LIFE

【世界で1500万部以上売れた】「人を動かす」の要約&レビュー

2022年7月30日

表紙①「人を動かす」

こんにちは、Tatsuyaです。
今回は、古典的名著「人を動かす」をご紹介します。

もしかすると、「書店で見かけたことあるよ」という方も多いのではないでしょうか。深いグリーンの表紙なので、けっこう目立ちます。

今回この記事では、「人を動かすって、どんな本なの?」を簡単にまとめます。

現代を生きる全ての人に読んでほしい1冊なので、ぜひ最後までお付き合いください。

【世界で1500万部以上売れた】「人を動かす」の要約&レビュー

まずは、基本情報からご紹介します。

基本情報

  • タイトル:人を動かす
  • 著者:D・カーネギー
  • 定価:本体650円+税
  • 発行所:創元社

本書は、日本だけで500万部を突破しており、世界で1500万部以上売れています。初版が出たのは、1936年。このブログ記事を書いてるのが2022年なので、ざっと86年が経過しています。

長年の時間経過にも耐え抜いている、まさに「古典的名著」と呼ぶにふさわしい1冊ですね。

もくじから見る、この本の全体像

本書の大まかな流れは、以下のとおり。

  • 人を動かす三原則
  • 人に好かれる六原則
  • 人を説得する十二原則
  • 人を変える九原則

これだけを見ると「よくある自己啓発本なんじゃないの?」と感じる方もいらっしゃると思います。特に、本のタイトルが「人を動かす」なので、「裏からひそかに操る」みたいなイメージを持つかもしれません。

でも、実際は違います。

英語のタイトルは「How to Win Friends and Influence People」であり、翻訳すると「仲間を得て、人々に影響を与える方法」といった意味になります。

人を操る裏技的な内容が書かれているわけではなく、もっと王道の原則が記された1冊。僕らはどうやって生きていくべきか、そして、人間心理とはどういったものか。こういった、壮大なテーマで書かれています。

最大の特徴は、偉人や有名人たちのエピソードから学べる

この本の最大の特徴は、過去の偉人や有名人、一般人まで、数多くの人達のエピソードから教訓を学べるという点です。

本当にたくさんのエピソードが紹介されます。1つずつは短く読みやすい上に、学びも豊富。著者D・カーネギーの意見や経験だけが書かれているわけではなく、多くの人達のエピソードから成り立っているわけですね。

つまり、実際のエピソードを通して、「僕たちはどのように行動すべきか?」を考えることができる。「〇〇しなさい!」って上から命令されたら、反抗したくなりますよね?

しかし、本書は違うんですよ。意見を押し付けてこない。

そのかわり、過去のエピソードをたくさん教えてもらえる。その中から、自分自身で学んでいくスタイルの本になっています。どのようなエピソードが書かれているか。特に、僕が印象に残っている2つをピックアップして簡単にご紹介します。

エピソード①:リンカーン大統領が書いた、怒りの手紙のゆくえ

僕が最も印象に残ったエピソードから。

1863年。
当時、アメリカ大統領だったリンカーンは、とある将軍に怒っていました。

怒っている理由は、将軍がリンカーンの命令を無視した結果、戦争終結のチャンスを逃したから。リンカーンは、将軍に対して怒りのこもった手紙を書きました。けっこうキツい内容です。

怒りの手紙。
あなたは、読みたいですか?
僕ならイヤです。

じきじきに大統領から怒りの手紙を受け取った将軍は、どのように感じたでしょうか?

少しだけ考えてみてください。

実は、
将軍はリンカーン大統領の手紙を読むことはなかったんです。

なぜか?

リンカーンが手紙を投函しなかったから。

怒りに任せて書かれた手紙は、リンカーンの死後、書類の間から出てきたそうです。そう、つまり、リンカーンは手紙を書いたけど出さなかった。

手紙を出せば、その瞬間怒りの気持ちは収まったかもしれません。しかし、その手紙を受け取る将軍はどうだろうか? 大統領からの怒りの文章を読んで、果たして前向きになれるだろうか。これからの活躍、これからの人生に活かせるだろうか。

きっとリンカーンは、このあたりのことを考えて投函しなかったのでは? と考えられています。

本書では、こういったエピソードがたくさん紹介されています。僕はこの話が、なんだか印象に残っています。

エピソード②:返事をくれと書かずに、返事を出させる方法

続いては、鉄鋼王アンドリュー・カーネギーにまつわるお話。

カーネギーの義妹は、大学に通っている2人の息子に悩んでいました。なぜなら、家には手紙をよこさず、いくら母親が出しても返事がこないから。

そこでカーネギーは、甥の2人に手紙を書いて、返事をくれと書かずに返事を出させることができるかどうか、百ドルの賭けをしようと言い出したのです。その賭けに応じる者がいたので、カーネギーは甥の2人に手紙を書きました。とりとめもない内容を書いた手紙を。

その結果、甥たちからはすぐに返事がきたそうです。

なぜだかわかりますか?

