【ブログ】ライティングのテンプレートを解説【初心者向け実例公開】

「ブログを書き始めたけど大変…」

「ライティングのテンプレとかがあれば知りたいかも」

こんな感じのお悩みを解決します。

記事の内容

・ブログライティングのテンプレートを学ぶ前にコレだけ【前提知識】
・【ブログ】ライティングのテンプレートを解説【初心者向け実例公開】

この記事を書いている僕は、ブログ歴1年7ヶ月。これまで230記事ほど更新しています。

今回は『ブログライティングのテンプレ』について。

ブログは、テンプレなしで毎回ゼロから書こうとすると、けっこう大変です。

なので、この記事では、『ブログライティングにおけるテンプレ』を実際に僕が使ってるテンプレを交えながら解説します。

ブログのテンプレに絶対的な正解はないので、あくまで参考の1つにしてください。

ブログ初心者の方にもわかりやすく説明します。



ブログライティングのテンプレートを学ぶ前にコレだけ【前提知識】

本題に入る前に、サクッと前提知識だけ書いておくので、かるく読んでください。

ブログの全体像

ブログの全体像を画像で作ったので、ごらんください。

テンプレを学ぶ前にブログの全体像をわかってるほうが、理解しやすいので。

ブログ全体構成

上記画像のとおり、主に以下3つのパートで構成されています。(※今回はテンプレの話なので、タイトルは割愛します)

・リード文
・本文
・まとめ

書く人によって、『まとめ』があったり、なかったりしますが、ざっくりと説明するとこんな感じ。
正直、ブログの全体像については、これだけ理解してれば大丈夫です。

テンプレは、執筆のハードルを下げるキッカケ

ブログのテンプレは、あくまで執筆のハードルを下げるためのキッカケです。

テンプレ(型)があれば、毎回ゼロから「どうやって書こう…」と悩む必要もありません。

パソコンを開いて真っ白な画面に向かってゼロから書くより、ある程度、テンプレを使って文章の書く流れがわかっているほうが精神的にもラクです。

あと、テンプレを使うことで文章自体も整理されるので、内容が読者に伝わりやすくなるというメリットもあります。

とはいえ、先程もお伝えしたように、絶対的な正解テンプレは存在しないので、あくまで執筆のハードルをさげるためのものと理解しておきましょう。

テンプレは改良が必要

ブログのテンプレは、自分なりに改良することが必要です。

言うまでもないかもですが、ブログを書いているうちに、もっと効果的なテンプレが作れる(見つかる)可能性があるからですね!

もちろん、最初からむずかしく考える必要はなくて、ブログを続けていくなかで少しずつ改良していけばOKです。

【ブログ】ライティングのテンプレートを解説【初心者向け実例公開】

おさらいですが、ブログは主に以下3つのパートに分かれています。

・リード文
・本文
・まとめ

それぞれのパートごとに概要を解説し、最後に僕が使っているテンプレの実例を公開します。

前半:リード文

リード文とは、ブログの冒頭から、本題に入る部分までのことをさします。

本記事で言えば、冒頭からもくじまで。

リード文で書くのは、主につぎの4つ。

①:読者が抱える悩みを言葉にする
②:解決すると伝える
③:ブログを書いてる人の情報
④:記事の本題

細かく考えすぎると混乱するので、まずは4つでOKかと。

実際に、本記事でも上記4つの項目をリード文に書いてるので、確認してみてください。
なんとなくイメージがつかんでもらえると思います。

中盤:本文

ブログの中盤では、本文(主題)を書きます。

詳細は『実例公開』の部分で書くので、今ここで理解していただきたいのは、まず大きい見出しを作って、その中に小さい見出しを作って本文を書いていくということ。

本記事の大きい見出しは、

・ブログライティングのテンプレートを学ぶ前にコレだけ【前提知識】
・【ブログ】ライティングのテンプレートを解説【初心者向け実例公開】

上記2つ。

それぞれの見出しの中に、小さい見出しがあり、文章(本文)が続きます。

ちなみに、小さい見出しに続く文章(本文)は『結論⇒理由⇒具体例⇒結論』の順番で書く『PREP法』を使いましょう!

のちほど、『実例公開』のところでも確認してください。

後半:まとめ

最後、後半パートは『まとめ』を書きます。

まとめの役割は、内容のおさらいと、次に何をすべきかを提示すること。

本記事のまとめでも、内容の復習と、次に読んでほしい記事を入れています。

実例公開

以下、僕が使ってるテンプレの実例を公開します。

なるべくわかりやすいよう簡略化しましたが、実際にこんな感じ。
本記事も以下テンプレにそって書きました。

テンプレ実例公開

「〇〇(読者の悩み)」

こんな感じのお悩みを解決します。

✔︎記事の内容

・(1つめの大きな見出し)
・(2つめの大きな見出し)

・ブログを書いてる人の情報
・記事の本題

1.(1つめの大きな見出し)

(画像)

〇〇〇〇

1-1

結論:
理由:
具体例:
結論:

1-2

結論:
理由:
具体例:
結論:

1-3

結論:
理由:
具体例:
結論:

2.(2つめの大きな見出し)

(画像)

〇〇〇〇

2-1

結論:
理由:
具体例:
結論:

2-2

結論:
理由:
具体例:
結論:

2-3

結論:
理由:
具体例:
結論:

まとめ:

(画像)

・内容のおさらい
・次に読んでほしい記事など。

以上です!

まとめ:ブログライティングはテンプレートを使おう

今回は『ブログライティングのテンプレ』について解説しました。

結論、ブログはテンプレを使って書きましょう!

テンプレを使ったほうが混乱も防げますし、執筆もスムーズになります。

以下、サクッと内容の復習です。

ブログの全体像

前半:リード文
中盤:本文(PREP法で書く)
後半:まとめ

テンプレのイメージがつかめたら、実際にブログを書いていきましょう。

初心者の方向けに『ライティングのコツ』をまとめた記事を用意したので、参考にどうぞ。

» ブログライティングのコツ3つ!初心者が意識すべきポイント簡単解説