LIFE

【世界1500万部以上】「人を動かす」の要約&レビュー【古典的名著】

表紙①「人を動かす」

こんにちは、Tatsuyaです。
今回は書籍「人を動かす」をご紹介します。

まずは基本情報から↓

  • タイトル:人を動かす
  • 著者:D・カーネギー
  • 定価:本体650円+税
  • 発行所:創元社

もしかすると、「この本、書店で見かけたことあるよ」という方も多いのではないでしょうか?

深いグリーンの表紙で、結構目立ちます。

本書は、日本だけで500万部を突破しており、世界で1500万部以上売れています。まさに「古典的名著」と呼ぶにふさわしい一冊。

初版が出たのは、1936年。
本記事を書いてるのが2022年なので、ざっと86年が経過しています。

今回この記事では、「実際、どんな本なの?」を簡単に解説します。

僕の感想も書くので、なんとなく雰囲気を掴んでいただければ嬉しいです。

現代を生きるすべての人に読んでほしい一冊なので、ぜひラストまでお付き合いくださいませ。

created by Rinker
¥715 (2022/08/18 06:08:20時点 Amazon調べ-詳細)

【世界1500万部以上】「人を動かす」の要約&レビュー【古典的名著】

表紙②「人を動かす」

もくじから見る、この本の全体像

この本の大まかな流れは、以下のようになっています。

  • 人を動かす三原則
  • 人に好かれる六原則
  • 人を説得する十二原則
  • 人を変える九原則

これだけを見ると「よくある自己啓発本なんじゃないの?」と思う人もいると思います。

特に本のタイトルが「人を動かす」なので、「裏から密かに操る」みたいなイメージを持つかもしれません。

でも、実際は少し違います。

英語のタイトルは「How to Win Friends and Influence People」となっており、翻訳すると「仲間を得て、人々に影響を与える方法」となります。

ちょっとイメージが変わりませんか?

最大の特徴は、偉人や有名人たちのエピソードから学べる

この本の最大の特徴は、過去の偉人や有名人、一般人まで、多くの人達の人生から学べるという点です。

彼らのエピソードがたくさん紹介される。

著者D・カーネギーの意見や経験だけじゃないんですね。

つまり実際のエピソードを通して、「僕たちはどのように行動すべきか?」を考えることができます。

「〇〇しなさい!」って上から目線で言われたら、ちょっぴり反抗したくなりませんか? 僕だったらなります。

でも、本書は違うんですよ。
押し付けてこない。

そのかわり、過去のエピソードをたくさん教えてもらえる。その中から僕らが自分で学んでいくスタイルの本になっています。

印象的なリンカーンのエピソードをご紹介

僕が最も印象に残ったエピソードを1つだけ紹介しておきます。

1863年。
当時、アメリカ大統領だったリンカーンは、とある将軍に怒っていました。

怒ってる理由は、その将軍がリンカーンの命令を無視した結果、戦争終結のチャンスを逃したから。

で、リンカーンは、その将軍に対して一通の怒りのこもった手紙を書いた。

手紙の内容は、本の中で紹介されているので詳細は読んでいただくとして、結構キツめの内容です。

怒りの手紙…
あなたは読みたいですか?
僕ならイヤです。

じきじきに大統領から怒りの手紙を受け取った将軍は、どう思ったでしょうか?

少しだけ考えてみてください。

実はですね、、、

将軍はこの手紙を読むことはなかったんです。

なぜか?

リンカーンが投函しなかったから。

怒りで書かれた手紙は、リンカーンの死後、書類の間から出てきたそうです。

つまり、リンカーンは出さなかった。

手紙を出せば怒りの気持ちは収まったかもしれない。でも、それを受け取る将軍はどうだろうか? 怒りの手紙を読んで、果たして前向きになれるだろうか。これからの活躍に活かせるだろうか。

きっと、このあたりのことを考えて投函しなかったのでは? と考えられています。

本書では、こういったエピソードがたくさん紹介されています。僕はこの話、好きですね。

ページには、文字がギッシリ

この本は、俗に言う「古典」です。
とてつもない価値を秘めた古典。

ただし、普段から読書習慣がない人は、読むのがラクではないかもしれません。なぜなら、結構ページに文字がぎっしり詰まってるんですよね。

現代の余白が多い本とは違います。結構ぎっしりです。見ますか?

ページを開くと、こんな感じ。

「人を動かす」のページ内

先程紹介した、リンカーン大統領のエピソードが書かれているページです

普段から本を読んでる人にとっては余裕だと思いますが、慣れてない人には少し大変かもしれません。

とはいえ、売れた冊数を見れば価値は一目瞭然。加えて、初版から80年以上もの時間経過に耐え、今なお読み継がれている。

なかなかなくないですか?
500万部越えなんて。

なので、ぜひ頑張って挑戦してみてほしいですね。

この本は、何度も味わうことで、贅沢な学びが得られるはず。仲間を作り、影響力を持ちたい人はもちろんのこと、僕は「人生に悩んでる人」こそ読んでほしい。

読んで後悔はしないと思いますよ。

まとめ:「人を動かす」は、現代人の指針になる

表紙①「人を動かす」

今回は、書籍「人を動かす」を紹介しました。

80年以上におよぶ時間経過を乗り越え、今なお世界中で読み継がれている一冊。

古典的名著であり、現代人にとって人生の助けになることは間違いなしです。

偉人たちの厚みのあるエピソードを大量に浴びてください。そして吸収してください。

本書の内容を実践することで、きっとあなたの周りにも仲間が増え、良い影響力が伝わっていくはず。

今すぐ買って、読んでみてくださいね↓↓

created by Rinker
¥715 (2022/08/18 06:08:20時点 Amazon調べ-詳細)
  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-LIFE
-