BLOG

【初心者向け】見やすいブログの作り方【デザイン編+書き方編】

「見やすいブログにしたいです。具体的に、何をすればいいですか?」

こんな疑問にこたえます。

  • 見やすいブログの作り方【デザイン編】
  • 見やすいブログの作り方【書き方編】

こんにちは、Tatsuyaです。
今回は「見やすいブログ」をテーマに解説します。

記事前半が、ブログのデザイン編で、後半がブログの書き方編になっています。

文章の読みやすさ云々ではなく、あくまで見やすさ(ビジュアル)の観点から初心者向けに解説してみました。

5分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

見やすいブログの作り方【デザイン編】

まずは、見やすいブログのデザインについて解説します。

ブログのベースのデザインを作る

初心者はまず、ブログのベースとなるデザインを作りましょう。

ブログを読んでもらうためには、最低限のデザインを整えることが大切です。
ページを開いたときに、デザインがゴチャゴチャしてると見にくいですよね。

あと、デザインのベースを決めることで、ブログの世界観を出しやすくなる利点もあります。

初心者がやるべきこと

結論、WordPressテーマを導入しましょう。

WordPressテーマとは、ブログのデザインを決めるテンプレだと理解してもらえればOKです。

当ブログは、AFFINGERというテーマ(デザイン)を使っています。

WordPressテーマには、有料のもの、無料のもの、どちらもあるので、自分の好きなデザインを選んでみてください。

見やすいブログを作るためには、Wordpressテーマでデザインを整えることが大切です。

余白をつくる

2つめは、余白をつくることです。

理由は、記事内に余白があることで、見た目の圧迫感が和らぐから。

文字がぎっしり詰まったページって、読む気が失せませんか?
少なくとも、ちょっと「ウッ」ってなりますよね。

もちろん内容が大事ですし、個人の好みもあるとは思いますが、僕自身は文字が詰まったページは親切じゃないと思っているので、なるべく余白をつくるようにしています。

余白をつくる方法は、基本的に改行すればOK。

行間の幅を調整する方法は、使うWordpressテーマによって変わるので、グーグル検索しながら調べてみてください。

ブログは、余白をつくりましょう。
たったそれだけのことで、見やすくなりますよ。

強調したい部分を目立たせる

3つめは、自分が強調したい部分を目立たせること。

ビジュアル的に目立たせることで、読者がパッと見たときに「ここが大事なんだなぁ〜」とわかりやすいですよね。

強調したい部分を目立たせる方法

よく見かけるのは、この4つ。

  • 太字
  • アンダーライン(カラー)
  • ボックス
  • 吹き出し

僕は、太字とボックスを使います。
(ボックスとは、箇条書きの部分を囲っている四角の箱のことです。)

目立たせることで、ブログの見やすさがアップするので、ぜひ試してみましょう。

画像を使う

あと、画像を使うのも見やすさアップに役立ちます。

なぜなら、視覚的にメリハリがつくから。

文字だけが並んだブログより断然読みやすくなりますし、読者がひと息つく休憩ポイントにもなるのでおすすめです。

画像を使うポイント

基本は、下記の3つ。

  • その①:アイキャッチ
  • その②:h2見出しの下
  • その③:画像での説明が必要な場所

アイキャッチとは、各ページの1番上の部分のこと。このページの最初にも画像が入っていたと思います。

あとは、h2見出し(大きい見出し)の下にも入れて、画像を使った説明が必要なときにも入れますね。

画像を使うだけでブログが見やすくなるので、使っていきましょう。

広告の数を限定する

最後5つめは、ちょっとだけ応用なので、初心者の方はサクッと理解してもらえればOKです。

その内容とは、記事内の広告を減らすことで、見やすいブログになるということ。

というのも、ページが広告だらけだと、読むのに気が散るからですね。
あと、シンプルに見にくいです。

ページがスッキリしてる方が、ブログの文章に集中できますよね。

主に、Googleアドセンスという名前の広告が影響します。

たまにページが広告だらけの人がいますが、読みにくいので辞めた方がいいかと思います。

僕も以前は、もくじの上と、ページの最後に広告を入れていましたが、今はもくじ上の広告は外しました。

広告の数を限定することで、見やすいブログになりますよ。

見やすいブログの作り方【書き方編】

後半は、見やすいブログを目指す書き方編です。

結論から書こう

ブログは、結論から書きましょう。

理由はシンプルで、結論から書くと、見やすいから。

書き手のメッセージが最初に伝わるので、わかりやすいですよね。

逆に、結論がわからないままダラダラ文章が始まると、「何を伝えたいんだろう…。」と読み手側のストレスになります。

バシ!っと結論から書くことで、歯切れのいい文章になるので、ブログそのものが見やすくなりますよ。

基本はPREP法で書こう

ブログ初心者は、PREP法で文章を書くのがおすすめです。

要するに、文章の型ですね。

内容も伝わりやすく、文章がダラダラすることもなくなるので、ビジュアル的にも見やすくなります。

  • 結論
  • 理由
  • 具体例
  • 結論

上記の流れで文章を書くのがPREP法です。
より詳しく知りたい人は、ブログの文章の書き方もあわせてご覧ください。

ブログは、結論から書きましょう。

見出しだけで内容がわかるように書く

続いては、見出しです。

ブログは、見出しだけでも全体像がわかるように書くよう心がけましょう。

なぜなら読者は、最初から最後まですべてを熟読しているわけではないからですね。

自分が誰かのブログを読むときをイメージしてもらえればわかりやすいですが、ほぼ確実に読み飛ばしているはず。
完璧に読み込む人は、たぶん少ないですよね。

なので、見出しだけでも内容がわかるように書いておくのが親切です。

もくじがあればGood

さらに言うなら、記事内にもくじをつくるのがおすすめ。

WordPressのプラグイン「able of Contents Plus」を使えば、記事内にもくじをつけられるので、まだ使っていない人は、ぜひやっておきましょう。

過去におすすめのプラグインをまとめたので、興味ある人はチェックしてみてください。
» WordPressのおすすめプラグイン5選

箇条書きを使う

3つめは、箇条書きを使うですね。

箇条書きを使うことで、情報が整理されるので見やすくなります。

例えば、 PREP法は、結論、理由、具体例、結論の順番で文章を書くことです、と伝えるより、

PREP法は、

  • 結論
  • 理由
  • 具体例
  • 結論

の順番で文章を書くことです、と伝える方が、パッと見てわかりやすいですよね。

必要なときに箇条書きを使うことで、ブログの見やすさがアップします。

1つの段落を長くしすぎない

あとは、段落を長くしすぎないこと。

コンパクトな方が、読む負担が小さいからですね。
逆に、長すぎると萎えませんか?

段落が短い方がリズムもよく、パッと見で終わりの部分がわかったりするので、気持ち的にラクです。

どうしても長くなってしまう場合は、書くべき内容がまとまっていないので、注意が必要ですよ。

段落は、短めにしましょう。

まとめ:ビジュアル的に見やすいブログにしよう

今回は「見やすいブログ」をテーマに解説しました。

いくら素晴らしい内容でも、そもそも見にくいと読んでもらえないので、デザインを整えましょう。

余白をつくったり、画像を使ったり、ちょっとしたことで見やすいブログになりますよ。

普段、Twitterでもブログの情報を共有しているので、この記事が少しでも参考になった方は、ぜひお役立てください。

見やすさを追求しつつ、しっかり記事も書いていきましょうね。
記事の書き方は、以下を参考にどうぞ。

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-BLOG
-