日記「この日記は気楽なパンイチイメージで」

アイキャッチ

仕事帰り、スマホに書き殴った日記用の文章を全部消した。

駄目だ!

自然と内容が観念的になりすぎる。

もっと具体的に、実生活に根ざしたことを書けよッ! と自分を鼓舞するも、途中で埒があかなくなって、とりあえずオール削除。

一旦リセット、心機一転、ゼロから書き始めた。

ハハハ!

今は帰宅後すぐにパソコンに向かったところ。

スマホで書けなきゃパソコンだ、ということで早々にスマホをベットに放り投げ、瀕死寸前のノートパソコンと向き合っている。

もう10年近く使ってる。

よき相棒だ。

スマホとパソコン、どちらが書きやすいとか書きにくいとかはあまりないが、その時々の気分に左右されることもあるので、その都度、書きたいなぁ、と思う方で書くようにしている。

まあ、どっちでもいい。

最近、日記とは別に「ブログっぽいブログ」を書き始めた。

要するに閲覧数を取りに行く記事で、なおかつ「収益化」が見込まれる記事。

もちろん、だからと言って嘘を書いたりはしない。

そこまでして閲覧数を獲得したいとは思っていないし、収益化するつもりもない。

フェアプレーで戦える分野なら挑戦する。それが大事だ。

毎日書いてる文章だから、どうせなら今後に繋がるにこしたことはない。

正直、この「日記」というカテゴリーを急激に成長させることは困難を極める。

なかなか閲覧数が伸びない。

家族や友人は読んでくれるかもしれないけど、それ以外の人は厳しい。ま、当然だろう、僕なら知らない人の日記は読まない。

芸能人ならまた状況は違うだろうけど、僕は一般人だ。

なかなか、日記だけで勝負するのは厳しい。

ある程度、戦略的になる必要もある、そう思い始め、「ブログっぽいブログ」を書いてみることにした。

続くかどうかは知らんが。

多くの人の目に触れる状況を作って、その中で「あれ? この人、日記も書いてんだ!」となればいいなぁなんて思ってる。

言うのは簡単なんだけどねぇ。。。

何があっても好きなこと(書くこと!)を続けていくために、綺麗事はなるべく排除して、シビアに、でも楽しみながら、続けていける方法を模索しようと思い始めた。

でも、だからこそ、この「日記」に関しては、好きなことを好きなように、なるべく肩の力を抜いて、飾らずに書く。

あまり気合いを入れすぎると疲れるし、窮屈だ。

ストイックな人生も悪くないし、頑張っているときの自分は好きだけれど、それだけが人生じゃないね。

時には呆れるくらいダラダラしてもいいだろうし、損得勘定抜きに、誰かの悩みに徹底的に付き合ってもいい。

要するに、あまり頭でっかちにならず、気楽にやろうぜ、ってな話。

「ブログっぽいブログ」がスーツを着た仕事なら、この日記は自宅でパンイチでヘラヘラくつろいでいるイメージ。

どっちの自分も居ていいね。

March 23,2020
I am starving.