久しぶりにじっくりと空を見上げた

今夜は関東などで「ネオワイズ彗星」観測のチャンスらしいという情報をキャッチし、北西の空を見上げてみたものの、残念ながら肉眼では確認できなかった。

写真に彗星のようなものが写っているが、実のところまったく関係なくて、どこかの光が反射して写り込んだ。

ニュースによると、7月中旬以降は日没後、北西の空に沈みゆくネオワイズ彗星が見れるとのことで、日を追うごとに高い位置となって観測しやすくなるものの、次第に明るさが低下するため見付けづらくなるそうだ。

国立天文台によると、このネオワイズ彗星が次に太陽に近づくのは5000年以上先とみられるとのこと。

残念ながら、5000年先はこの世にはいなさそうである。

それにしても、なんだか、久しぶりにじっくりと空を見上げたような気がする。

普段、あまり気付かないけど、スマホとか、手元ばかり見ていることが多んだろう。

せっかく運よく地球に生まれたんだから、もっともっと自然を感じて、自分の目でいろんなものを確かめなきゃいけないなと、ちょっぴり反省というか感傷的になった。

情報ばかり吸収して、感じることを疎かにしてはいけないよなと、改めて。

5000年という気が遠くなるような時間経過の後に、またこの地球上で空を見上げている人達が居るんだろうなと思うと、なんだか感慨深い。

「もし、本気で観測するなら双眼鏡を用意しておいた方がいいよ〜」

と、伝えてあげたい。

肉眼だとかなり厳しかった……というか、僕は見えなかった。

日常生活を送っていると、どうしても目の前にある世界がこの世界の全てのように感じてしまうことがあって、それによって悩んでいる人もけっこう多いように思う。

僕自身、そこそこ明るい性格ではあるけど、何か漠然とした不安感に駆られることもある。

人生に悩みはつきもので、「悩んでも仕方ないよ」と言っても悩んでしまうのが人間だ。

でも、

そんな時は宇宙規模で考えればいい。

自分が抱えている悩みがちっぽけに見えることもある。

僕らが住んでいる地球は、僕らにとってはメチャクチャ大きいが、その大きな地球は太陽系のごく一部の点にすぎなくて、その太陽系は1000億の恒星が含まれる銀河系の一部。

んでもって、そんな巨大すぎる銀河系が宇宙には数えられないぐらい存在していて、その宇宙すら大量にあるとか、ないとか……

そんな風に掘り下げて考えていくと、自分が抱えてる悩みがあまりに小さすぎてバカらしく思えてきたりする。

それでいいんじゃないかな?

と思う。

普段あまり意識することはないだろうけど、僕らはそんな宇宙の一部だから、まぁ気楽に、うん、気楽にいきましょう。

ではでは、素敵な1日をお過ごしください。