日記「その瞬間の僕は、きっと今より10歳ほどは老けていたに違いない」

アイキャッチ画像

いつもと変わらぬ日曜日を過ごしている。

午前中からブログ記事を1本書き、午後はNoteを1本。昨日、ブログ記事をサボったので、この後、もう1本書こうかなと思っているものの、まずはひと休み。その間にこの日記を書いている。

昨夜、遅い時間に地震が起きた。たしか、24時半過ぎだったと記憶している。キッチンに立った瞬間、マンションが音を立てて揺れた。数分後に速報が出て、震度3〜4とのこと。感覚的にはもう少し大きいような気がした。今回は緊急地震速報は流れなかった。流れる時と流れない時、何か基準はあるのだろうか? もしかすると余震があるかもしれない。くれぐれも皆さんお気をつけいただきたい。

先程、夕食の買い出しを兼ねて、散歩に出かけた。ずっと家にいても身体がなまるし、30をこえてるので適度な運動は必要。歩くとストレス解消にもなるし、頭の中も整理される。途中、喉が乾いたので、自動販売機で缶コーヒーを買おうと100円を入れるも、そのまま自販機に吸収された。ボタンは点灯せず、返却レバーを何度も上下させるも無反応。

・・・ウソでしょ? 

5分ほど自販機と格闘するも、最終的には諦めた。完全にやられた。冒頭の写真は100円が吸収され、諦めた直後に撮影した写真である。どこか哀愁が漂ってる気がするのは僕だけだろうか? 散歩で思考を整理するつもりが、家までの間、ずっと自販機に吸収された事実が頭から離れず、おまけにこうして日記にも書く始末。メチャクチャひきずってるではないか! 100円ぐらいで小さい男だなとは思うが、せめてボタンの点灯ぐらいはしてほしかった。

こうなりゃ、久々にふざけた自撮りでもかまして日記に載せようかと思い、部屋で試し撮りをするも、途中で何だか強烈に虚しくなって辞めた。30オーバーの男がひとり、切ない時間である。その瞬間の僕は、きっと今より10歳ほどは老けていたに違いない。人生ってのはつくづく難しい。

April 12,2020
I lost 100 yen.