持ち物を減らす生活は、案外、快適だと気づいた話【経験談】

「ミニマリストって言葉を聞く機会が増えたけど、持ち物を減らす生活って、実際どんな感じなんだろう?」

「持ち物を減らす生活って言っても、具体的に何から始めればいい?」

という方に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

・持ち物を減らす生活は、案外、快適だと気づいた話
・持ち物を減らす生活に向けてやること

こんにちは、杉本です。

家にある持ち物はけっこう少なくて、プチミニマリスト的に生きています。
快適です。

でも、ついつい気づくと持ち物が増えてしまって、「減らしたいと思ってるんだけど、なかなかねぇ……」と悩んでいる人もいると多いのではないでしょうか?

今回は、生活から持ち物を減らしていくということをテーマに記事を書きました。
自分の経験談をもとにしています。

個人的には、「なんだか身軽になりたいな……」と感じている人が多いのかなぁ?と思っていたりします。

この記事が、何かしら参考になれば幸いです。

持ち物を減らす生活は、案外、快適だと気づいた話

リアルにけっこう快適ですよ。

綺麗な環境で清々しく、思考が整理される

持ち物を減らして身の回りを片付けることで清々しい気持ちになり、思考が整理されます。

余計なもので気が散らないからですね。

  • 勉強に取り掛かろうとするも掃除したくなる
  • 部屋が汚くてやる気が起きない
  • 頭の中もゴチャゴチャして集中できない

など。

これらが解消されます。

もちろん、無理して極端に持ち物を減らす必要はありませんが、整理することで、やるべきことが明確になりやすいのは事実です。

清々しい気持ちになり、思考が整理されます。

本当に大事なものが見えてくる

生活の中から不要な持ち物を減らしていくことで、自分にとって本当に大事なことが見えてきます。

残ったものが自分自身を投影してることが多いですね。

例えば、次のようなものを残している場合、以下のような見方をすることができます。

  • 貰ったもの→人からの気持ちを大切にしている
  • 本→文字を読んだり、空想したりするのが好き
  • 数少ない服→迷いたくない or 見た目よりも内面を磨いていきたい

など。

自分自身への理解が深まることで、限られた人生をより有意義に生きられるのではないかなぁと思っています。

自分のことってわかっているようで、ほとんどわかっていなかったり……

生活の中から不要な持ち物を減らしていくことで、自分にとって本当に大事なことが見えてきます。

無駄な支出が減る

無駄なお金を使わなくて済むようになります。

自然と不要な物を買わなくなるからですね。

例えば、

服や靴、アクセサリーなどの装飾品などがわかりやすいかもしれません。僕の場合、オシャレとかファッションには疎いタイプなので、持ち物を減らす生活が合っているのかもしれません。

勿論、オシャレするのが好きな人や、アクセサリーなどが好きな人にとっては無駄ではないので、まぁ、要するに人によって違うということですね。

無駄なお金を使わなくて済むようになる。

これは、なかなかいいポイントです。

精神的にも身軽になる 

持ち物を減らす生活をすることで、精神的に身軽になったりします。

持ち物に固執しなくなるからですね。

物欲にはたぶん終わりがないので、どこかで自分で線引きをしないと、満足感はなかなか得ることができません。

「欲しいものがあるから頑張れる!」なら前向きなので良いですが、「欲しいのに、買えない……」というのがマイナスに出ると、なかなか満たされませんよね?

あと、持ち物が少ないと引越しがしやすいです。
人によりますが、僕自身は身軽にひょいひょい動きたいタイプなので、性格に合ってるのかもしれません。

持ち物を減らす生活をすることで、精神的に身軽になるので、しんどい時は一度目を向けてみても良いかもです。

持ち物を減らす生活に向けてやること

簡単にできそうなものを3つ解説します。

シンプルに掃除です

まずはシンプルに掃除ですね。

物を捨てずして、持ち物を減らすことは出来ません。

僕の場合は、「あれ、ちょっと物が増えたかな?」と思ったら、意識的に何かを手放すようにしています。

不思議なもので、もう捨てるものがないように感じていても考えると案外あったりします。削ぎ落としていくことでの気づきがあったりするわけですね。

「でも、捨てるってもったいなくない?」という意見があるかもしれません。

たしかに、そうなのですが、自分にとって無駄な物(不必要なもの)を買うことを減らすことで、結果的に、もったいないことをしないようにすることも大事かなと思っています。

なので、まずはシンプルに掃除、これは鉄則です。

買う前に自問自答 

何か欲しい物が出てきた時に、「これって、本当に欲しい?」と自問自答してみましょう。

冷静に考えると、「別にいらなくない?」ってのもけっこうあったりしますし、買ったあとで後悔するぐらいなら、先に考えておいて損はないと思いますし、それでも「いや、いや、やっぱりこれは欲しいぞ!」となれば買えばいいと思います。

僕自身、昔はパッパラパッパラとお金を使っていましたが、今は「本当にいるかなぁ?」と何度も自問自答するようになりました。

ちなみに、今は自宅用のホワイトボードを買うかどうかで自問自答を繰り返しています。あれば便利だけど、無くてもいいかもしれないので、冷静に見極めている最中ですね。

とはいえ、人生は一度きりですし、本当に欲しいものは買うべきだと思うので、極端に「NO」を繰り返す必要はないと思います。好きなものを買うことで人生を充実させることができるなら素敵なことです。

まあ、なるべく無駄な物は買わないように、「本当に欲しい?」と自問自答することは方法のひとつとして持っていていいと思いますよ。

増えるものより、減らすものが多い状態を作る

本質的には、増えるものよりも、減らすものが多ければ、生活の中で持ち物が増えることはありません。

当たり前ですよね。

物をひとつ家の中に残す時に、不要な物を2つ手放せば、合計でひとつ減ることになります。

シンプルですが、これを徹底すれば、例え物をたくさん買ってもトータルで考えれば持ち物を減らすことが出来ます。出費も増えるので、あまりオススメはしませんが、理屈上はそうなります。

増えるものよりも減らすものが多い状態を作ること。

持ち物を減らす生活を考えるのであれば、意識して考えてみてください。

まとめ。

ここまで持ち物を減らす生活について語ってきました。

個人的にはミニマリスト的に生きる方が身軽で快適ですが、とはいえ、特に理由もなく、ただ持ち物を減らすことにはあまり意味がないと思うので、どうして持ち物を減らす生活をしたいのか?

この部分を一度みなさんでも考えてみてください。

自分なりに整理して出てきた答えなら、実践できると思います。

本記事は以上です。

Twitter》杉本達哉 Tatsuya Sugimoto