文章力を向上させるカギは、「型」にあり【PREP法が効果的です】

(更新日:2020年12月09日)

「文章力を向上させる方法を知りたい!」

「文章力を向上させる上で、必要なことって何?」

このような疑問にお答えします。

本記事の内容


  • 文章力を向上させるカギは、「型」にあり【PREP法が効果的です】
  • 文章力を向上させるために必要なこと

こんにちは、杉本です。

「文章力を高めたい」と思いつつも、実際にどうすればいいのか、わからないという方も多いのではないでしょうか。

「書き続ければ、うまくなる?」「もしかして、才能…?」など、文章力には、色んな疑問があるかもしれません。

結論、文章力は「型」を学ぶことで、向上させることができます。

本記事では、「PREP法」というものについて解説します。

僕自身、ブログを書く時は、ずっと「PREP法」を使っています。
以来、記事の内容が少しずつ整理され、読者も増え、最近では収益も出始めました。

「型」を学ぶことで、誰でも今より確実に文章力が向上するはず。

サクッと読めるように記事を書きますので、よければ参考にしてください。

文章力を向上させるカギは、「型」にあり【PREP法が効果的です】

結論、「型」にそって書くのが、重要です。

文章が書けない人の勘違い

本題に入る前に、少しだけ前置き。

「文章が書けないのは、自分に才能がないからだ」と考える人もいるかもしれませんが、これは勘違いです。

一流の小説家になるなら話は別ですが、普通にこのブログのような文章を書くだけであれば、才能は不要。

自分で言うのは悲しいですが、たぶん誰でも書けます。

なぜなら、「型」を使っているから。

いきなり白紙に向かって、自分の考えを自由に書き連ねているわけではありません。
事前に「型」にそって、構成を練っています。

書き始める前の準備であり、そうすることで、「どの順番で文章を書こう…」と迷うことがなくなります。

1. PREP法で文章の流れを作る
2. 肉付けをする

だだ、これだけです。

とても、シンプルでしょう?

では、ここからは、「型」である「PREP法」について簡単に解説します。

文章力を向上させるのに、「特別な才能は不要だ」ということが、わかってもらえると思います。

「PREP法」とは?

「PREP法」とは、下記の順番で文章を構成する方法です。

  • 結論(Point)
  • 理由(Reason)
  • 具体例(Example)
  • 結論(Point)

簡単にまとめると、これだけ。

それぞれの頭文字を取って、「PREP」という名前がついているわけです。

文章を書く時に、「どの順番で書こうか…」と、迷ってしまうことってありますよね?

ですが、「PREP法」を使えば、すでに順番は決まります。

あとは、結論、理由、具体例、この3つを整理するだけ。
これで、全体の流れができます。

では、実際に「PREP法」を使って、「文章を書くのに、才能はいらない」という主張の文を作ってみます。

PREP法の具体例

  • 結論(Point):文章を書くのに才能はいらない
  • 理由(Reason):「型」に沿って書けば、誰でも文章が作れるから
  • 具体例(Example):「PREP法」を使う
  • 結論(Point):よって、文章を書くのに才能はいらない

こんな感じです。

かなりシンプルですが、一通り、流れはできています。

これが、「PREP法」を使った文章の作り方であり、ベースとなる考え方です。

あとは、肉付けをしていくだけ

以下は、先ほどの復習です。

  • 結論(Point):文章を書くのに才能はいらない
  • 理由(Reason):「型」に沿って書けば、誰でも文章が作れるから
  • 具体例(Example):「PREP法」を使う
  • 結論(Point):よって、文章を書くのに才能はいらない

このように、PREP法を使った文章の枠組みができたら、あとはこれに肉付けをします。

例えば、こんな感じ。

肉付けした「PREP法」

  • 結論(Point):文章を書くのに才能はいらない

でも、一流の小説家になるとか、例外はある。

  • 理由(Reason):「型」に沿って書けば、誰でも文章が作れるから

ちなみに、僕もブログを書く時に、「型」を使っています。

  • 具体例(Example):「PREP法」を使う

「PREP法」とは?

  • 結論(Point)
  • 理由(Reason)
  • 具体例(Example)
  • 結論(Point)

先にこの4つを考えておけば、全体像がつかめる。

  • 結論(Point):よって、文章を書くのに才能はいらない

、、、、、

上記、太字の部分が「PREP法」で箇条書きしたところで、細字の部分が、肉付けです。

結論、理由、具体例、結論。

これら4つを先に箇条書きで並べて、その間に、肉付けしていきたい内容を差し込んでいきます。

ちなみに、「型」を守りつつ、場合によっては、「理由」を省いたりしてもいいです。

あとは、文章を足したり、削ったりしながら、全体のバランスを整えて完成!

なんとなく、イメージはつかめましたでしょうか?

文章力を向上させるために必要なこと

3つほど、解説します。

習慣化して、「知識」を学ぼう

文章力を向上させるためには、ある程度、文章を書くことを習慣化する必要があります。

毎日書く人と、1週間に1回書く人であれば、たぶん毎日の人の方が上達しますよね。

シンプルな理屈です。

無理をする必要はありませんが、習慣化は大切です。

できれば、文章力に関する本も、合わせて読んでおいた方がいいかもですね。

順番としては、下記です。

1. 文章を書くのを習慣化する
2. 文章力に関する「知識」を学ぶ

たとえ本を読んでも、一度に全てのスキルを身につけることはできませんが、仮に1つでも、2つでも、身につけておくだけで随分変わってくるので、ぜひ読んでください。

習慣化と、知識を学ぶ本については、下記の参考記事をご覧ください。

とても基本的なことですが、2つとも欠かせない大切なポイントです。

文章を書く習慣を身につける方法【3つの手順で簡単に解説します】

ローマが1日にして成らないことを楽しもう

文章力を向上させるには、長い時間がかかります。

なかなか上達しないからといって、変に焦ったり、途中でふてくされて、投げ出してはいけません。

ローマは、1日で成らないものです。

地道にコツコツ、向き合うことが大切です。

なんだか、古くさい考えに聞こえるかもしれませんが、本質だと思います。

長い時間をかけて、文章のスキルを磨くのは大変です。
もっとラクに成果が出るものもあるでしょう。

しかし、きちんと向き合うことで、そう簡単に失うことのない、能力が身につくはずです。

文章力の向上には、終わりも、完成もありません。
生きている限り、ずっと途中です。

向上のプロセスを楽しみ、自分の中にある未完のローマを楽しみましょう。

早速、「PREP法」も使ってみてくださいね!

使い慣れるまでは、「あれ…?」と、戸惑うこともあるかもしれません。
でも、慣れたら早いです。

「型」を使うことで、頭の中が整理されるので、かなり書きやすくなるはず。

「オリジナリティがなくなるんじゃない?」という心配があるかもですが、基本さえしっかり押さえれば、あとから崩せるので、まずは「PREP法」にトライしてみてください。

お互い、頑張りましょうね。

本記事は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。