「ブログで頑張ってるアピールすんな」

一年前ぐらいだろうか?

友人から言われた言葉で、印象に残っているものがある。

「ブログで頑張ってるアピールすんな」

今、僕がこの言葉の真意をどれほど正確に理解できているのかは正直定かではないが、当時、結構反発した記憶がある。

自分でお金を出して設備を整えたブログに対して、とやかく言われる筋合いはないし、自分が書きたい内容を誰の指図も受けずに書く。

ブログとは、そういう場であると。

細かな変化こそあれ、その基本的な姿勢、考え方は今でも変わっていない。

だが、

ふと最近、彼の言葉を思い出した時、「もしかしたら彼の言う通りで、自分が間違えていたんじゃないか?」という考えが頭をよぎった。

もちろん、100%白と黒に分けられる問題ではないが、時間が経ち、彼の言葉の真意がほんの少し理解できてきた気がする。

自分にとっての正義が、必ずしも正しいわけではない。

そんな当たり前のことすら、時として簡単に見失う。

この数年間で、いくつか大切な判断を間違えてきた。

正しいと信じて疑わなかったことが、あとから「間違っていたんじゃないか?」という疑念を運んでくる。

反省なのか、後悔なのか、どちらとも判断がつかない感情に苛まれる。

物事を判断する瞬間に気づくことができればベストなのかもしれないけど、なかなか難しいらしい。

また24時を過ぎてしまった。

ふと、友人の言葉を思い出したので、今夜の日記はそんな話を。

では。