未来予測できなかった雨の夜、地元の元同僚と近況報告

文章を書く人間の一人として、なるべく感性は研ぎ澄ませていたい。

そう思っているけど、日常に埋もれ、時に疎かになることもある。

だからまた、noteを書き始めたのかもしれない。

昨日は雨が降ってた。

研修中は9時〜18時だった勤務が、実稼働に入ったことで昨日は14時〜23時。

途中、外に出るとすでに辺りは暗くて、おまけに雨も相まって、なんだか新鮮な感じ。

久しぶりに地元大阪の昔の同僚と連絡を取り合った。

去年、帰省のタイミングが合わず、飲み会ができなかったこともあるし、今回のコロナの件も心配だった。

元気そうでよかった。

時間の経過とともに色々と状況は変わるよなぁ、なんて、そんな当たり前のことを改めて。

つくづく未来予測はできない。

20代。

舞台の台本がどうしても書けなくて、連日徹夜して居座った西新宿5丁目のマクドナルドのすぐ近くで、パンを頬張りながらそんなことを考える日が来るなんて、当時の僕には全く予想できなかった。

数年後もきっと同じで、予測はできない。

したとしても、多分外れる。

素敵な日々であればいいな、なんて思いつつ。

▼今日のnote▼