三日坊主をやめる方法を解説【シンプルに考え、簡単ルールの設定】

「何か新しいことを始めてもついつい三日坊主になってしまう」

「三日坊主の性格を変えたい」

という方に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

・三日坊主をやめる方法
・三日坊主はあまり意味がない話

こんにちは、杉本です。

基本的には毎日、日記やブログを書いていて、日記は4年以上、ブログは2年近くになるので、どちらかと言えば継続は得意な方だと思います。

なので今回、記事にしてみることにしました。

テーマは『三日坊主』です。

新しいことに挑戦するも、ついつい三日坊主になってしまって、「あーあぁ…」なんて思うこともありますよね?

これまでの経験を通して感じる、三日坊主から脱却する大事なポイントを、誰でも出来そうな方法にしてまとめてみます。

何かしら参考になればうれしいです。

三日坊主をやめる方法

ザックリ3つほど、解説します。

挑戦する対象をある程度絞ってみる

三日坊主をやめるためには、挑戦する対象をある程度、絞ってみることが有効だったりします。

最初からあれもこれもと欲張ると、それだけ失敗する確率も高くなりますよね? 

自尊心が下がることにも繋がります。

例えば、

  • 英会話 
  • 筋トレ(ダイエット) 
  • 料理

など、これらを一気にやり始めようとすると大変だと思います。

「色々やりたい!」という方もいるでしょうし、時間は有限なのでまとめて出来るにこしたことはないかもしれませんが、少なくとも「一気にやれば、それだけ三日坊主になる可能性も高くなるよね」ということは理解しておいた方がいいかもしれません。

個人的には、挑戦する対象をある程度絞って、順番に少しずつクリアしていく方がいいんじゃないかなと思います。

見落としがちな、シンプルかつ王道な方法

シンプルすぎて案外見落としがちな部分ですが、三日坊主をやめるためには、4日目も必ずやることが重要です。

なんだか言葉遊びみたいに感じるかもしれませんが、本質的だと思います。

「もう1日だけやろう!」の精神を続けることで、三日坊主を抜け出して習慣に落とし込めるというわけですね。

「てことは、永遠にやらなきゃいけなの?」と心配になるかもしれませんが、しばらく継続して三日坊主さえ抜け出せば、きちんと習慣になるので心配いりません。

僕自身、時々ブログの更新を休むこともありますが、完全に三日坊主の期間は抜け出しているので、継続できなくなってしまうとかはないわけですね。

とりあえず三日坊主を抜け出すことが大事なので、そのためには、4日目も必ずやること。

これが大切です。

簡単ルール設定で三日坊主からおさらば

簡単なルールを設定することで、三日坊主からおさらばする方法もあります。

小さいハードルをクリアし続けることで、気づけば三日坊主を脱却しているという状態を作るわけですね。

具体例をあげると、

僕の場合、ブログの他にも脚本の執筆と英語の勉強をしているのですが、最初に設けた簡単ルールは次の2つです。

  • とりあえず、机に向かって座るだけもOK
  • 5分だけでもOK

どうですか、簡単でしょう?

さすがに、「簡単すぎだろ!」と思う方もいるかもしれません。

とはいえ、毎日やるのは案外難しかったりしますし、それにまず優先すべきは三日坊主をやめることなので、最初はこれぐらいからスタートして、きちんと習慣になったタイミングでルールを見直せばいいと思います。

ちなみに、

座るだけ、5分だけ、というルールを設定していても、実際はヒマすぎて何か手を動かしたり、5分以上取り組んだりすることになります。

ただひとつ注意点があって、その時間はスマホ(とくにSNS)は禁止した方がいいということ。あくまで集中して取り組むことは大事です。

簡単ルール設定で三日坊主からおさらばしましょう。

三日坊主はあまり意味がない話

100%ではありませんが、三日坊主だけではなかなか厳しいよね、という話をします。

三日坊主は宝くじだけに期待するようなもの

三日坊主を受け入れるのは、宝くじに当たることだけに期待して生きていくようなものだと思っています。

ようするに偶然のラッキーをただ期待しているような状態ですね。

何事もそうですが、短期間だと成果を出すのは難しいですし、ほとんどのことは時間がかかります。

先ほども例に出した、

  • 英会話
  • 筋トレ(ダイエット)
  • 料理

これらを3日間だけで成果を出すのは至難の技ですよね? 
まぁ、たぶん無理ですし、三日坊主を甘んじて受け入れるのは、これらを「出来る!」と根拠なく思い込んでいる状態に近いイメージがあります。

「でも、たまにまぐれはあるでしょ」という意見があるかもしれません。たしかに、まぐれを否定は出来ません。

だだ、繰り返しになりますが、それはある意味で宝くじに当たるようなもので、再現性はあまり期待できません。

よって、三日坊主はあまり意味がないという結論です。

失望するなかれ、ラッキーパンチはある

とはいえ、自分が三日坊主タイプだからといって、悲観したり失望する必要はありません。

いきなり手のひらを返して申し訳ないですが、世の中には偶然も存在します。そこは否定できません。ラッキーパンチが当たることもあるということですね。

出勤前、早朝のカフェで仕事を頑張ると決意した人がいたとしましょう。
ただ、ついつい4日目にサボってしまってカフェに寄らなかったとします。三日坊主になってしまったわけですね。
カフェに寄らないので、いつもと違う時間に家を出ることになります。しかしその結果、街中で偶然運命の人に出会うかもしれません。んでもって、その相手が今の会社の社長の娘さんなんて可能性も……

まぁ、都合が良すぎる空想ですが、絶対ないとは言いきれません。

話が飛躍しましたが、ラッキーは起こりえるということです。

なので、必要以上に悲観したり失望する必要はありませんが、とはいえ、ラッキーだけに頼るのは、確率も低いですし、あまりに不確実すぎるので、個人的には三日坊主を抜け出すことをおすすめします。

その方がよっぽど簡単です。

Twitter》杉本達哉 Tatsuya Sugimoto