人生を一瞬で変える、魔法の行動【ちなみに、怪しくないです】

「人生を変えたい」

「人生を変えるには、行動した方がいいんだろうけど…一体、何をすればいいの?」

「でも、難しい行動はできないかも…時間とかもかかるよね?」

このような悩みにお答え。

本記事では、以下の内容を解説します。


  • 人生を一瞬で変える、魔法の行動【ちなみに、怪しくないです】
  • 人生を変える行動の重要ポイント

こんにちは、杉本です。

「人生を変えたい」

これまで、そんなふうに思ったことはありませんか?

現状に不満があったり、あるいは、不満はなくても、漠然と「このままじゃ、ダメだなぁ…」と感じていたり、、、

僕自身、「どうすれば、人生って良い方向に変わっていくのかなぁ」と考えていました。
もちろん、今でも考えています。

この記事は、意識高い系の内容ではなく、実際に、僕が生活の中で発見した、「人生が変わる行動」を1つ解説します。

タイトルだけみると、なんだか怪しい雰囲気かもですが、全く怪しくないです。

ゆる〜く書くので、5分ほどお時間ある方は、よければサクッと読んでみてください。

何かしら参考になれば、うれしいです。

人生を一瞬で変える、魔法の行動【ちなみに、怪しくないです】

魔法というからには、簡単な行動です。

日常の中に、新鮮さを作り出す

人生を変えるためには、日常に変化を与える必要があります。

変化は新鮮な気分を生み出し、それにより、日々の見え方や感じ方が少し変わります。

本記事で紹介したかった魔法の行動は、ズバリ、「なつかしい友達に連絡を取ること」。

可能であれば、1ヶ月後ぐらいに食事の約束なんかができればベストです。

僕自身、ふと思い立った時に、なつかしい友達に連絡をしたりする性格なので、その行動を通して、「あれ、これって人生の見え方が変わってるかも」と気づきました。

とはいえ、「なつかしい友達」と、ひと言にいっても、何人もいるかもしれません。

この時、誰に連絡をするのかを選ぶポイントが2つあるので、以下に書きます。

  • 純粋に、あなたが会いたい友達
  • もし、今回連絡せずに生きていけば、2度と会えないかもしれない友達

こんな感じ。

あくまで参考程度にとどめていただいて、基本は自由です。

「なつかしい友達と会う約束をしたからって、どうしてそれが人生を変える行動になるの?」という方には、この後、掘り下げて解説します。

その前に、注意点をいくつかお伝えしておいた方が良さそうなので、先にそちらに触れておきます。

一旦、まとめると、「人生を一瞬で変える、魔法の行動」とは、「なつかしい友達に連絡をすること」です。

久しぶりの友達に連絡を取る際の注意点

なつかしい友達に連絡をする際には、いくつか注意点があります。

親しい友達にとってはただの連絡でも、久しぶりの友達から急に連絡が来たら、びっくりしてしまう人もいるかもしれないから。
ヘンテコな誤解を与えてしまっても申し訳ないので、僕自身は、あらかじめ注意しています。

まず、いきなりの電話はNGです。

今、相手がどういう状況かわからないからですね。
仕事中かもしれませんし、結婚して家族とゆっくり過ごしているタイミングかもしれません。

なので、基本はLINEなどを使います。

あくまで、自分勝手になってはいけません。
学生時代の友達であっても、大人になって、すでにそれぞれ別々の人生を生きているわけですから、きちんと気を配ることが大切。
親しき仲にも、、、というやつです。

あと、不安を与えもいけないので、連絡した理由を正直に伝えます。

いきなりの連絡だと、「もしかして、何かの勧誘とか…?」と不安を与えてしまう可能性がありますよね。

とはいえ、急に、「いや、オレ、人生変えたくてさ!」と言っても、友達は「へ…?どういうこと…」だと思うので、打算的な感情だけでの連絡もNGです。

あくまで、ベースとしては、「会いたい」と思う友達に連絡をすること。

そこさえ間違っていなければ、「ふと、元気してるかなと思って連絡したよ」はウソになりません。

こんなふうに書くと、「コイツ、打算で友達に連絡してんの? 最低!」と思う方もいるかもしれませんが、ウソなく、そんなことはありません。

僕の場合、元々の性格が、昔の友達に連絡したくなるタイプ。
実際、なつかしい友達と連絡を取り合う過程で、「あれ、これって、結果的に人生変わってるかも」と気付いたのです。

今回は、「そのような効果がありました」という報告を兼ねている内容なので、「自分は、打算的な感情だけで友達に連絡するんだ!」という方には、オススメできません。

もしそのような方がいらっしゃれば、このあたりで本記事を読むのを辞めていただいた方が、時間の無駄にならなくて済むと思います。

実際に連絡して、会う約束をするとどうなるか?

