり僕は、1年後と、3年後のブログの目標を立てています。

  • 1年後 → 300記事まで書く
  • 3年後 → ブログ収益で生活が成り立ち、バイト生活から卒業

たとえば、上記のイメージ。

基本的には、短期間でラクに結果が出ることはほとんど無いと思うので、中長期の視点は必要かと。

とはいえ、長期を10年とかに設定してしまうと、イメージが湧きにくく、リアリティがなかったりもすると思うので、1年と3年ぐらいがいいはず。

最低ラインを決めた後は、中長期的なプランも合わせて考えてみましょう。

サボりを考慮する

中長期の目標を立てたら、将来の見通しが少しばかり良くなるはずです。

漠然としたものが、クリアになり始めるからですね。

しかし、ここが重要!

今後、自分がサボることを考慮して、目標に余裕を持ちましょう。

たぶんサボります。
出鼻をくじくみたいで申し訳ないですが、完璧は無理です。

目標までの道のりについては、自分を信じてはいけません。

妥協なく、サボりゼロで突き進むのは、不可能に近い、、、てか、不可能でしょう。

目標設定に余裕がないと、謎の完璧主義におちいり、できない自分に嫌気がさして、途中で投げ出すことになります。

僕もほぼブログの執筆を習慣化できたとはいえ、もちろんサボる時もあります。

感覚的には、自分が立てた目標の7割ぐらいをクリアすればOKとします。

もし仮に、「半年間でブログを100記事書く」という目標を立てたら、実際は70記事でもよしとするということ。

「甘い!」と言われれば、たしかにそうかもしれませんが、やめてしまうよりはいいです。

それに、繰り返しになりますが、いきなり完璧な目標を立てることはできません。

目標に向かって歩きつつ、その都度自分の能力を感じて、少しずつ精度を高めていく方がいいです。

今後、間違いなく、あなたも僕もサボるはず…

なので、余裕を持って目標までの道のりを考えてください。

余裕さえあれば、たとえサボってしまっても、自分を許して、また歩き出せます。

目標の立て方やコツと一緒に学んでおきたい注意点

経験談から、解説します。

以下3点、そこそこ重要だと思います。

自分が「楽しい」と思えるものをやろう

どうせ目標を立てるなら、自分が「楽しい」と思えるものに取り組む方がいいです。

なぜなら、長期戦になることも多いから。
自分が楽しくないことに長く取り組んでも、ツマラナイですし、たぶん継続できません。

僕も、こうしてブログを書くのは楽しいですが、ツイッターはマジで続きません。

ブログとツイッター、、、同じ、「文字を書く」ということでも違うわけです。

上記が、僕の最後のツイート。

かれこれ、2ヶ月近くもの間、放置状態になっています。

文字を書くのは嫌いではないにしても、「楽しい」と思えないからこそ、放置しているんだと思います。

もちろん、継続する中で楽しくなることはあるかもしれませんが、今のところ「目標を立てて、ツイッターを使おう」とはなりません。

目標を立てる前に、「これって、楽しめそうかな?」という視点は忘れない方がいいですね。

どうせなら、自分が楽しめることをやりましょう。

その方が、たぶん頑張れますし、時間も無駄になりません。

やろうとしていることが多すぎないか?

あと、「やろうとしていることが多すぎないか?」も確認した方がいいです。

色んなことを手広くやりすぎると、どれも中途半端になり、果てはキャパオーバーで「自分はダメなヤツだ…」と、自己嫌悪になりかねないから。

僕自身、過去に興味を持ったものに手当たり次第トライして、迷子になりました。

長い時間をかけたのに、辞めてしまったこともたくさんあります。

もちろん、経験として無駄ではありませんが、もう少し賢いやり方があったことも事実。

「たしかに、やろうとしていることが多すぎるかも…」と引っかかっている人は、「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」あたりが役に立つかも。

「やることを絞る」ことの重要性について書かれた本です。

特に若いうちは色々やってみていいと思いますし、たった1回の人生なので好きにやるべきですが、とはいえ、もしあなたが今までそれで上手くいってないのであれば、一旦、向き合う対象を絞ってみてもいいと思います。

1つ上手くいけば、、次のものにトライするという感じでも悪くないはず。

もしかして、やろうとしていることが多すぎないか。

1度、確認してください。

目標は、常に修正する

目標は、常に見直す必要があります。

状況は常に変化します。
その中で柔軟性を失ってしまうと、冷静な判断ができません。

もしかすると、目指すべき方向が間違えているかもしれませんし、目標に向かうペース配分も改めて考える必要があるかもしれません。

僕自身、「ブログを毎日更新するぞ!」からスタートしましたが、途中からペースを落としました。

前に進み続けるために、無理はしないことにしたのです。

つまり、目標に向かうペースを修正しました。

どうやら、1年後に300記事書くという目標は修正することになりそうです。

初志貫徹で、やり切るのもカッコいいですよね。
しかし、それにとらわれてしまって苦しくなってしまうのであれば、常に目標を更新しつつ、前進すればOK。

ただラクをしたいだけで妥協するのは微妙かもしれませんが、目標までの道のりは長いので、うまく乗り切っていきましょう。

本記事は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

グレッグ マキューン (著), 高橋 璃子 (翻訳)