時々、昔のブログを読んでくれている人がいる

昔書いた自分のブログを読むのには、けっこう抵抗がある。

小っ恥ずかしい、なんて表現は何だかオブラートに包みすぎている気がするので、もう少しストレートに表現すると、「なんか気持ち悪いなぁ」と思ってしまう。

たしかに気持ち悪い。

それはきっと素の自分ではなくて、自分ではない何者かになろうと、変に背伸びをしたから。

昔のブログは消してしまってもいいんだけれど、長い期間の変化を残しておきたい気もして、消せずにいる。

たぶんこれから先も消さないんだろうなぁ、なんて漠然と思っている。

時々、昔のブログを読んでくれてる人がいるようなので、今日はその話に触れてみることにした。

何年か経ってから読み返した時、そこに新鮮な発見はあるんだろうか?

まあ、あることを期待したい。