【発見】やることを絞ることの重要性について【中途半端からの脱却】

「色んなことに挑戦しているけど、なんだかんだ忙しくて、どれも中途半端になっている」

「やることを絞るのって不安もあるし、、、でもメリットもあったりするのかな?」

という方に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

  • やることを絞ることの重要性について
  • やることを絞ることのメリットを解説

こんにちは、杉本です。

日々やるべきことを絞り始めました。
おかげで集中力が高まり、精神的にも充実感があります。

出来ることが増えた世の中だからこそ、色々なことに手を出しては、「うぅ、しんどい、、、」となったりしますよね?

僕自身、どちらかと言えば、そういうタイプでした。

やることを絞る。

本記事では、このシンプルですが難しいテーマについて解説します。

「最近、なんだか中途半端になってるなぁ、、、」という方は、よければ参考にしてください。

やることを絞ることの重要性について

やることを絞る。
このテーマを深掘りします。

多くのことは同時に出来ない

まず、多くのことを同時に行うことは出来ないと考えた方がいいと思います。
やることが多いほど、時間も労力もかかるからですね。

ようするに、「あれもやろう、これもやろう」というマルチタスク状態。

そうなると、どれも中途半端になる可能性が高いです。
実際、僕自身もなりました。

もちろん中には例外もありますし、能力が高いスーパーマンみたいな人もいますが、「自分はどうだろうか?」と客観的に見た方がいいかもしれません。

あと、短期間であればマルチタスクも出来るかもですが、長い期間、継続的に行うのは難しいと思います。

多くのことを同時には出来ません。

自分の能力を見誤る

とはいえ、「じゃあ、どうして人は多くのことをやろうとするのか?」と言えば、自分の能力を見誤っているからだと思います。

ようするに自分への期待が大きく、過大評価しているわけですね。
僕自身がそうでした。

「なんだか、出来そうだ!」という根拠なき自信です。

根拠のない自信は、物事にトライしていく上で重要な要素ではありますが、それだけに頼りすぎても失敗します。

計画を立てるけど、その通りにいかないパターンがまさにそれで、自分の能力を見誤っているわけです。

自分の能力を見誤る。

やることを絞ることで、この状況から抜け出すキッカケになります。

結果が出ないと、ツラくなってくる

結論、やることは絞った方がいいです。

時間と労力が分散すると結果が出にくく、ツラくなってきます、、、

先程も述べたとおり、僕自身、色んなことに手をつけては、中途半端になっていました。
結果もからきしでした、、、

なので、最近はやることを絞っています。

  • ブログ執筆
  • 英語の勉強
  • 脚本の執筆

メインどころはこんな感じ。

土台さえきちんと固まれば、他のことにもつながって横展開できるはずなので、まずはやることを絞り、結果を出しにいくのもいいかもです。

結果が全てではないですが、とはいえ、前進している感がないとツラくなるのは事実です。

結論、現状に不満があるなら、やることを絞った方がいいです。

やることを絞ることのメリットを解説

自分の経験を通じて感じたメリットを解説します。

メリット1:迷わなくなる

シンプルにあまり迷わなくなります。

自分が取り組むべき選択肢(範囲)を限定しているからです。

例えば、AとBの選択肢しかないのに、「どれをやろう、、、」と、ずっと悩んだりしないですよね?

  • AをやってB
  • BをやってA

基本的にこのどちらかでしょう。
もしこれが、選択肢が「A〜Z」まであれば、確実に迷いまくると思います。

あと、絞りこんだものはきちんとやる必要があるので、自然と集中力が高まったりします。

迷わなくなる。

これが1つ目のメリットです。

メリット2:目標を達成しやすい

やることを絞ることで目標を達成しやすくなります。

そもそも数が少ないからですね。

一般的には、10個の物事全てを達成するより、3個達成する方がラクですよね?

1つにかける時間と質が変わるので、当然といえば当然です。

時間と労力の分散を防ぐことができますし、あれやこれやと気が散らなくなるので、結果的に目標を達成しやすくなります。

メリット3:良いサイクルが生まれる

3つ目のメリットとしては、良いサイクルが生まれます。

やることを絞ることで目標を達成できる可能性が高まり、小さな成功体験で自信がつくからですね。

僕自身、元々はこのブログで「日記」と「記事」の両方を書いていましたが、最近は「記事」にフォーカスをしています。

ようするに、やることを絞りました。

絞ったことで、「今日はどっちから書こうかなぁ、、、でも、しんどいなぁ、、、」と感じていた迷いはなくなり、自分で決めた目標を達成でき、少しずつ収益がではじめました。
結果が出ることで、気分がよくなるので、「よし、また頑張ろう」となります。

つまり、やることを絞ったおかげで良いサイクルが生まれているわけです。

推薦図書:エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

「頭ではわかっているけど、でも、やることを絞るって不安だなぁ、、、」という方は、以下の書籍を読んでみてもいいかもです。

著名な方々が読んでいることを知って、僕も興味本位で読んでみました。

最近、読んだ本の中で一番よかったです。

》エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする