LIFE

【書籍】時間術大全の要約&レビュー【あなたの人生をデザインする】

時間術大全①

こんにちは、Tatsuyaです。
今回は「時間術大全」という本を紹介します。

著者は、GoogleやYouTubeで働いていた、ジェイク・ナップ、ジョン・ゼラツキーのお二人。

表紙にもあるように、人生が本当に変わる「87の時間ワザ」が書かれている本です。

この記事では、「時間術大全」の基礎知識から、要約&レビューまでを行います。

非常にシンプルだけど、ついつい僕らが見落としがちな時間の作り方が数多く紹介されているので、気になる方は、是非手に取って読んでみてください↓↓

created by Rinker
ダイヤモンド社
¥1,760 (2022/07/03 19:31:26時点 Amazon調べ-詳細)

時間術大全とは?

時間術大全②

まずは、基本情報から。

基本情報

下記のとおりです。

  • タイトル:時間術大全
  • 著者:ジェイク・ナップ、ジョン・ゼラツキー
  • 定価:本体1600円+税
  • 発行所:ダイヤモンド社

サクサクいきます🙂👇

どんな本なの?

ひと言にまとめると、「忙しい毎日の中で、自分のやりたいことをやるための時間を作る方法が解説されている本」です。

特徴的なのが、よくある「生産性を上げよう」「作業をスピードアップしよう」という切り口で書かれた本ではないこと。

仕事に忙殺され、寝る前になってふと「あれ、今日って何してたんだっけ……。」みたいなことがありがちな人は、読む価値ありです。

軽快な語り口の文章で書かれているので、時々ジョークも飛び出したりして、楽しいですよ。

「時間の使い方、教えてやるよ」的な偉そうなスタンスの本じゃなく、著者のお二人も自分たちで試行錯誤しながら、効果を検証してきたものばかりが紹介されています。

面白そうじゃないですか?😁📖

時間術大全の要約&レビュー

時間術大全③

本書は、主に大きく3つのパートで書かれています。

  • ハイライト
  • レーザー
  • チャージ

それぞれの意味と、僕の印象に残っている部分を感想を交えてお伝えしていきますね↓↓

ハイライト

ハイライトとは、1日の中で自分のやりたいことに取り組む時間のことを指します。

目立つ部分。
重要な部分、みたいな意味合いだと思います。

本書では、「1日の最初に、やりたいことをやるための時間を確保しよう」と提案されます。

なぜか?

そうしないと、永遠にやりたいことに取り組めないからなんですよね。

というのも、現代人は主に以下2つのものに悩まされているそう。

  • 多忙中毒
  • 無限の泉

すごく簡単に言うと、次から次へと降ってくる仕事に、「忙しさこそ善」みたいな風潮、プライベートの時間に無限に気を散らせてくるスマホのアプリや、YouTubeなどなど。

要するに、自分のやりたいことをやるのって結構ハードルが高いわけです。四方八方から横槍がくる状態。

これらをうまーくかわしながら、自分のやりたいことをやるためには、先に時間を確保してしまって、残りの時間をデザインしていく必要があります。

僕らは時間を作るために、「もっと効率よく」「もっとスピーディーに」を意識してきたけど、いくら仕事の生産性やスピードを上げても、全てが終わることはないし、ときたま早く仕事が終わっても、ひたすらスマホに手を伸ばして、時間が過ぎていく……みたいな状況なわけです。

これじゃあ、永遠にやるべきことをやらないまま時間が過ぎていきます。

なので、「1日の最初にやりたいことをやるための時間を確保しよう」と言われるわけですね。本書では、ハイライトのための時間を作るワザがいくつも紹介されています。

レーザー

レーザーとは、集中モードのこと。
せっかくハイライトの時間を確保しても、他の時間で気が散ることが多かったり、集中モードに入れないと、結局は時間に圧迫されるハメになります。

たぶん誰しも経験あるはずですよね……。

気づけばスマホをダラダラ触って、なんとなくニュースを見て、SNSで友達の楽しそうな写真を眺める。

いかん、いかんと思いつつも、油断した隙にYouTubeをみてしまって、気づけば数時間経ってる……。

↑これ、現代人あるあるだと思います。

要するに、日常生活には集中を邪魔してくるものが沢山あるわけですね。

GoogleとYouTubeにいた二人が言うんだから間違いないでしょう🤔

こういった、集中を邪魔されがちな状況とうまく付き合う方法が解説されています。

気が散らないiPhone

僕が本書を読んで印象的だったのは、「気が散らないiPhone」にしようという部分。

今からスマホなしの生活には戻れないわけだから、せめてスマホの中を整理して、なるべく集中を阻害されないようにしようという提案がなされています。

マジで1日何回開くねん!ってぐらい、開いてるでしょ?
SNSとか。

ちなみに僕は、かれこれ1年ぐらい気が散らないiPhoneにしてます。こんな感じ↓

iphoneの画面

左がホーム画面ですね。
本を読みつつ、「面白いアイディアだな〜」と思ったので、すぐに実践してみました。

特に何も不自由はないですよ。

他にも集中モードに入る時間ワザがたくさん紹介されているので、本書をサーっと読んでみて、自分なりに「いいんじゃね?」と思う方法を試してみてください。

チャージ

あとは、エネルギーのチャージについても書かれています。

いくら自分のやりたいことのために時間を確保して、集中モードに入っていても、身体がだるかったり、疲れが溜まっていたりするとうまくいきませんよね。

平たく言うと、身体を使って、脳ミソをリフレッシュさせようというパート。そのためのワザが解説されています。

僕的には、戦術61で紹介されている「毎日運動する(でも頑張りすぎない)」が好きですね🙂💪

なぜか僕らは、運動の話になると極端になりすぎる傾向があります。いきなり高いお金を払ってバキバキ目指してジムに通い始めるなど。

でも別に、最初からそこまでやる必要もなくて、できる範囲で身体を動かせばいいかな〜と思えます。

実際、僕も2年ほど前から家で筋トレを始めて、たまにサボりながらも、今日までコツコツ続けてきました。身体の変化はもちろんのこと、運動後は頭がスッキリして、ほどよい疲労と心地よさがあります。

運動の他にも、カフェインの話や、たまには都会の喧騒を離れよう、みたいな話もあって、バリエーション豊富で楽しく読めると思いますよ。

何より、誰でも気軽に試せるものばかりなのがありがたいです。

まとめ:時間術大全を読んでみよう

時間術大全①

今回は「時間術大全」の要約&レビューを行いました。

87の時間ワザが紹介されていますが、もちろん全てを実践する必要はないです。

あなたなりに「おぉ、これは!😳」と、興味が湧き上がってきたものを試してみて、自分にあえば生活に取り入れればいいですし、あわなければ「サヨナラ〜。別のワザを試してみるで〜」ぐらいのノリでOK。

誰しもがせわしなく動いていて、無限にスマホに支配されそうな世の中だからこそ、ちょっとだけ視点を変えてみましょう。

自分のやりたいことをやる時間を確保する「ハイライト」を軸にして、生活全体をデザインしてみるのもありだと思いますよ。

なにより、本書は楽しく読めます。
僕は軽快な語り口と、時々飛び出すジョークが好きだったなぁ〜🙂

周囲に反応するばかりじゃなくて、自分のために、あなた自身のために大切な時間を使って生きてください。そのためのヒントをくれる本です。

お互い、充実した人生にしましょう。
よければ、ぜひ読んでみてくださいね↓↓

created by Rinker
ダイヤモンド社
¥1,760 (2022/07/03 19:31:26時点 Amazon調べ-詳細)
  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-LIFE
-