日記の書き方は、シンプルなのがベスト【自分らしく自由に書く】

「日記の書き方がよくわからない……」

「最近、日記を書き始めたけど、もっと良い書き方があれば知りたいなぁ」

という方に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

・日記の書き方は、シンプルなのがベスト
・日記の書き方は、つねに変化させていく

こんにちは、杉本です。

すでに日記歴が4年を越えました。

日記に関しては、そこそこプロだと言ってもいいかなと思ったので、今回『日記の書き方』というテーマで記事を書くことにしました。

タイトルにもある通り、シンプルがベストだと思うので、内容もなるべく簡単に書きます。

これから日記を始める方、あるいは書き始めてからまだ日が浅い方が対象です。

何かしら参考になれば嬉しいです。

日記の書き方は、シンプルなのがベスト

なんだかんだ言って、シンプルが良いです。

まず、知っておいてほしい大切なこと

まず、知っておいてほしい大切なことは、日記の書き方は“自由でいい”ということです。

何にも縛られる必要はありません。

一応、今回は、『日記の書き方』が記事のテーマなので解説しますが、正直、僕の意見も「ふーん、なるほど、なるほど」ぐらいでOKです。

あと、自由に書いた方が後々読み返したときに当時の出来事が思い出しやすくなります。

いくつか具体例をあげると、

文字だけでなく絵(落書きなど)を描いてもいいですし、ページの変なところ(例えば真ん中)から書き始めたりしても構いません。

僕の場合、基本的には日本語で書いていますが、一行目に曜日を記録するときだけは英語で書いたりしています。「英語のスペルを覚えたい!」というのが動機でした。

自由でいいと聞いても、「とは言ってもさぁ……」と思う方もいるかもしれません。たしかに、気持ちはわかります。どうせ書くなら、なるべく“ちゃんと”書きたいですもんね!

ただ、僕の経験上では、書き続ける過程で必ず変わっていくので、まずはあまり難しく考えずに、とりあえず書いてみることをオススメします。

日記の書き方は自由でいい。

このことを忘れずに、続きを読み進めてください。

僕の書き方を簡単に解説

ここでは、今現在の僕の日記の書き方を簡単に解説します。

あえて「今現在」と書いたのは、今後、書き続けていく中で変わる可能性もあるからですね。

基本的に書く項目は次の3つです。

  • 日付(例:2020.8.4)
  • 曜日(例:Tuseday)
  • 本文

どうですか、シンプルでしょ?

ちなみに、一行目に日付と曜日を書いて、二行目以降に本文を書くという流れです。

ただこれだけ。

とにかくシンプルイズベストの精神で書き続けています。

これが、僕の日記の書き方です。

あえて言うなら、シンプルが良い

先程、最後にチラッと言いましたが、あえて言うなら『シンプル』に書くのが良いです。

シンプルな方が継続がしやすいですし、色々とルールを作ると最初はいいですが、徐々に面倒になってきます。

  • 日付→一行目
  • 本文→二行目以降

これだけでもいいかもしれません。

あくまで僕の場合は曜日も書きたいので書いていますが、「自分はいらないなぁ〜」と思うなら入れなくていいですし、気張って最初から本文をたくさん書く必要もありません。
ちなみに、4年前に僕が書き始めた頃は、1日3行からスタートしました。

自由とシンプル、これだけで充分です。

「いや、俺は複雑にやるぜ!」というなら、それはそれでOKです。

日記の書き方は、つねに変化させていく

変化を受け入れながら、長く書き続けられればいいですね。

書き方を統一しなくていい

書き方を統一せずに、つねに変化させて問題ありません。

先程、「自由でいい」とお伝えしたように、そこにヘンテコなルールはありません。

「昨日は3行しか書かなかったけど、今日は気付けば1ページになってしまった!」でもいいですし、「しばらく丁寧に書いていたけど、今日は疲れて雑になってしまった……」でもいいです。

実は、そのような出来事自体が記録であり、日記の醍醐味になります。
これは余談ですが、そのあたりの細やかな自身の変化があらわれやすいので、僕はノートに手書きで日記を書き続けています。

ちなみに、英語で日記を書いたりしたこともありましたが、今は日本語に戻しました。

これも、つねに変化さていくの一例です。

日記は書き方を統一せずにつねに変化させて問題ない、ということは覚えておいてください。

変化を否定するとつまらなくなる

これはたぶん日記に限らずですが、変化することを完全に否定してしまうと、だんだんつまらなくなります。

別に日記を書くことを誰かから強制されたわけでもないのに、知らず知らずのうちに義務になってしまうからですね。

先程の話で言えば、「英語で日記を書いてみよう」と思ったときに、変化を受け入れてトライしなければつまらなかったでしょうし、また、「あ、やっぱり英語で日記はつらいぞ……」となったときに変化を受け入れず日本語に戻さなかったら、もっと苦痛でつまらなくなってしまったかもしれません。

日記は書き続けることで、様々な学びがあるものです。

変化することを完全に否定してしまうとつまらなくなってしまうので、その時々で柔軟に変化しながら日記ライフを楽しんでください。

本記事は以上です。

※ブログとは別にTwitterも更新していますので、時々チェックしていただけるとうれしいです😌

Twitter》杉本達哉 Tatsuya Sugimoto