筋トレをとりあえず3ヶ月実践した感想【妥協なし/継続方法も解説】

「筋トレをとりあえず3ヶ月続けたら、少しは変化ってあるの?」

「筋トレ初心者がどうやって3ヶ月妥協することなく継続できたのか…その方法を知りたい!」

という方に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。


  • 筋トレをとりあえず3ヶ月実践した感想
  • 筋トレをとりあえず3ヶ月妥協なく継続した方法

こんにちは、杉本です。

筋トレはほぼ初心者ですが、無事、3ヶ月の継続を達成しました。
あと数日で100日です。

おかげで、少しずつ身体が締まり始めてきました。

先に申し上げておくと、この記事は「筋トレでも始めてみようかなぁ…でも自分に出来るかなぁ…」という完全初心者の方を想定読書として書きます。

なので、すでに筋トレをしているムキムキな方にはあまり役に立たないと思います。

中には、年齢とともに身体がたるみ、「筋トレでもやってみようかなぁ」と考えている人も多いのではないでしょうか?

僕自身そうで、「とりあえず3ヶ月」を目標にスタート。

今ではしっかり習慣に落とし込めたので、3ヶ月を越えた今、記事にすることにしました。

これから筋トレを始める人は、よければ参考にしてみてください。

筋トレをとりあえず3ヶ月実践した感想

僕の実体験です。

3ヶ月は継続できる!

3ヶ月って聞くと、「大丈夫かなぁ…」と不安になる方もいるかもしれませんが、結論、無理のない範囲で少しずつ始めれば大丈夫です。

詳しい筋トレ内容については、記事の後半で過去のブログと合わせて解説しますが、シンプルに言えば、絶対に実行可能なレベルからスタートすれば、自然と習慣化できる可能性は高まります。

僕自身、初日は「腕立て伏せ1回のみ」からスタートしました。

見栄を張らず、無理をせず、一歩ずつです。

「いや、でもこれまで何度も妥協してきたよ!」という方もいるかもしれません。

この点に関しては僕も同じで、これまで長く継続できた試しはありませんでした。

しかし、今回の挑戦で習慣化できました。
今後も継続できそうです。

3ヶ月の継続は、あなたにも可能だと思います。

3ヶ月でも身体は引き締まる

3ヶ月筋トレを継続すると、結構目に見てわかるほど身体に変化が現れます。

メニューによって個人差はあると思いますが、まず変化することは間違いないでしょう。

僕自身は、腕立て伏せがメインなので、胸板に少しの厚みが出てきました。

ただし、自宅での自重トレーニングなので、ジムのダンベルやマシンを使ったようなバキバキにはなっていません。
「ほどよく引き締まってきたなぁ〜」というレベルです。

身体に変化が現れることで嬉しくなり、それによって更に頑張れたりするので、習慣になってしまえばこっちのもの。

きちんと3ヶ月継続すれば、目に見えた変化は現れるはず!
少なくとも僕はそんな感じです。

良いサイクルが生まれる

あと、筋トレが継続できるようになると、その他にも良いサイクルが生まれます。

身体面だけでなく、精神面での充実感も同時に感じるからですね。

例えば、食事など健康面にも意識が向くようになったり、コツコツ筋トレを続けて変化を実感することで、自己肯定感も高まります。

筋トレを始める前と比べると、なんだか心が晴れている日が多くなったような気がします。

暴飲暴食を重ねて身体が重く気分が怠いよりは、精神的にも心地良くて、身体も引き締まっている方がいいですよね?

身体の変化以外でも良いサイクルが生まれる。
これが筋トレをしてみた感想です。

筋トレをとりあえず3ヶ月妥協なく継続した方法

この章では、筋トレ開始26日後に書いたブログ記事を参考にしながら解説します。

筋トレメニューと回数について

僕はまず、筋トレメニューを腕立て伏せだけに絞り、回数も1日1回からスタートしました。

先程も書いた通り、1日1回からです。
少ないですよね?

しかし、その後、毎日1回ずつ腕立て伏せの回数を増やしていく方法をとりました。

最初から無理をすると必ず途中で挫折すると思ったので、最初の数日は絶対にできるレベルから始めたわけですね。

今でこそ筋トレメニューを3つに増やしましたが、最初は腕立て伏せのみ。

結論、無理なく継続することができ、回数が増えてキツくなり始める前にきちんと習慣化できました。

過去のブログ記事も載せておくので、よければ合わせて参考にしてください。

筋トレをとりあえず続ける簡単なコツ3選【何度も妥協した大人達へ】

細かいルールは一旦無視

この3ヶ月、筋トレを継続するために、いったん細かいルールは無視することに決めました。

ルールが多いと途中で嫌になるかもしれませんし、まずはどんな形であれ習慣化することにフォーカスをしたからです。

例えば、少しでも面倒を感じないようにプロテインも飲んでいませんし(作る作業が面倒になる可能性があったため)、腕立てのフォームや呼吸も自己流で行いました。
休息のペースもあまり考えず、とりあえず、今日まで毎日筋トレ。

言うまでもなく、これら全てにおいてきちんと正しい知識(ルール)を学んだ上で筋トレを行った方が効果的だと思いますが、とはいえ、まずは習慣化することだけに全フォーカスを当てようと思っていたので、その他一切のルールは無視して進めました。

きちんと習慣化できた後に、細かく修正していこうと考えたわけです。

もちろん、この方法には一長一短あると思うので、ここは皆さん自身の判断でお願いします。

少なくとも、継続という観点で言えば、一定の成功を収めたと思います。

ジムではなく自宅で筋トレ

過去のブログ記事でも触れているのですが、大切だと思うので改めてお伝えしておくと、まずはジムではなく自宅で筋トレを始めた方がいいと思います。

最初のうちジムに行くのは楽しいかもしれませんが、慣れてくると面倒になる可能性があります。
僕自身、かなり昔にジムに通ったこともありますが、結局は途中で面倒になり辞めてしまいました、、、

自宅であれば、極端な話、思い立ったその瞬間に筋トレが出来ます。
特に初心者の場合は、妥協の理由(面倒など)を徹底的に省くべきです。

自宅であれば、ジムに通う手間が省けます。

これは重要なポイントです。

僕は腕立て伏せがメインですが、ヨガマットなどがあればより幅広い運動も出来ますよね?

ジムは専用の設備が揃っていますし、モチベーションも上がると思いますが、まずは自宅から始めて完全に習慣化できたタイミングでジムを検討すればいいです。
形から入りたい気持ちも痛いほどわかりますが、続かないと意味がありません。

僕も自宅で始めたからこそ、今でも続いていると思っています。

面倒を省き、無理のない範囲でやれば筋トレは継続はできますよ。

本記事は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。