フリーターでも一人暮らしはできる?【シンプルな生活なら可能です】

「フリーターでも一人暮らしはできる?」

「フリーターで一人暮らしをする時の、メリットとデメリットを知りたい」

という方に向けて、記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

・フリーターでも一人暮らしはできる?
・フリーターで一人暮らしをするメリット・デメリット

こんにちは、杉本です。

今現在フリーターで、約2年半ほど一人暮らしをしています。

「一人暮らしをしたいけど今はフリーターだし、、、お金のこととかを考えると出来るかどうか不安だなぁ、、、」という方も多いのではないでしょうか?

今回、僕自身の経験を通して感じたこと、学んだことをシェアさせていただきます。

参考にしてみてください。

フリーターでも一人暮らしはできる?

結論、出来ますが、いくつかおさえておくべきポイントがあるので解説します。

コスト(固定費/生活費)を抑える

まず、なるべくコスト(固定費/生活費)を抑えることが大切です。

コストを無視すると、毎月の支払いに圧迫されます。

例えば、一番わかりやすいのが家賃ですね!

一人暮らしにはワクワク感があるので、次々と理想の自宅イメージが湧くとは思いますが、「貯金にかなり余裕があるんだよ〜」とかでない限り家賃を上げると苦しくなります。

フリーターとしての給料を把握し、無理のない範囲での生活をすべきです。

僕自身、先日まで住んでいた東京のアパートの家賃は4万円代でしたし、今の自宅も5万円代です。
それでも、「今月はなかなか厳しいなぁ、、、」なんてこともあります。

もちろん、他にもかかるコストは色々ありますが、まずは家賃ですね。

とはいえ、あまり安すぎると構造上の問題があるかもしれませんし、虫が出たりと大変な思いをするかもなので、自分なりの線引きが必要です。
あと、きちんと耐震化されているかどうかなど、このあたりも確認しておいた方がいいかもしれません。

その上で、コストを抑えましょう。

メインの食事は自炊がベスト!

続いて食事についてですが、メインの食事は自炊がベストです。

外食ばかりだとどうしても栄養が偏りがちになりますが、自炊だとヘルシーに食べれたり、節約にもなります。

僕自身、東京に住んでいた約2年間はリアルに毎日外食で、それもほとんど同じようなものばかり食べていました。

ラクだし美味しいからですね。

しかし、今現在は半年ほど、ほぼ自炊をしています。
スーパーに足を運ぶと自然と野菜が目に入ったりするので、知らない間に栄養のことを気にし始めたりします。

どちらも一長一短ありますが、個人的には自炊派ですし、自炊をオススメします。

健康面と節約。
この2つはフリーターで一人暮らしをする上でとても大事なことです。

「自炊の時間なんて取れないよ〜」という方もいるかもですが、別に手の込んだ料理を作る必要はないので、個人的には自炊に挑戦してみることをオススメします。

慣れるとサクッ!と短時間で作れるようになりますよ。

ルーティンを作ることで規則正しい生活をする

生活の中にルーティンを作ることで、規則正しい生活を心がける方がいいです。

一人暮らしはダレようと思えばどこまでもダラダラできます。

おまけに、正社員と比べると仕事の時間が短い人が多いでしょうし、自宅で過ごす時間が増えると思うので特に注意が必要です。

ルーティンの内容は別に何でもOKです。
あくまで、完全にダラダラしてしまわないための予防線のようなものなので。

最近の僕は、毎朝なるべく早起きをして、軽く筋トレをしたり、ストレッチをしたりしています。

まぁ、とはいえ、せっかくの一人暮らしなのでたまには羽目を外したいこともあるでしょうし、それ自体は僕も賛成なのですが、一人暮らしで完全にダラけてしまうと自由な分、歯止めがきかなくなったり、生活を立て直したりするのに時間がかかるので、簡単なものでもいいのでルーティンを作っておくことを考えてみてください。

楽しむことも大事ですが、長く楽しむためにもなるべく規則正しい生活を意識した方がいいと思いますよ。

フリーターで一人暮らしをするメリット・デメリット

簡単に解説します。

フリーターで一人暮らしをするメリット

先程、最初に書いたようにコストには気をつけることが前提ではありますが、住む場所や、毎日の食事、ライフスタイルなど、全て自分で決めることが出来るのは、一人暮らしの醍醐味であり、メリットです。

自分だけの自由な生活ですね。
僕も楽しんでいます(^^)

知らない土地に住むことで自分の世界観が広がったり、愛着が湧いたり、、、

人生は一回きりなので、どうせなら楽しめた方がいいですよね?

フリーターの場合、正社員と比べると自由度は高いはずなので、だからこそ、一人暮らしの楽しさがさらに広がったりするわけですね!

もちろん、自由であるということは自分にも責任が生まれるので、自立心が育まれたりもします。

健康面や生活費の管理などもそうですね。

あとは、家族や友達、地元の大切さなどを改めて実感したり、、、離れてみて気づくことがたくさんありました。

挙げ始めるとキリがありませんが、メリットはたくさんあります。

フリーターで一人暮らしをするデメリット

何かひとつデメリットを挙げるとすると、やっぱりお金がかかることです。

実家暮らしであればかからないお金でもあるので、この点はデメリットと言えばデメリットだと思います。

家賃、光熱費、食費、その他の固定費などが毎月かかります。

「いやいや、そんなのわかってるよ!」と思うかもですが、実際に一人暮らしをしてみると「大変だなぁ」と思います。

少なくとも僕は思いました!

もちろんそれ自体、自分の経験にもなりますし、そこから学ぶことはたくさんありますが、とはいえ、実家で暮らしながらそのお金を別のこと(たとえば自分の学び)などに使えていたと考えると、デメリットでもありますね。

この部分は、それぞれの人の価値観によると思いますが、、、

お金がかかること。

これはメリットでもあり、デメリットでもある、、、きっとそういうことだと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

本記事は以上です。

》》杉本達哉のTwitterはこちら