ブログを書いていて、懐かしい友人と再会したように感じる瞬間について

ブログ本文の一番最後の部分に『関連投稿』なる項目を作っている。

関連投稿。

その名の通り、本文に関連した過去のブログを表示させてくれる機能で、僕も時々、自分が書いたブログをチェックするタイミングで気になるものがあれば合わせて読むこともある。

こうして毎日ブログを書いていると、自然と分量が溜まっていくので、関連投稿のタイトルをパッと見ただけでは内容が思い出せないものも多い。

読み返すと、「あ、こんなの書いたねぇ〜」と思い出すパターンだ。

読み返す時は、タイムカプセルを掘りおこしているような感覚に近くて、また、偶然に懐かしい友人と再会したような、そんな感じにも似ている。

過去のブログは一つも消すことなくずーっと残してきているので、読み返せば当時の記憶や主張、意見を思い出すことができるけれど、もしも消してしまっていたら永遠に忘れていたであろうことも結構多い。

読み返すことで自分の変化を感じることもあるし、逆に「全然、変わってないなぁ」と思うこともある。

半年前に書いたもの、1年前に書いたもの、あるいはもっと前に書いたものが、ある一定の類似性を考慮した上でランダムに表示される仕組みになっているので、関連投稿を開くと、時間軸上の様々な地点(過去)に飛ぶことができる。

『過去を振り返ること』が、人生のテーマである僕にとっては、まさにうってつけの機能なのだ。

もうすぐで、ブログを書き始めてから2年になるけれど、長く書き続ければ書き続けるほど、過去のブログが溜まっていくので、結果的に『関連投稿』が充実することになる。

その方が、より自分自身の変化を辿ることもできるし、なかなか素敵だ。

20年前のブログ
10年前のブログ
5年前のブログ
1年前のブログ

こんな感じで、色んな時代のブログが並べばいい。

そのためには書き続けなくてはいけないし、先のことはどうなるかわからないけれど、もしもそんな日が来ればいいなぁ〜、なんて勝手に思っている。

関連投稿は、僕の毎日のちょっとした楽しみ。

完全なる自己満の世界だ。

案外、悪くない。