【実感】ノートにアイデアを手書きするメリット【デジタルとの違い】

「ノートにアイデアを手書きするメリットが知りたい。あと、アイデアを練るとき、ノートに手書きとデジタルを比べるとどっちがいいの?」

という方に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

  • 【実感】ノートにアイデアを手書きするメリット
  • アイデアを練るなら、ノートに手書きとデジタルどっちがいいのか?

こんにちは、杉本です。

皆さんはスマホやパソコンが全盛の今でも、ノートにアイデアなんかを手書きするってことありますか?

僕自身、日頃このブログとは別に映画脚本を書いていて、そちらのアイデアを練るときはノートとペンを使っています。
ですが、それ以外で言えば、スマホやパソコンを使うことの方が圧倒的に多いです。

ちなみに、このブログもスマホとパソコンの両方で書いています。

皆さんも、日常生活の中で文字を書いたり、思いついたことを書き留める際は、デジタルばかりではないでしょうか?

たぶん、このブログにたどり着いてくださった方は、「ノートに手書きしてみようとも思っているけど、、、まぁ、スマホとかの方が便利だし、何かしら手書きのメリットってあったりするのかな?」と考えている人が多いはず。

結論から言えば、ノートに手書きすることは今でも結構メリットがあります。

アナログとデジタルは使い分けることが大事です。

この記事を通して、ノートに手書きをするメリットと、デジタルとの使い分けについて解説していきますので、「なるほど」と思った方は是非、試してみてください。

何かしら参考になれば嬉しいです。

【実感】ノートにアイデアを手書きするメリット

繰り返しますが、結論、ノートに手書きすることは結構メリットがあります。

普段と違う新鮮な刺激がある

ノートに手書きというアナログな手法を使うことで、普段とは違う新鮮な刺激を得ることができます。

いつもの日常が、今ではデジタルばかりだからですね。
紙に文字を書く頻度より、パソコンやスマホで文字を入力する機会の方が圧倒的に多いと思います。

僕自身は、インクの感じが好きというのもありますし、ノートのページにペンでカリカリと書くのも好きです。
「あ、自分ってこんな字を書くんだな」と感じたり、昔、まだ手書きが主流だった頃を思い出して懐かしくなったりします。

要するに、心が動かされるわけですね。

アイデアを練るときは、機械的に文字を書くというよりは、あれこれ考え、こねくり回しながら行う作業なので、心が反応している状態の方がいいと思います。
あと、ノートは使い込むほどに味が出てくるので、愛着がわいたりします。

普段とは違う新鮮な刺激を得ることができる。
これが、ノートに手書きする1つ目のメリットです。

自由度高く書くことができる

他には、ノートに手書きは自由度が高いというポイントも挙げられます。

思ったところどこにでも書けます。
文字でも記号でも絵でも。

いきなりページの真ん中から書き始めてもいいですし、なんなら見開きの一番下から書いてもいい。

つまり、自由度が高いです。
アイデアを練るときは、この自由度の高さが重要なポイントの1つ。

あと、自分が書いた上から書き足したり、矢印を追加したりできるもの良いポイントです。

自由度が高さが2つ目のメリットです。

物として存在している

3つ目は、少し感覚的なのですが、ノートは「物として存在している」ので、次第に愛着がわき、それによって思いもよらなかったアイデアが生まれたりします。

ちょっぴり漠然としていてすいません。。。

蓄積を目で見て実感できたり、各ページのアイデアを一瞬で確認できたりします。

たとえば、手書きノートであれば、5ページ目と100ページ目に書かれたアイデアの両方を同時に見ることは可能ですが(6ページ目から99ページ目までを指で挟めば一瞬!)、スマホやパソコンだとスクロールする必要がありますよね。

この作業工程が必要かどうかは置いといて、画面上に存在しているだけでなく、実際に物として手にとって確かめられるのも大きなポイントです。

もちろん、「そんなことに意味はない」と感じる人もいるでしょう。
それはそれで全く否定しません。

あくまで僕は、アイデアを練るのであれば、物として存在しているものを使った方がより想像力が働くと思っているということです。

物として存在していること。
これが3つ目のメリットです。

アイデアを練るなら、ノートに手書きとデジタルどっちがいいのか?

ここまで読み進めていただいた方は、なんとなくわかると思いますが、結論、ノートに手書きの方がいいです。

書いたページを俯瞰で見れる

先程、ノートに手書きは自由度が高いと書きました。
アイデアを練るなら、書く際の自由度は大事ですが、同時に書いたものを見直すときの状況も考える必要があります。

手書きのノートであれば、見開きを俯瞰で見ることができます。
これは案外、あなどれません。

何かアイデアを書き留めたりする際は、どうしても手元に集中しがちで、俯瞰で全体を捉えるのが難しくなります。

その点、見開きで少し離れた位置から見れるのはノートのいいところ。

スマホやパソコンでもある程度は可能ですが、縮小に伴って文字が小さくなってしまったり、あるいはスクロールが必要になったりします。

「デジタルがダメ!」と言っているわけではありません。
デジタルにはデジタルの良さがあります。

しかし、書いたページを俯瞰で見れるのは、やはり手書きのノートには勝てません。

結論、ノートに手書きとデジタルを比較すると、アイデアを練るという条件があれば、僕はノートに手書き派です。

キーワードの羅列と記録はデジタルに頼る

デジタルの良さも挙げておきます。

キーワードを箇条書きにして羅列したり、記録したりするのにはやはりデジタルがいいです。

手書きよりも打ち込む方が早いですし、順番の入れ替えなども後から自由にできるからですね。

当然ながら、デジタルにはデジタルの良さがあります。
わざわざノートを出して、広げて、、、となると時間がかかる場合もありますよね?

ただし、やはり、機械的な作業工程の方が向いていて、じっくりアイデアを練ったりするなら、ノートに手書きです。

アナログとデジタルの使い分け

つまり、その時々の用途に応じてアナログとデジタルの使い分けが重要だということです。
向き不向きを的確に捉えて使い分けた方が効率がいいですし。

繰り返しですが、もう1度、以下に整理しておきます。

  • アナログ(ノートに手書き)→アイデアを練る
  • デジタル(スマホ/パソコン)→キーワードの羅列、記録など

余談ですが、ノートに手書きする場合、よほど特別なこだわりがなければ個人的にはページが真っ白なノートを使うことをおすすめします。
罫線が入っていたり、方眼だと、その枠に収めようという意識が働くので、思考に縛りが出る可能性があります。

もちろん、絶対的なルールではなく、あくまで「こっちの方がいいと思いますよ〜」というレベル感の話です。

結論、アナログとデジタルを使い分けることが大切で、なおかつ、アイデアを練るのは自由度の観点から考えて、アナログ、つまりノートに手書きです。

以上です。

自分に合いそうなら、ぜひ参考にしてみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。