ブログを書く意味がわからなくなった人へ【結論:人生哲学を記す】

「ブログを書き始めたけど、実はマンネリしはじめてて……このまま書き続ける意味がよくわからないなぁ」

「てか、ブログを書く意味って何? 他の人って、何を理由に書いてるの?」

という方に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

・ブログを書く意味がわからなくなった人へ
・ブログを書く意味とは?

こんにちは、杉本です。

日々、ブログ記事を更新していて、先日100記事をこえました。

僕自身そうだったのですが、本格的にブログ記事を書き始めてしばらく経った頃に、「あれ……これって、本当に自分がやりたいことだっけ?」という感じで、ブログを書く意味がわからなくなった経験があります。

同じように感じてる人って、けっこう多いのではないでしょうか?

だとすると、かなり悩んでいるはず、、、実際、僕はかなり悩みました!

なので、今回は当時の経験を通して、特にブログを始めたばかりの方を想定読者とし、僕なりの『ブログを書く意味』を解説します。

意味を見つけるのと、見つけないのとでは、今後が変わってくるので、重要なポイントだと思います。

何かしら参考になる部分があれば嬉しいです。

ブログを書く意味がわからなくなった人へ

僭越ながら僕なりのアドバイスと、“ブログを書く意味がわからなくなる原因”を書きます。

ちなみに、原因のほとんどは、今から書くものだと思ってます。

書きたいことじゃないような気がする

ブログを書き始めてからしばらくすると、「うーん、なんだかこれって、自分が書きたいことじゃないような気がする……」というマインドになることがあります。

正直、ブログを書く意味がわからなくなる時って、ほとんどこのパターンじゃないかなと。

特に、これまでなんでも自由に書いてきた人であればあるほど、『ブログ記事』特有の形に戸惑うわけです。

なぜなら、そもそもブログ記事って、自由に書くかどうかが重要なのではなく、読者の役に立つかどうかが重要だから。

ようするに、書きたい内容かどうかは、二の次なわけですね!

僕自身、ブログを始めた頃は、日記ばかり書いていてほとんど読まれていないような状況でしたが、本格的に記事を書き始めてからは次第に状況が好転しはじめました。

おそらく書きたいことというよりは、読者の役に立ちそうな内容で、なおかつ自分が書けそうな分野の話を書きはじめたからです。

この理屈を自分の中に落とし込むまでは、そこそこ苦労しますし、違和感もあるかもしれません。

ぶっちゃけ僕もありました。
たぶん50記事ぐらい書くまでは、かなりあったと思います。

なんだか、書きたいことじゃないような気がする……

このように感じるのが主な原因だと思います。

しばらくは、書き続けてみよう!

僕なりにアドバイスできることがあるとすれば、「なんだか違うかも……」という違和感を抱いたとしても、しばらくは書き続ける方がいいです。

当然、納得できないものを続けても将来性が乏しいでしょうし、どうしてもダメなら辞めればいいですが、しばらくは自分の中から湧き上がってくる迷いを無視して続けるべきです。

何事も最初はしんどいので、迷ったり、悩んだりするものですよね。

しかも、ブログを書き始めてすぐのタイミングで、いきなり『ブログを書く意味』なんて壮大なテーマには気付けない可能性も高いです。

とにかく、最初は書くことだけで精一杯なので。

『ブログを書く意味』は本記事のテーマなので、このあと解説していきますが、まずは続けることが最優先です。

継続する過程で、自分なりの意味が見つかる可能性もありますので。

僕自身、「もしかしたら、見つからないかもなぁ……」なんて思いつつ書いていると、しばらくして見つかったので。

ダメなら辞めてもOKですが、しばらくは続けてみることをオススメしますよ。

ブログを書く意味とは?

いくつか個人的な見解を述べます。

まずは一般的によく言われているわかりやすいやつから書きますね。

収益化するため

1つ目の意味は、収益化するためです。

これはイメージしやすいと思います。

おそらく、ほとんどの人は、収益化を目指してブログを書きはじめたのではないでしょうか?

なぜなら、ブログは収益化できるプラットフォームだから。

わかりやすい例をあげると、

  • Googleアドセンス
  • アフィリエイト

などがあったりします。

ただし、書き始めた最初の頃はほとんど収益なんて出ないので、とくに成果が出ないこの期間に、ブログを書く意味(今回であれば収益化)を忘れてしまうわけですね。

なので、常に初心に立ち返ること、これが大切です。

収益化。

これが1つ目のブログを書く意味です。

誰かの役に立つ記事を書く

2つ目の意味は、誰かの役に立つ記事を書くことです。

ブログって主に見知らぬ人に読んでもらうものですし、どうせなら、わかりやすい記事を書いた方がいいですよね?

僕自身、日記からブログ記事へと書くものを切り替えてから、明らかに読者層は変わりました。

もちろん、僕自身も何かわからないことが出てきたときはGoogleで検索をするので、その際、役に立つ記事の方がありがたいです。

「でも、自分には役に立つ記事なんて書けないよ……」と思うかもしれませんが、自分にとっては当たり前であっても、他の人にとってはそうとは限らないのでニーズはあると思います。

練習で腕を磨けますし、僕もこうして偉そうに語っていますが、日々試行錯誤の連続です!

誰かの役に立つ記事を書くこと。

これが、ブログを書く2つ目の意味です。

人生哲学を記す

僕は、ある意味、この『人生哲学を記す』という考えで、今日までブログを書き続けてくることができました。

僕にとっては大切な考え方です。

つまり、自分の考えや体験談をブログとして体系化するということです。

これまで書いてきた記事は、全て自分の内側から出てくるものを書きました。むしろ、知らないことは書けません。

ブログを続けていく上では、収益化などの実利も大切な要素ですが、個人的には、この『人生哲学を記す』という目的そのものが、ブログを書く意味になっています。

「てか、見知らぬ人の人生哲学なんて役に立つの?」と思うかもですが、あくまで、役に立つ記事を書く前提は忘れず、その上で自身の考えや経験談を盛り込むイメージなので、独りよがりになる可能性もかなり減るはずです。

そうすることで、読者のニーズにもこたえられますし、自分自身への理解も深まりますよね。

人生哲学を記す。

僕にとっては一石二鳥で、非常に大きな意味を持っています。

自己発見をすること

最終的には、書くプロセスと長い時間をかけて自己発見をすることが、ブログを書く意味なのかなと思います。

記事数が増えて、ある程度体系化されることで、客観的な視点から自分を見つめることができ、それによって理解が深まるからですね。

例えば、今日のブログであれば、自分なりに「ブログを書く意味ってなんだろうか……?」と考え、こうして文章にまとめているわけです。

きちんと言葉にすることで、「あー、自分ってこんな風に考えてるんだなぁ」と、気付いたりします。

ようするに、自己発見です。

収益化しようと試みたり、読者の役に立つ記事を書こうと頑張ってみたり、、、やるべきこと、考えるべきことは色々ありますが、最終的にはこの『自己発見』こそが最も大きな意味を持つではないかと、そう思っています。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

本記事は以上です。

ps.
時々、Twitterも更新していますので、よければのぞいてみてください(^^)

》》杉本達哉のTwitter