BLOG

ブログに何を書けばいいかわからない人へ3つの解決策【悩みすぎNG】

2022年3月8日

「ブログって何を書けばいいんだろう…。イマイチよくわかりません。」

こんな方向け。

  • ブログに何を書けばいいかわからない人へ【3つの解決策】
  • 「ブログに何を書けばいい?」と悩みすぎても意味なしです

上記の流れで解説します。主な想定読者は、ブログ初心者の方ですね。

前半で「3つの解決策」を示しつつ、後半で「悩みすぎても意味がない理由」を考察します。

5分ぐらいで読めるので、最後までご覧くださいませ。

ブログに何を書けばいいかわからない人へ【3つの解決策】

サクッと読んでみてください。

①過去の経験を掘り下げる

過去の経験を掘り下げることで、書くべき内容が見つかったりします。

  • 長期間、取り組んだこと
  • 得意なこと
  • 好きなこと

上記のとおり。ブログは情報をまとめるだけじゃなく、経験談があることで「説得力」が生まれます。「自分の経験なんて大したことない」とか思う必要なしです。自分にとっては普通でも、他の人からしたら「そうなの?」みたいなことは結構ありますよ。どうしても、何を書けばいいかわからなければ、以下記事も参考にどうぞ。
» ブログテーマの決め方に重要な3つの視点【初心者の失敗を防ぐ】

補足:読者視点を忘れずに書く

ブログを書くときは、読者視点が大事です。要するに、読者の疑問や悩みを、わかりやすく解説する記事のことですね。経験談を書くのも大事ですが、自分語りばかりだと読むのがダルくなるので注意が必要です。

②商品の紹介記事を書く

2つめは、「商品の紹介記事を書く」です。文章を書く練習にもなりますし、うまく商品が売れれば、報酬が入ったりするので、楽しみつつトライできるかと思います。

例えば、読書が趣味だとしたら、おすすめの本をブログで紹介して、Amazonのリンクを貼るとかですね。

created by Rinker
Kankishuppan/ Tsai Fong Books
¥1,760 (2022/09/29 12:34:30時点 Amazon調べ-詳細)

上記のようなリンクを貼っておけば、商品が売れるたびに報酬が入ってくるので、ブログを収益化できますよ。試しに、「自分が好きな商品」がAmazonにあるか検索してみましょう。Amazonの知名度は、抜群に高いので初心者でも比較的、売りやすいです。

ブログは逆算思考が大切

ブログを書く際は、「逆算思考」が大事です。要するに、ゴール(目的)から考えるクセをつけることですね。

ゴールが決まっていないと、ブログの内容もあいまいになり、最後まで読んでもらえません。ダメな例は、とりあえずパソコンを開いて、「うーん、何を書こう…。」というパターン。逆に、良い例は、「今回は商品Aを紹介するから、必要としてる読者像をイメージして、ブログを書こう」という感じ。

商品を探してみよう

「商品を売る」をゴール(目的)にして、考えるのが一番イメージしやすいと思います。無料なので、まずは、ASPで商品を探してみましょう。ブログで稼ぐならASPは必須です。詳しくは、以下にまとめています。
» 【無料登録】アフィリエイトASPおすすめ5社【収益化の必須準備】

③ロールモデルを見つける

3つめは、ロールモデルを見つけるです。簡単に言えば、「お手本とするブロガー」のこと。自分が「この人のブログ読みやすいかも」と思った人をロールモデルにすることで、ブログの書き方や、内容の切り口などが学べますよね。

例えば、「自分が書こうとしているジャンル ブログ」などで検索して、色んなブログを読んでみるのがおすすめ。たくさんブログを読んでいくと、「これ読みやすい」と思うのが見つかるはず。あとは、Twitterとかも眺めながら、情報収集がベターかと。ロールモデルが見つかれば、学ぶことが増えるので、必然的に書くべきことがわかってきます。

「ブログに何を書けばいい?」と悩みすぎても意味なしです

悩むのはOKです。でも、悩みすぎて一歩も進めない…みたいな状況はあまり意味ないですよ。

必ず失敗を経験する

なぜなら、ブログは書く内容を決めてからの作業工程がたくさんあるから。言い換えると、最初は何を選んでも、失敗や苦労があるので、あまり悩みすぎず、手を動かすのがいいです。気楽にやってみる、みたいな感じも必要なわけですね。ちなみに、ブログの作業工程は以下のとおり。

参考:ブログの作業工程

  • 何を書くか決める
  • キーワード選定
  • 読者ニーズを想像する
  • 記事構成作り
  • 競合分析
  • 本文執筆
  • 修正
  • 画像選定
  • 投稿作業

上記のとおり。細かい部分は色々ありますが、ざっくりこんな感じ。「何を書けばいいのか」は、いわば一番最初の部分なので、もちろん大事ですが、悩みすぎても微妙かと。あとが大変です。

②内容は、書きながら変わる

あと、これは経験談ですが、ブログに書く内容は途中で変わる可能性ありです。続けているうちに、少しづつ自分の得意、不得意などがわかってくるからですね。なので、「何を書けばいいのか…。」と悩みすぎてもあまり意味なしです。途中で変わるので、たぶん。

僕自身、今でこそこうして「ブログ運営のノウハウ」を主に書いていますが、もともとは「日記の書き方」とか、人生に関するあれこれとか、色んなことにトライしました。

もちろん、変わる可能性があるからと言って、「適当に決めてOK」ということではないです。時間が無駄になったりするので、真剣に考える必要はありです。とはいえ、悩みすぎても変わるかもなので意味なしですよ、という話です。

③まずは、100記事を目指そう

ブログ初心者は、まず「100記事」を目標に書きましょう。たぶん数ヶ月かかると思うので、その間にブログの方向性が定まりますし、失敗から学ぶ機会も多いのでレベルUPするはず。「ブログは100記事がスタート地点」とよく言われます。簡単ではないですが、不可能ではないので大丈夫です。参考記事を用意したので、どうぞ。継続のコツもまとめています。
» ブログ初心者は100記事書けば伸びる?【続けるコツ7つを簡単解説】

まとめ:「ブログに何を書けばいい?」と迷ったら、3つの解決策から選ぼう

今回は「ブログに何を書けばいい?」と迷っている方向けに書きました。

結論、本記事で紹介した3つの解決策から、1つを選んでトライしてみましょう。おさらいで載せておきますね。

  • 過去の経験を掘り下げる
  • 商品の紹介記事を書く
  • ロールモデルを見つける

最初は迷うものですが、迷い過ぎはNGです。ブログの上達には時間がかかるので、手を動かしつつ、試行錯誤しましょう。

具体的なブログの書き方は、以下をどうぞ。
» ブログ記事の書き方を徹底解説します【初心者向け/保存版です】

※当ブログでは、「ブログ運営のノウハウ」を解説しています。時々「Twitter」でも呟くので、よければお役立てください。

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-BLOG
-