ブログの文字数を「約1000字」で維持している理由

ここ最近のブログは、1日あたり1000字前後で更新を続けている。

主な理由は、以下の2つだ。

  • ダラダラ書くのは、読んでくれる人への配慮が無いんじゃないか?と思い始めたから
  • 1時間パソコンに向かって書くと、だいたい1000字前後になるから

これら2つの理由が重なっていることもあって、日々、1000字前後を維持しているのだ。

原稿用紙に換算すると2枚半。

もう一つ、別で更新している記事(ARTICLE)が日々2000〜3000文字なので、合わせると、まぁまぁそこそこの文字数になっている。

3000字〜4000字。
原稿用紙7枚半〜10枚である。

このあたりの文字数を1日あたりの最低ラインにすえようと思っている。

さっき書いた2つの理由のうち、後者(1時間パソコンに向かって書くと、だいたい1000字前後になるから)は僕の能力の問題なので、「杉本の文章作成レベルはそんな感じなのね〜」と思ってもらえればいい。

普段、あまり文章を書かない人と比べると少しばかり早いかもしれないが、とはいえ、特別早い部類でもない。
控えめに言って、そこそこだろう。

僕のスピードについては掘り下げても仕方ないので割愛するとして、一つ目の理由(ダラダラ書くのは、読んでくれる人への配慮が無いんじゃないか?と思い始めたから)について、少しだけ語らせていただくことにする。

ちなみに、ここまでで500字前後。

さて。

友達から「お前は配慮がないぞ!」と注意してもらうこともあり、これまでは反発を繰り返していたが、次第に「たしかに……」と、自覚できる年齢になってきた。

配慮は大事だ。
でも、なかなか難しくもある。

毎日、「面白い内容を書きたいなぁ」と思いつつ、テレワークで自宅にこもり、おまけに残りの時間はブログと脚本で完全に引きこもり状態なので、ネタがポンポン出てくるわけもなく、とりあえず「長ぇな、こいつのブログ」と思われないようにしようと考えている。

よって、文字数を意識しているのだ。

よくよく考えると、僕自身、他人のブログやネットニュースなんかも極端に長ければ基本的に読まない。
読み始めても途中でやめる。
余程、重要度の高い内容なら別だが、たいがいはすっ飛ばす。
そんなもんだ。
言葉は悪いが、「知らんがな」なのである。

もちろん、それは僕のブログ(DIARY)も同じで、改善できるかどうかは別として、そこはキチンと自覚している。

見知らぬ人には基本スルーされるし、たとえ友人であっても読んでくれる時もあれば、そうでない時もある。
当然のことだ。

今後、本当に重要度の高い何か伝えたいことが出てきた時に、ちゃんと僕の文章を読んでもらえるように、日頃から少しずつ改善していくことにする。

今でだいたい1000字前後。

じゃ、今日はこのへんで!