シンプルに、日常の見え方、感じ方が変わります。

急遽、予期していなかった予定が入ったからですね。
あなたが、友達に連絡を取ったことで、「なつかしい友達に会う」という日が人生に組み込まれることになります。

繰り返しの毎日の中、ぼんやりしていた通勤時間も、気付けばいつの間にかワクワクしている自分がいるかもしれません。

他にも、「髪を切っておこうか」と思ったり、「当日までに新しい服でも買ってみようか」と、週末の空き時間にショッピングに出掛けるかもしれません。

これだけでも、すでに人生が変わっています。

あなたが友達に連絡を取っていなければ、起こらなかった未来。
つまり、あなたが友達に連絡を取ったことで、ほんの少し人生が変わったわけです。

ちょっぴりオシャレに言えば、日常に彩りが生まれたということ。

ぼんやりしていた通勤時間と、ダラダラしていた週末が、「ワクワク」と「ショッピング」に変わるわけです。

なかには、「もっと大きく、生き方そのものが変わるような変化が欲しいんだ!」という人もいるかもしれませんが、なかなかすぐには難しいはず。

たった1つの約束によって、日常の見え方や感じ方が変わるのが人生です。

人生を変える行動の重要ポイント

「人生を変える行動」というテーマについて、個人的に重要だと思う要素を2つほどピックアップします。

人生の根本を変えるには、長い時間がかかる

今回解説した「友達に連絡を取る」とは違い、人生を根本から大きく変えていこうと思うと、長い時間がかかります。

なぜなら、長い期間の継続が必要なことが多かったりするから。
王道は、安定しますが、それには時間が必要。

例えば、一般的に「人生を変える」という言葉から連想されるイメージは以下のようなものではないでしょうか。

  • 会社で出世して、周りから一目置かれたい
  • 大金持ちになって、素敵な家に住みたい
  • 海外で悠々自適に暮らしたり、ライフスタイルを見直したい

これらは、すぐには難しいですよね。

実現するためには、長い時間をかけて継続的に取り組む必要があるからです。

「人生を変えたい!」と思いつつ、このようなところばかり見ていても大変です。

であれば、自分の身近なところから、少しずつ人生を変えていくのもアリ。
固定概念に縛られていることも結構あったりするので、王道は王道で大切ですが、もう少しフランクに人生を変えていければいいですね。

サクッと、人生を変えるのもアリ

なので、今回のように「友達に連絡を取る」というアクションを通して、自分の中にある人生をサクッと変えるのもアリだと思います。

「サクッなんて邪道だ。王道しかダメなんだ!」と考えすぎると、たぶん身動きが取れなくなります。
なぜなら、王道は時間がかかるということを無意識に知っているから。

現状維持を選ぶか、長い期間の王道を選ぶか。
結果として、この2択に苦しむことになります。

つまり、100か0の状態。
ある種の、完璧主義と言い換えることもできるでしょう。

これだと、「人生を変える行動」というハードルが高尚かつ、高すぎるものになってしまうので、「サクッと変える」という選択肢を持っておいた方がいいです。

本記事のラストに「完璧主義」に関する参考記事を載せておきます。
「自分って、完璧主義かも…」という方は、よければ目を通して見てください。

繰り返しになりますが、今回で言えば、「友達に連絡を取る」がサクッと人生を変える方法です。
先入観を取っ払い、柔軟になりましょう。

「そんなの、本当の意味で人生は変わってない」と感じる人もいるかもしれませんが、では、「人生が変わる」とは、何を意味しているのか。

おそらく、定義するのは難しいはず。

例え、サクッとアクションを起こしても、人生の見え方や感じ方は変わります。

あたながイメージするほど、いきなり大きくは変わらないかもしれません。
しかし、小さく変えていけばいいじゃないですか。

それに、なつかしい友達と会う時間は、きっと素敵なひとときだと思いますよ。

本記事は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【経験談あり】完璧主義の短所を簡単解説【解決案も2つ出しました】