スタート地点から全ての困難を把握することはできない

昨日のブログで触れていた、超絶面倒なブログ上の設定変更を気合いで終わらせた。

数日かけてコツコツやろうと思っていたのだが、何だか気になって「エイヤ!」と一気に。
この辺は性格なんだろう。
今日終わらせられるものはなるべく今日終わらせたい。

だが、それによって他の作業にしわ寄せがくることがあって、今日がまさにその日。
ブログ記事も、脚本も、英語も、まだ何一つ終わっていない。
この後、深夜にやろうと思っている。「寝落ちんじゃないか?」と心配だ。

短期間に一気にやってしまった方がいいこともあれば、長い目で、ゆっくり変えていく方がいいこともある。

今回のような面倒だけど急ぎでやる必要があるものについては、無理にでも時間を作って一気にやってしまった方がいいだろうし、細かなブログ上のレイアウトや広告掲載位置の変更などはそれほど急ぐ必要はない。
もちろん、人によって優先度は変わってくる。

個人的に毎日ブログを書いていてよかったなぁ、と思うのは、継続したからこそ見えてきた改善点があるということで、これは最初の段階だと、なかなか見つけることは難しい。
なぜなら、日々、試行錯誤しながら、少しばかり知識と経験が蓄積されたタイミングで初めて見えてくるものだからだ。

今回の面倒な設定変更も、その一つ。

ラッキーなことに、関西に住む親友がパソコンのコード?(詳しくは僕もわからない)を勉強し始めたこともあって、不明点があれば諸々教えてくれる。

ちなみに、こんなやつだ。

ブログ上で細かい設定を組もうとすると、この辺の知識が必要不可欠で、僕はお手上げなので、完全に親友に丸投げしている。

「おーい、助けてぇ〜」というのもなんだか厚かましいんだけど、どうやら定期的に僕のブログを読んでくれているようで、僕が「おーい!」叫ぶ前に、「こうやってみたら?」と助言してくれる。
これが、かなり助かるのだ。

よし、これだけ褒めておけばよかろう。

スタートからゴールまで一直線に進むことはなかなか出来なくて、そこには継続と試行錯誤がセットで必要になる。

  • とりあえず歩き始める。
  • わかんないことがたくさん出てくる。
  • 解決しようともがく。
  • 次の道が見つかる。

ザックリ、こんな感じ。

もちろん、その道がゴールに続いているかどうかはわからない。
進んでみないとわからないのだ。

創作活動を最優先にしながら日々を過ごすつもりだけど、とはいえ、サイト「riveroom」の改良もしたい。
よりシンプルに、より見やすく。

自分でサイトを作ると、正直ワケのわかんないことばかりで大変だけど、そのぶん、愛着もわく。

愛着っていいよ〜。