BLOG

ブログは文字数の目安ありきで考えると失敗する件【経験と感覚から導こう】

2022年4月2日

「ブログに書く文字数の目安を知りたい」

こんな疑問に答えます。

  • ブログは文字数の目安ありきで考えると失敗する件
  • ブログ文字数の目安は、経験と感覚から導こう

今回は上記の流れで解説します。

僕もブログを書き始めた頃は、「書くべき文字数の目安を知りたい」と思っていましたが、結論から言うと、目安ありきで考えると失敗するので注意です。

この記事では、前半で「失敗」にフォーカスを当て、後半で「じゃあどうするの?」を掘り下げていきます。

ブログ初心者の方に参考になると思うので、よければ最後までご覧ください。4〜5分で読めます。

ブログは文字数の目安ありきで考えると失敗する件

大事なので繰り返しますね。
ブログは文字数の目安がある前提で考えると失敗します。

正解の文字数なんて存在しない

ブログに正解の文字数はありません。

理由は、書く内容によって変わるから。冷静になれば当たり前なのですが、つい「正解」や「最適な文字数」があると思いがち。

結論、ありません。

他にもいくつか理由があるので、もう少し詳しく知りたい方は「ブログ記事の文字数に正解はある?【本質を無視すると、つらくなる】」もご覧ください。

ブログには、「これが正しい」という正解の文字数は存在しません。目安ありきで考えるのはナンセンスです。

テクニックに固執すると、方向性を見失う

とはいえ、正解を探したくなる気持ちもわかります。正直なところ僕も同じでした、、、。

おそらく「文字数の目安を知りたい=SEOで勝ちたい」だと思いますが、テクニックに固執しすぎると方向性を見失うので注意が必要です。

なぜなら、ブログが伸びないときにどうすればいいかわからなくなるから。テクニックに頼るがあまり、自分の哲学(考え方の基準)が育たない状態ですね。柔軟な発想や、試行錯誤もできなくなります。

文字数の目安を盲信する⇨読みにくい記事を書く⇨アクセスが伸びない⇨改善方法がわからない

上記のとおり、改善方法がわからず、方向性を見失います。もちろんテクニックは大事ですが、完全に縛られると本末転倒ですよ。

SEO検索上位にも、読みにくいブログはたくさんある

テクニックを使うことで検索上位を獲れることはあります。

しかし、「検索上位のブログ=読みやすいブログ」とは限りません。

僕自身、普段からたくさんブログを読みますが、良い悪いは別として、「このブログ、ちょっと読みにくいなぁ、、」というのは、検索上位にも結構あります。

  • 読者に役立つ記事を書く⇨検索上位を獲得=OK
  • 本質を無視して記事を書く⇨検索上位を獲得=NG(読みにくい)

なかには「でも、アクセスが伸びればよくない?」との意見もあると思います。確かに、アクセスがあるのは良いことですが、結果として読者が離脱してしまったら意味なくないですか?

当然ながら、収益化も難しくなります。
テクニックは大事ですが、本質を見失ってはいけません。

最適な文字数があると考え、目安ありきでブログを書くのは、本質から外れています。

ブログ文字数の目安は、経験と感覚から導こう

ブログの文字数に、正解はないと理解しましょう。その上で、自分なりの目安を探すのはありです。

心地よく書ける文字数がある

ブログを続けていると、書いていて心地よい文字数があることがわかってきます。

僕の場合は、3000字前後。
別に「3000字書こう」と意識しているわけではなくて、仕上がるとこれぐらいの文字数になっていることが多い感じです。(※もちろん内容によって、文字数が増えたり、減ったりしますよ。)

ちなみに本記事は、2500字ほどです。

必ず押さえるべきポイント

  • 読者の悩みを解決すること
  • 丁寧な説明を心がけること

上記のとおり。

逆にこれさえ押さえれば、自分の感性(感覚)にしたがって、心地よく書ける文字数から始めるはどうでしょうか?

自分なりの「判断基準」を生み出す重要性

実際のところ、自分の感性(感覚)にしたがってブログを書くことで、独自の「判断基準」が生まれてきます。

別の言い方をすると、「感覚が研ぎ澄まされていく」わけですね。

例えばですが、ブログを読んでみて、「読みやすいなぁ」と感じれば、自分が理想とする文字数に近い可能性が高いですよね。

自分の基準を無視して、「どうやら、5000字ぐらい書くのがいいらしい」みたいな根拠なき「謎の目安」に翻弄されるぐらいなら、自分なりの判断基準に頼る方がいいです。

経験と感覚から導くのがベスト

結論、経験と感覚から自分にとってのベストな文字数を導きましょう。(※もちろん内容によって変わりますよ)

文字数は、あくまで結果にすぎません。

  • ブログのテーマ
  • 誰に向けて書くのか
  • SEOテクニック

上記のようにブログはいくつもの要素で成り立っています。完璧に同じものは1つとして存在しないので、最初から文字数の目安ありきで書くのはナンセンスです。

ブログを書く経験を重ねて、自分の感覚を磨き、結果として自分なりの文字数を導き出していきましょう。バランス感覚が大事です。

まとめ:ブログの文字数の目安は、考えなくてOKです【ベストを尽くす】

今回は「ブログ文字数の目安」をテーマに解説しました。

目安ありきで考えると失敗するので、注意してくださいね。
ぶっちゃけ、目安なんてどうでもいいので、読者に役立つ記事を書く意識を大事にしましょう。

ベストを尽くし、自分のブログを読み返してみて、「うん、読みやすい」と感じれば、その文字数でOKです。引き続き、お互い頑張りましょう。
» SEOで検索上位を狙う方法【準備・記事の書き方・投稿後の行動】

※当ブログでは、主に「ブログ運営のノウハウ」を解説しています。時々「Twitter」でもつぶやくので、よければお役立てください。

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-BLOG
-