日記は時間の無駄なの?に回答【4年半以上書き続けてわかったこと】

「日記って時間の無駄じゃないの? 長く続けている人の意見をきいてみたい」

「実際に、時間の無駄かも…と思った瞬間とかってある?」

という方に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。


  • 日記は時間の無駄なの?に回答【4年半以上書き続けてわかったこと】
  • 「日記って時間の無駄かも、、、」と感じた時のエピソード

こんにちは、杉本です。

日記歴が4年半をこえました。
あと数ヶ月で丸5年です。

これから日記を書き始める方や、まだ書き始めたばかりの方の中には、「日記って時間の無駄になったりしない?」と心配になっている方もいるのではないでしょうか。

たしかに、日記はすぐに何かの役には立たなさそうです。

この記事では、僕のこれまでの日記経験を通して、思うことを解説します。

日記は時間の無駄なの?に回答【4年半以上書き続けてわかったこと】

結論、日記が無駄かどうかは人によります。

「時間の無駄」という考えの出どころを探る

重要なのは、「日記って時間の無駄じゃないの?」と考えるに至ったキッカケです。

キッカケによってきちんと考えるべき場合と、ある程度無視すべき場合に分かれます。

実際に日記をしばらく書いてみた結果、「もしかして時間の無駄かもしれない…」と思うのであれば無駄の可能性があります。

一方、他人から「日記なんて書くだけ時間の無駄だよ!」といったことを言われた結果、「そうなのかな」と迷うような場合は、おそらく無駄ではないので無視した方がいいです。

要するに、キッカケそのものが自分の内側から出てきたものか、あるいは他人によってもたらされたものかによって変わるというわけです。

他人がどうこうではなく、あくまで自分にとって時間の無駄なのかどうかがとても大切です。

重要なのは、「時間の無駄」という考えに至ったキッカケです。

日記を書く動機は?

日記を書く動機を改めて考えてみることもオススメです。

動機によっては、結果的に時間の無駄になることがあります。

僕自身、4年半以上ずっと日記を書き続けてきた経験から思うのは、心から純粋に「日記を書きたい」と思っているかどうかがポイントです。

本当は何か別の目的があって、そのために日記を利用するという考え方では、なかなか難しいこともあるでしょう。

例えば、漠然と「何かを継続したい」という考えであったり、「文章を書く練習をしたい」といった動機。

もちろん、これらの動機が全てダメな訳ではありませんが、日記は長い期間(もしかすると一生)をかけて書くものなので、純粋な動機がないと、途中で、「別にこれって日記じゃなくてもよくない?」という考えに至る可能性が高いです。

書く動機によっては、「時間の無駄だった…」という状況に陥ることがある。

このことは覚えておいて損はなさそうです。

価値観は常に変化する

ここまで2つ解説してきましたが、とはいえ、価値観は常に変化するものです。

生きていれば変化はつきもの。

「日記なんて時間の無駄だ!」と思っていても、しばらく書き続けているうちに自分にとって重要な意味を持つかもしれませんし、逆に「日記って最高!」なんて思っていても、何年も書くうちに「あれ…やっぱり時間の無駄かも」と思う可能性もあります。

100%、確実なことは今の段階ではわかりませんし、おそらく永遠にわかりません。

当たり前のことですが、僕らはついつい唯一無二の答えを探しがちなので、「時間の無駄かどうか」という価値観は常に変化する可能性があると覚えておいてください。

「日記って時間の無駄かも、、、」と感じた時のエピソード

ここでは2つ紹介しますが、実際に僕が感じたのは後半の方です。

日記を書き始めたばかりのころ

特に日記を書き始めたばかりの人は、「時間の無駄かも…」と感じることがあるはずです。

日記を書く日々を頭の中でイメージしているだけの時と、行動を開始した時ではズレが生じることが原因。

そもそも書き始めたばかりのころは、継続グセもついていませんし、何事も慣れるまでには時間がかかります。

それは、日記も同じです。

たとえ数分程度であっても毎日のこととなると書く時間を捻出するのも大変ですし、書くという行為そのものも想像しているより労力がかかります。

書き始めたばかりのころは特に「時間の無駄かも」と感じやすいことは認識しておきましょう。

人生の無駄を省きたくなるとき

大人になり、仕事や家庭と忙しく時間がなくなってきたタイミングにおいて、日記は「時間の無駄」という位置付けになる可能性があります。

日記を書くことで実利を得ることは難しく、加えて、人は日常生活に関係する具体的な利益や、メリットの方を優先しがちです。

特に時間が限られ、生活の断捨離、あるいは時間の使い方を見直す時は尚更でしょう。

僕自身、今でも日記を書くために毎日時間を費やしていますが、このブログを書き始めた頃に一瞬「日記って時間の無駄かも?」という考えが頭をよぎりました。

日記は収益になりませんが、ブログは収益になるからです。

要するに、実利の無有です。

幸いにも僕には純粋な動機があったので日記を辞めることはありませんでしたが、何年も書いていてもふとそんな考えが頭を掠めることがあるということは覚えておいてください。

本記事は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。