【経験談】毎日にルーティンを取り入れる効果【余計な判断を減らす】

「日々の暮らしにルーティンを取り入れようと思ってるけど、たとえばどんな効果があるの? 実際にルーティンを取り入れて、効果が出るまでの時間を知りたい」

という方に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

  • 毎日にルーティンを取り入れる効果
  • ルーティン開始から効果が出るまでの期間とは?

こんにちは、杉本です。

最近、ルーティンという言葉を聞く機会が増えていませんか?

たとえば、日頃からYouTubeを観ている方であれば、著名なタレントさんが「モーニングルーティン!」と題して動画をアップしているのをみたことがあるかもしれません。

このブログ記事では、「ルーティンの効果」というテーマで解説します。

僕自身、日常にルーティンを取り入れているので、それらの経験を踏まえて書きます。

「ルーティンに興味がある!」あるいは「今後、取り入れようかどうか迷ってる」という方はぜひ参考にしてください。

毎日にルーティンを取り入れる効果

個人的に良いと思う効果を3つ紹介します。

生活が規則正しくなる

1つ目は、生活が規則正しくなります。

あらかじめ自分で決めた予定に沿って行動するので、何も決めていないときと比べると明らかに正しくなります。
とくに朝の時間にルーティンを組み込んだ場合、ギリギリまで寝ることも減りますし、早起きを意識したりするようになるからです。

参考程度に今現在の僕の毎朝のルーティンは以下です。

  • 瞑想
  • 筋トレ(自重トレーニング)
  • コールドシャワー

起床してから家を出るまでにこれらを済ませます。

ギリギリまで寝ていると当然時間が使えないので、必然的に余裕を持って起きることになります。

ルーティンと聞くと、「なんだか自由がなくなりそうで嫌だなぁ」と感じる人がいるかもしれません。
たしかに、僕もそう感じていた部分はあったのですが、実際にやり始めてみると、むしろある程度ルーティン化することでより時間が生まれているような気がします。

日頃から「ルーティン」を意識していなくても、案外同じ行動をしている人が多いと思うので、より規則正しくなるよう見直してみても良いと思います。

自己肯定感が高まる

2つ目は、自己肯定感が高まります。

自分の決めたことをきちんと実行するからですね。

要するに、自分との約束を守ることで自信につながったり、気分が良くなる効果があります。
しかも、継続することで「昨日より前に進んでいる感覚」を得ることができるので、そのあたりも自己肯定感に関係します。

ルーティンに筋トレや軽い運動を入れることで次第に身体がしまってきますし、それに加えて健康面にも良い影響が派生したりします。

暴飲暴食をして、身体に影響が出たり、体調を崩してしまうことに比べると、メンタル面、自己肯定感に良い影響があった方がいいですよね?

ただし注意点もあって、自分で決めたルーティンに凝り固まりすぎてもいけません。
ルーティンをこなすことで自己肯定感の高まりを実感することができますが、とはいえ、そのルーティンが自分にとってあまり効果的でない可能性もあるので、常に改良する余地は残しておくべきです。

自己肯定感が高まる。
毎日にルーティンを取り入れて実感してみてください。

本来集中すべきことに取り組むことができる

3つ目は、本来集中すべきことに取り組むことができます。

ルーティン化することで、判断の回数を減らせるから。
人って、案外余計な判断をしている回数が多かったりします。

わかりやすく先程の僕のルーティンを例に出すと、今は順番もルーティン化して、毎日やると決めているので実行することに迷いませんが、もしこのあたりが曖昧だと、「さぁ、何から始めようかな、、、でも、ちょっと疲れてるし、今日はやめとこうかな、、、どうしよう」とイチイチ判断を迫られることに。

これって、積み重なると負担にもなりますし、時間も奪われてしまいます

その点、ルーティン化することで余計な判断を減らせ、結果的に時間が生まれる。

元々、自分が集中すべきこと(本来やるべきことや、やりたいことなど)に取り組めている人は、無理にルーティンを取り入れる必要はないと思いますが、とはいえ、生活にリズムがついたりすることで、さらに良い効果が期待できる可能性もあります。

ルーティン化は、本来集中すべきことに取り組むことができる効果が期待できます。
興味のある方は、ぜひ試してみてください。

ルーティン開始から効果が出るまでの期間とは?

結論、ルーティン化する内容によりますが、僕の肌間をお伝えします。

継続の観点で言えば、3週間ぐらい

ルーティンの継続を開始してから、きちんと習慣に落とし込めるまでの時間は、約3週間ぐらいです。

申し訳ないですが、根拠はないです。
あくまで、僕の肌感。

ルーティンを開始した当初は、新鮮さがありやる気にも溢れていますが、3日〜1週間ぐらいで少しマンネリしたりします。
そこを過ぎれば少しラクになりますが、2週間ぐらい続けると、「これって続けて意味あるのかな?」と迷いが生まれたりします。
そこを乗り越え3週間ぐらい続けると、更にラクになります。

ただ、個人差もありますし、一概に言い切るのは難しいので、実験のつもりでトライしてみてください。
自分自身を知る良い機会にもなります。

僕の場合、きちんと継続して習慣に落とし込めるまでは、約3週間ぐらいでした。

効果が実感できないときは?

とはいえ、なかには、ルーティン化して継続しても効果が実感できないときもあると思います。

そんなときは、ルーティンの見直しを行いましょう。

効果が出ないものを続けても時間がもったいないですし、どうせやるならなるべく効果的なルーティンの方がいいですよね。

大きく分けると以下の2つの方法があります。

  • ルーティンの質を見直す
  • ルーティンそのものを見直す

質の見直とは、ルーティンの内容は変えずに取り組む時間を変えたり量を変えたりすることで、後者はルーティン化している内容そのものを変えることです。

このあたりは試行錯誤を繰り返しつつ、自分なりのベストに近づけていく必要があります。

難しいポイントとしては、効果が出ないときに「見直すべきか、現状維持」かの判断をすること。
実は効果が出るまでに時間がかかるルーティンを選んでいるだけという可能性もあります。

自分なりにやれることをやってみて、どうしても効果が期待できないようであればルーティンの見直しを視野に入れた方がいいかもしれません。

無謀なルーティンの可能性も

あと、そもそも無謀なルーティンの可能性もあります。
ルーティンを考えるときは楽しくて、色々と詰め込みがちになるもの。壮大な計画を立てる段階は楽しいですが、実行するのは極めて難しいです。

たとえば、時間の余裕がゼロに近いルーティンなどがそうです。
朝、自由になれる時間が30分しかないのに、ルーティンにかかる時間が25分。

これだとあまりにギリギリですよね?

余白が大事です。
つまり時間的な余裕です。

やりたい気持ちはわかりますし、僕自身やったりもしましたが、試してみるとうまくいきません。

無謀なルーティンになっていないか?

客観的に考え、無理のない範囲で始めることが大切です。

時間に対する考え方や、時間を作るためのテクニックが書かれた本があります。
GoogleとYouTubeにいた2人の著者が書いたもので、時間に対する本質的な部分の勉強になりますし軽快な語り口で楽しく読めるので、興味がある方はよければ。「ルーティンに取り組みたいけど、そもそも時間がない」という方も参考になると思います。

時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」

この記事は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。