1週間の出来事をいくつか、つらつらと

テレワークでの勤務が終わり、新宿への会社出勤へと切り替わってはや1週間が経った。

先週の今頃は、「あー、出社したくないなぁ……」なんて感じで気分がダダ下がりしていたものの、いざ出勤してみると、まぁそれほど悪くない。

通勤時間があるのは辛いが、ものは捉えようで、「通勤時間は本を読もう!」なんて決めるとちょっぴり楽しくなってくる。

あと、周りの景色や視界が変化するから妄想族の僕にとってはありがたい。飽きなくて済む。

未来の想像をしながら、「よし、日々の作業を頑張るか!」とやる気を出してみたり、過去の記憶を振り返りながら自分自身のことを再確認したり……まぁ、ようするにいつも通りの日常が帰ってきた。

実はちょっとした変化を加えた1週間だった。

これまで昼飯は何も食べないか、コンビニでパンを買ってサクッと食べるか、どちらかが多かったのだが、先週はあえてカフェに行ってみた。

会社の近くにカフェがあって、おまけに昼休みが遅めなもんで店内が空いている。そこでアイスコーヒーとサンドイッチ合わせて600円ほどを払う。

昼はサクッと派の僕にとっては、なんだかとてつもない贅沢をしているような気分になるが、その代わり、食後はカフェのソファに座って勉強することにした。

勉強内容はその日の気分で変えることにしていて、ブログを書くこともあれば、本を読むこともある。

カッコよく言えば、この時間は自己投資になるのだろうか?

きちんと集中して勉強すれば、600円は安いのかもしれない……と思うことにしている。

あとは、

ふと、昔働いていたコールセンターの上司を思い出して数年ぶりにメッセージを送ってみた。

元気そうで良かった。

こんな時は、なるべく直感的に連絡するようにしている。

なぜなら人生は有限だからだ。こんな当たり前のことをついつい忘れがちになる。

ちなみに、その夜に専門学校時代の同級生から「元気にしてる?」とLINEを貰った。

いやー、うれしいね、ほんとに。

数年ぶりに上司に連絡した夜に、同じく数年ぶりに同級生からLINEをもらうなんて、なんだか不思議な巡り合わせを感じる。

最後に、

昨夜、久しぶりに映画を観た。

これまでなんども繰り返し観た「ラ・ラ・ランド」。

本当に素敵で、何度観ても飽きない、素晴らしい映画だなと思う。

物語を作るっていいなぁ、と改めて。

ではでは、

僕は今から夕食を作って、英語の勉強をして、脚本の作業をして寝ます。

皆さんも

素敵な夜をお過ごしください。

》》杉本達哉のTwitter