どこまでの話をブログに書くか?

ブログについて、一つ思っていることがある。

それは、「本当はもっと“赤裸々に”自分自身を曝け出した方が面白くなるんだろうなぁ」ということで、オッサンの日常生活をツラツラと書いたところで、友人ならまだしも、奇跡的にこのブログに辿り着いてくれた僕のことを知らない人からすると「ハイ、サヨナラ!」と、秒速で読まれもしないわけだから、ある程度キャッチーなタイトルを意識して、「おっ?」と足を止めてもらい、内容に関しても「え、そこまで書いちゃう?」と、それなりに攻めた方がいいのかもしれないなぁ、と悩んでいることもある。

だけど最近は、案外、慎重になっている自分がいる。

変な方向(素の自分じゃない方向)に振り切ってしまうと、その瞬間は友達が面白半分、読んでくれてPVが上がったりすることはあるけど、後々読み返すとイタ〜イ感じに仕上がっていることが多い。

これは、僕がすでに何度も経験している変に背伸びをした典型的なパターンである。

それに対して、「あー、恥ずかしい」と自意識過剰なワケではなくて、将来自分が読み返したときに「なかなかいいこと書いてるやん」と、シンプルに楽しみたい気持ちがある。

そのためには変な小ネタや内輪ネタに走らずに、なるべく素の自分で、普遍的な内容を意識して書く必要があるような気がしている。

まぁ、どこまでの話をブログに書くのかは、なかなか難しい問題なのだ。

ブログではなく、脚本に散りばめるエッセンスとして残しておいた方がいい話(ネタ)もあったりするだろうし、こんなことを言うと元も子もないけど、そもそも書く必要さえない内容だってたくさんある。

自分の中に留めておけばいいじゃないか!ってヤツだ。

今更だけど、毎日書く難しさを痛感してる。

まぁ、試行錯誤しながらその都度考えていくことにする。