【RooM研究会】灯台下暗し的感覚

出口が存在しない部屋『RooM』 2種類の「かくれんぼ」と混沌への入口 前回、投稿した記事の最後に、「複雑さの中ではなく、シンプルさの中にこそ混沌を見出す必要性がある」と書いた。 この部分について少し掘り下げてみようと思...

【RooM研究会】RooMの住人への入口

出口が存在しない部屋『RooM』 「物理的な意味合い」と「精神的な意味合い」 朝、目を覚ますと部屋のドアが消えている。 日常生活の中でこのような特殊な状況を経験すること(あるいはしたこと)は恐らく無いと思います。 少なく...

【RooM研究会】完全なる密室

出口が存在しない部屋『RooM』 完全なる密室における試行錯誤 2015年、舞台『Doubt a preconception』の戯曲を書いた。 日本語訳にすると「先入観を疑え」となる。 物語の導入部分 裸電球がぶら下がっ...