まだ決定打はない

毎日更新中のブログについて考えている。

日によって「ブログ」と表現したり、「日記」と表現したりしていて、そこには何か明確な区分けがあるわけではなくて、僕自身、「これってなんなんだろうか…?」という迷いのようなものが投影されているんだと思っている。

まぁ、オッサンの主張と言えば主張だし、独り言と言えば独り言なのかもしれない。

ブログ…日記…

難しいところだ。

最近、毎日書き続ける意味を自分自身に問うている。

その背後にいるのは、純粋に理由を探そうとする僕ではなくて、辞める理由を探している僕であることをちゃんと自覚している。

理由はいくつか見つかった。

だが、まだ決定打はない。

その決定打を探しながら、気付けば書き続けて数十年経っていた、というのが理想なのかもしれない。

物事は変化するし、僕もこれまで何度も変化する自分の気持ちと対峙してきたので断言はしないが、「何か書くことが見つかった時にだけ更新しよう」という選択肢は今のところ持ち合わせていない。

毎日書くか、辞めるか、この二択。

書くことが手段として機能している間は、この感覚に苛まれ続けるんだろうなと思っていて、いつの日か書くことそのものが目的になれば、また違う世界が見えるんだろう。

それまでに決定打が見つからないことを祈りつつ。