日記の始め方をシンプルに解説します【日記歴4年】

「日記を始めようと思ってるけど、何から始めればいい?具体的な方法を知りたい」

という方に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

・日記の始め方をシンプルに解説
・日記を始めたあとにやるべきこと

こんにちは、杉本です。

僕は、2016年3月から日記を書いているので、日記歴は約4年をこえました。

今回のテーマは、『日記の始め方』について。

日記を書き始めるにあたっての、始め方、やるべきことを自分の経験にもとづいてシェアします。

「日記の始め方?日記帳を買って書くだけじゃないの?」と思うかもしれません。

たしかにその通りなのですが、おそらくこの記事にたどり着いた方は、「まぁ、そのへんを少し詳しく知りたいんだよね〜」という方が多いんじゃないかと思っていますので、あえていくつかの手順にわけて解説します。

内容自体はシンプルなので、なにかしら参考にしていただけるとうれしいです。

日記の始め方をシンプルに解説

手順その1〜手順その4までを解説します。

その1:なぜ日記を書くのか、説明できる?

「なぜ日記を書くのか?」を自分なりに言葉にしてみましょう。

声に出してもいいですし、紙に書いてもいいです。
誰にも聞かせる必要はありません。
自分の中で理由がきちんと明確になっているかが大切です。

この部分が曖昧だと、日記を辞める理由にのまれてしまう可能性があります。

個人的にはシンプルなものであれば、よりOKかなと。

ちなみに、僕が日記を書く理由は、『過ごした日々を忘れてしまうのが嫌だから』というもの。

ね、シンプルでしょ?

「別に、ただなんとなくだから……」という方もいるかもしれませんが、一歩だけ掘り下げて考えてみてください。
先ほど書いたように、誰にも聞かせる必要はありません。

まず、実際に書き始める前に、「なぜ日記を書くのか?」を言葉にしてみましょう。

その2:「日記帳を使うか、ブログを使うか」を決める

日記帳を使って書くのか、あるいはブログを使って書くのか、これを決めましょう。

日記とは長い付き合いになるかもしれないので、個人的には自分が好きな方を選ぶことをオススメします。

最初、僕は日記帳に書き始め、途中からブログでも書くようになりました。

・日記帳→日常的な出来事の記録
・ブログ→主義、主張などを織り交ぜながら

こんな感じです。

よければ、参考にブログのDIARY(日記)をのぞいてみてください。

→杉本のDIARYはコチラ

もちろん、両方書く必要はなくて、どちらか一方で構いません。

まぁ、個人的には手書きの日記がオススメです。

関連記事》》日記は手書きする方が良いと思う理由を説明します【日記歴4年】

日記帳かブログ、どちらに書くのかを決めましょう。

その3:さぁ、実際に準備しよう!

さて、ここからは実際の準備です。

「日記帳を使うぞ!」という人は、日記帳を買いましょう。「自分は家にあるノートを使うんだ」という方は、もちろんそれでもオッケーです。

ちなみに、僕はここ数年、こちらのノートを愛用しています。

》》アピカ プレミアムCD ノート 無地 B5 CDS120W

「ブログを使って書く!」という人は、ブログを立ち上げましょう。

ブログがない人は、まず作る必要があります。

【随時更新予定】(仮)ブログの作り方→別記事にて解説予定

ここまで完了したら、事前準備は終了です。

その4:まずは、記念すべき初日の日記を書こう

では、記念すべき初日の日記を書きましょう。

何を書くのも自由。
心のまま、自分の好きな内容、自分が書きたいことを書きましょう。

日記ライフという名の、冒険の始まりです。

今後、日記を書き続けていく中で、書き方を含めて色々なことが変化してきます。

今日はその第一歩目。
思う存分、堪能してください。

ここまでが、日記の始め方の解説です。

どうですか?
シンプルで簡単だったでしょう?

日記を書き始めたあとにやるべきこと

基本的なことを一つだけ。

とにかく、しばらくは継続しよう

とにかく、書き始めてしばらくの間は継続しましょう。

書き続けていると、仕事が忙しかったり、他に用事があったりで、疲れてしまうこともあります。

そんな時、「やっぱり、辞めようかな……」という瞬間がやってきます。

仕事の帰りが遅くて睡眠不足が続いているときや、家事が忙しくてゆっくりする時間がなかったりするときなど。

「辞めてもいいんじゃないの?」という意見もあるでしょうし、たしかに「絶対、辞めちゃだめ!」ということではありませんが、あくまで僕的には、「もう少し頑張ってみて、それでも辞めようと思うのなら辞めてもいいんじゃない?」というスタンスです。

しばらく時間がたつと、再びやる気がみなぎってくる可能性があるので、「本当に辞めたいのか?あるいは、ただ疲れているだけなのか?」を見極める狙いがあります。

ここは、ある程度継続しないと見えてこない部分でもあるので、とにかく、書き始めてしばらくの間は継続して書きましょう。