動画全盛の時代に、なぜ僕はYouTubeをやらないのか?

数年前に初めて聞いた『ユーチューバー』という言葉を、今では日常的に聞くようになった。

動画全盛の時代。

僕の友人も何人かYouTubeに挑戦していて、実は密かに応援しているのだが、「じゃあ、お前はやらないの?」と自分に問うてみると、「今はやらない」という答えが返ってくる。

動画の時代に、僕はブログ(文字)を書くことを選んだのだ。

僕自身、数年前にYouTubeチャンネルを作って2〜3本動画を上げたが、結局のところ、しばらくして全ての動画を消した。

今日のブログでは、『なぜ僕はYouTubeをやらないのか?』というテーマで書く。

YouTubeに興味がある方はサクッと読んでもらえると嬉しい。

収益化を目指すの? or 目指さないの?

まず、これを決める必要がある。

ようするに、「YouTubeを本気でやるの?趣味でやるの?」が問われていて、個人的には多くの人が前者、つまりお金を儲けようと思って始めることが多いように思う。

ある意味、当然と言えば当然かもしれない。

しかし、大事なのは、

「自分はYouTubeが好きなのか?」という部分だ。

これは精神論ではない。理由は後ほど簡単に解説する。

ちなみに、

仮に僕がYouTubeをやるなら、趣味ではやらない。

エンタメ系チャンネルをやらない2つの理由

ザックリとチャンネルの種類を分けてみた。

  • 物申す系
  • 役立ち情報系(勉強系)
  • エンタメ系(トップユーチューバーがいる)
  • スポーツ系
  • 音楽など芸術系

など。

もちろん、例外はあるだろうが、大まかにはこんな感じだろう。

ここで、自分自身に問うてみた。

「この中で僕に、何かできるのか?」

返ってきた返答は、

「いや、何もできない……」であった。

趣味でやるなら別だが、収益化を目指すレベルでやるなら、非常に厳しく、戦えるジャンルがかなり限定されてくる。

なんとなく、参入できそうなイメージがあるのは、エンタメ系だろうか?

日本のトップユーチューバーが沢山いる面白い動画を上げるチャンネルである。個人的にも、このジャンルに挑戦する人が最も多いイメージがある。「なんとなく自分にも出来そうだ」というイメージがあるのかもしれない。

だが、僕はやらない。

2つ理由がある。

一つ目は、永遠に企画を考え続け、撮影と編集をやり続けなければいけないということ。

つまり、終わりがないのだ。

二つ目は、案外、見落とされがちな部分だが、今活躍しているユーチューバーの方々が、何年前から動画を作り続けているのかを確認してみてほしい。

そこには地道な継続がある。

今や、先行者優位性はない。

つまり、最低限、彼らと同じ熱量で取り組む気概が必要になってくる。

「自分はYouTubeが好きなのか?」

きっと、この質問の答えが大事であることがわかるはずだ。

僕の動画を観る価値はあるか?

まとめに入る。

今の僕が仮にユーチューバーだとして、

かなりシビアな目で、「僕の動画を観るだろうか?」と考えてみると、

まず観ない。

もう少し厳しい言い方をすると、

観る価値を感じない。

何かしら価値提供ができないとそもそも通用しないだろうし、たとえ少し通用することがあっても、時間経過とともに、おそらく淘汰される。

繰り返すが、本当にYouTubeをやりたいなら別だ。

スマホがあれば誰でも動画を撮ってアップできる時代だ。

だが、

誰でも参入できるというのは、ある意味、悲劇でもあるのだ。

お金が第一目的なら、我慢の日々を覚悟する必要がある。

妥協なき試行錯誤を、毎日、徹底的に頭を使ってやり続けられるか?

僕の答えは、ノーだった。

だから、YouTubeはやらない。