僕はこの理由を知った時、「なるほどなぁ」と感心しました。詳しくは、本書を買ってお確かめください。52ページに、その答えが書かれています。

本書のデメリットとは?

立て続けに2つのエピソードを紹介したところで、興味を持ち始めた方も多いのではないでしょうか?

ここで1つ、本書のデメリットになり得る要素についてもお伝えしておきましょう。特に問題ない方も多いと思いますが、中にはデメリットとして受け取る方がいるかもしれませんから、念のため。

この本は、俗に言う「古典」です。とてつもない価値を秘めた古典。

ただし、普段から読書の習慣がない方は、少しばかり読むのに苦労するかもしれません。なぜなら、けっこうページに文字がぎっしり詰まっているから。

現代の余白が多い本とは違って、文字がぎっしりめ。ページを開くと、こんな感じです。

「人を動かす」のページ内

先程紹介した、リンカーン大統領のエピソードが書かれているページです。

普段から本を読んでいる方にとっては問題ないと思いますが、読み慣れていない方には、少し大変かもしれません。これは、デメリットになり得る要素だと思ったので、忘れないうちにお伝えしておきました。

とはいえ、これまでに売れた部数を見れば、本書の価値は一目瞭然です。もちろん部数の多さだけではなく、初版から80年以上もの時間経過に耐え、今なお読み継がれているという事実も忘れてはいけません。半世紀以上も前から現代まで読み続けられ、愛され続けているというのは、それ相応の理由があるものです。

500万部越えなんて、普通はなかなかありませんよね? なので、読書習慣がない方も、ぜひ頑張って読んでみてほしいです。

ブロガーが本書を読むべき理由

ブログを書いている方は、必ず本書を読んでおくべきだと思います。

なぜなら、人間心理に関する深い考察が書かれているから。学ぶべきことが多く、おまけに普遍的な内容なので現代でも役立ちます。というか、きっとこの先もずっと、古びない内容かなと。

ブログを書くなら、読者の心を動かすことが求められます。あなたのブログを読んだ読者が行動を起こし、それによってあなたは利益を得るわけですから。もちろん本書は、ブロガー向けに書かれたものではありません。書かれた当時に、ブログなんてものは存在していませんからね。

しかし、人間心理に基づいた多くのエピソードは、間違いなくブログにも活かせます。

例えば、先程のリンカーン大統領のエピソードはどうでしょうか? 

怒りの手紙を書いたものの、思い直して出すのをやめてしまい込んだ。それはつまり、「目先の感情に惑わされると、長い目でみると誰も幸せにならない」と言えるかもしれません。ブログだって同じですよね。目先に利益だけを追って、無理に商品を売っても誰も幸せになりません。こんなふうに、自分の立場に置き換えたときに、学べることがたくさんあります。

手紙の返事をくれと書かずに、返事を出させたカーネギーの話もブログに役立ちます。実は、このエピソードが紹介される前に、こんな一文が書かれています。以下、51ページより引用します。

彼は、若い頃すでに、人を動かすには、相手の望む事柄を考えて話すより他に方法はないと悟っていた。
引用元:人を動かす

これもまさに、ブログに活かせる考え方ですよね。

ここで本書の内容全てを紹介することはできませんが、こういった普遍的な人間心理が数多く書かれています。ブログと人間心理は密接に結びついているので、これからブログを頑張る方は、ぜひ読んでおきましょう。

まとめ:名著「人を動かす」は、現代人の指針になる

今回は、書籍「人を動かす」をご紹介しました。

いかがでしたか?

移り変わりが激しく、目先の出来事に意識が向きがちな現代だからこそ、本書はあなたの人生に役立つ1冊になると思います。

内容を学び、実践することで、きっとあなたの周りにも仲間が増え、良い影響力が伝わっていくはず。この本は、繰り返し何度も味わえます。むしろ、読めば読むほど贅沢な学びが得られる。そんな至極の1冊です。

いろんな本を買い漁って中途半端になるぐらいなら、まずはこの本から読みましょう。本質に根ざした本を読むことで、結果的にお金と時間の節約にもなります。

ちなみに、2022年11月18日時点のAmazonカスタマーレビューは、以下のとおりです。

「人を動かす」Amazonカスタマーレビュー

たったの「650円+税」だけでこんなにも素晴らしい本を読むことができます。

深みある、贅沢な読書時間を過ごしてみてはいかがですか? この機会にぜひ、あなたも本書を手にとって読んでみてください。

created by Rinker
¥715 (2022/12/01 05:24:46時点 Amazon調べ-詳細)
  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-LIFE
-,