人生を振り返り、後悔が残っているのは悪くない【人生論】

「人生を振り返ると、後悔がある」
「後悔をしない生き方をしたい」

という方に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

・人生を振り返り、後悔が残っているのは悪くない
・人生を振り返り、後悔が残っているときの考え方

こんにちは、杉本です。

今日は『後悔』というテーマで、書きます。

普段、脚本を書いていて、たぶん日常的に「人生とは何ぞや?」と考える時間は長い方だと思います。

人生を考えると必然的に『後悔』というキーワードも出てくるので、僕なりの人生論を書いてみることにしました。

心理学的など、様々な観点から『後悔』について語られることはありますが、あえて、脚本家の視点から語ってみようと思います。

本質的な内容だと思うので、何かしら参考になれば幸いです。

人生を振り返り、後悔が残っているのは悪くない

魅力的な登場人物とは?

まず、前提として、人生には後悔があった方がいいと思っています。

なぜなら後悔を感じているということは、きちんと自己反省が出来ていることを意味していて、過去の事実から学ぼうとしているわけですね。

加えて、後悔を抱えている人は、他人の痛みを知っていることが多いので、優しくなれたりします。

例えば、映画の登場人物を想像してほしいのですが、何かに葛藤していたり、後悔を抱えていることが多いと思います。それ自体が、登場人物の魅力だからで、これは現実世界にも当てはまります。

「でも、なるべく後悔はしたくない」という意見はあると思います。

もちろん、僕自身もそうですが、ここで大切なのは、『後悔=悪いこと』ではないということです。

精神論ではなく、人生哲学です。

人生には、後悔があった方がいいです。

臭い物に蓋ではなく、ありのままを受け入れよう

過去の後悔を無理やりなかったものとして生きていくのは、考え方としてあまり賛同できるものではありません。

まるで、臭い物に蓋をするようで、本質から目を背けている可能性があります。

例えば、過去に何かしら後悔を抱えていた時に、それと向き合って乗り越えようというなら健全ですが、忘れようとしたり、「人生、後悔は無駄だ!」なんて言い聞かせたりすると、また同じことを繰り返してしまう可能性があります。

後悔を、なるべくありのまま受け入れ(まぁ、難しいですが)、そこから学んで、今後、同じことをしないように改善が必要です。

もちろん、しんどくて現実逃避してしまうこともあると思います。それ自体、責められるものではありませんし、僕自身、理解は出来るのですが、やっぱり本質的に解決しようとすると、きちんと向き合う必要があるんじゃないかなと思います。

なので、過去の後悔をなかったものとするのは、あまり賛同できません。

自分だけではコントロールできないこともある

あと、後悔が発生するかどうかは自分だけではコントロールできません。

往々にして、後悔には自分以外の誰かが関わっていることが多いからです。

もし今、抱えている後悔があれば、思い出してみてください。

自分だけではなく、そこに他の誰かが関わっていませんか?

自分だけではコントロールできない領域があります。誰かの行動によって、巻き込まれるような格好で、何かしら後悔が生み出されるかもしれません。

もちろん、自分だけの問題であれば、自分で解決する必要があります。例えば、「若い頃にもっと勉強しておけばよかった」という類の後悔ですね。

過去には戻れないので、今から勉強するしかありません。

このように、自分だけの問題であれば、解決はしやすいのですが、他の人が絡んでいる場合は、自分だけではコントロールできない場合もあるので、そのことを理解しておいた方がいいと思います。

人生を振り返り、後悔が残っているときの考え方

とはいえ、後悔の気持ちって、しんどくもありますよね。

自分を褒めてもいいんじゃないでしょうか?

少しばかり発想の展開が必要です。

今でも後悔しているというのは、その事実をきちんと自分なりに向き合っていて、忘れていないことを意味しています。

きちんと、向き合っているということ。

この事実は、自分を褒めてあげてもいいんじゃないでしょうか?

後悔を帳消しにするのではなく、それはそれで悩んでいるけど、そんな自分をきちんと褒めてあげるということです。

どうしても自分を責める気持ちばかりにフォーカスしてしまいがちになるもの。

でも、冷静に考えれば、そんなことはないと思います。

向き合っていて、忘れていないんだから……

そんな自分のことは褒めてあげていいと思います。

まとめ。

生きていれば、何かしら後悔は生まれます。

大事なのは、目を背けたり、無理やりなかったものにすることではなく、きちんと向き合って、そこから何かを学ぶこと。

自分だけではコントロールできないこともあります。

自分を責めすぎず、ときには褒めてあげましょう。

最後に。

昔、本屋さんでパッと目に止まった本の帯にこう書かれていました。

『何かにつまずいている人の方が、魅力的だと思う』

まさに、

その通りだと思います。

Twitter 》》杉本達哉 Tatsuya Sugimoto