「何とかコピーできないか?」と思っていた

問答無用でタイマーを1時間にセットし、ブログを書き始めた。

なるべく「よし、書こう!」と思いたった瞬間にタイマーを押す。ちょっとお茶を飲んでとか、トイレに行ってから、なんてやっていると、「お、ちょっとYouTube観てから」となり、結局のところダラダラしてしまう。なので、瞬間で押す。言い訳なし、1時間、1本勝負だ。

さて、今日は「挑戦」というテーマで書く。

上京してからの挑戦と言えば、ブログを書き始めたことかもしれない。他にもいくつかあったけど、ずっと継続しているのはブログだ。

これまで何度かブログにも書いてきたけど、「よし、ブログを書こう!」と思ったのは、芸人キングコング西野さんの過去のLINEブログを読んだことがキッカケだった。

最初、読んだ時はマジで衝撃を受けた。

「めっちゃ、オモロイやん!」と。

年齢的には、たぶん彼が30代半ばぐらいに書いていたものだと思う。当時、仕事だろうが何だろうが、徹夜しながら約3年分、全てのブログを読んだ。

ガチの文章。


第一線で活躍する芸人さんの能力の高さをまざまざと見せつけられた。

以降、僕は彼の文章を真似るようになった。今でも初期のブログを遡ればたくさん出てくる。まだ一つも記事は消していない。

夜な夜な、部屋でブログを書き写したりしながら、「何とかコピーできないか?」と思っていた。

もちろん、僕は芸人ではないので、自撮りの変な写真を載せると友達から「どうした?」と言われたりもした。

恥ずかしくなかったと言えば嘘になるが、ある意味、必死だったのかもしれないな、と今になって思う。

アーティストを気取って、あまり発言せずに、スマートに生きたい…なんて思っていた時期もあったけど、そんなことを言ってる場合じゃない。世の中には、スゲー人はいっぱいいるぞ、と。気取ってる場合か?やれよ、オメーはと。

半年ぐらいだろうか、ずっとそんな日々が続いていた。

今はまた少し違う。どう違うのかを書き出すと長くなるので今日のところは割愛するけど、コピーしようという感覚は無くなり、自然体で、むしろ自分らしく書きたいと思うようになってきた。

サクセスストーリーは再現できない。

一回きりの人生だから、なるべく自分らしく生きたい。

生きるって難しいね。

やってみて初めて気付くことはたくさんある。たかがブログかもしれないけど、ブログを真似てみて、多くの気付きと学びがあった。

真似たブログを読んでくれた友達から「オモロイ」と連絡をもらって16年ぶりぐらいに再会したりもした。ほんの少し自分が動けば、人生もそれに合わせて動くらしい。

「なるべく早く挑戦した方がいい」というのは真実かもしれない。

ほんの些細な結果を出すだけでも長い時間がかかるからだ。孤独に耐えて積み重ねなきゃいけない。妥協しそうな自分と、妥協した後の罪悪感と戦う日々が待ってる。。。まだほとんど何も結果が出ていない。頑張らなきゃね。

今夜も英語と脚本!サボんなよ、オレ!

じゃ、また!