ブログをやめたい人へ贈る4つの提案【無理せず本質を見つめ直そう】

「ブログをやめたくなる…つらい…」

「続けたい気持ちもあるけど、どうすればいいかわからない」

こんなお悩みが解決ができれば!

記事の内容

・ブログをやめたい人へ伝えたいこと2つ
・ブログをやめたい人へ贈る4つの提案

記事の信頼性

この記事を書いている僕は、ブログ歴1年4ヶ月。これまで220記事ほど更新しています。

今回は『ブログやめたい』がテーマの記事。

この記事を読むことで、『ブログをやめたい気持ちにどう向き合えばいいのか』を理解していただけます。

こむずかしい話はしません。
なので、ブログに疲れた人はサクッと読んでみてください。



ブログをやめたい人へ伝えたいこと2つ

伝えたいことは2つです。

どんなときも気分の浮き沈みはある

ブログをやめたい…。

そう思っても自分を責めたり、悩みすぎる必要はないです。

なぜなら、人はその日の気分に左右されるから。どんなときだって気分の浮き沈みはあります。いつもやる気に満ちあふれ、ずーっとモチベーションが高い人なんて、僕は見たことないです。

例えば、金曜日の夕方になると変なスイッチが入って仕事がノッテくることってありますが、月曜日になると「はぁ…つらい」となってたりしますよね。ブログも同じです。

気分の波から完全に逃れられることはないと考えたほうがラクです。たぶん永遠にないので。うまく付き合うしかないです。

どんなときも気分の浮き沈みはあるので、悩みすぎなくて大丈夫!そんなもんです。

 「絶対やめない方がいいよ」と言えない理由

僕は「ブログは絶対やめない方がいいよ!」とは言えません。

言うまでもないかもですが、ブログを続けるには多くの時間が必要だから。他の時間が犠牲になることだってあります。

ブログを1本書くのに数時間なんてザラだと思いますし、その時間を毎回積み重ねないといけないので、正直大変です。僕も1本ブログを書くのに8時間ぐらいかかってます。

なので、やめたくなる気持ちもわかるつもり。きっと、昼間は仕事しながら家に帰った夜の時間とか、休みの日とかに書いてるんですよね。僕もそうです。

人生の時間を何に使うかはそれぞれの人が決めるべきなので、「絶対やめない方がいい!」とは言えません。最後は自分で決めるしかないです。

ブログをやめたい人へ贈る4つの提案

とはいえ、ブログを書いて積み上げてきた時間と経験があるので、『ブログをやめたらもったいない』のも事実です。

なので、4つだけ提案させてください。

『本質的な提案』を考えてみました!僕も丸3ヶ月ブログをサボリ倒してた時期があるので、そのあたりの経験もふまえながら考えました。

提案①:お金以外のやりがいを探せないか?

1つめの提案は、『お金を以外のやりがいを探せないですか?』です。

ブログは成果が出始めるまでに時間がかかるので、もし『お金だけを目的』にして続けていると疲れます。

この機会に、「他に『やりがい』とかあるかな?」と探してみてください!ようするに自問自答です。

例えば、自分の『やりたいこと or 好きなこと』と『ブログの共通点』なんかを考えてると、案外『やりがい』につながったりしますよ。

僕の場合だと、『映画の脚本を書く』が『やりたいこと or 好きなこと』なのですが、ブログとの共通点を考えたときに見えてきたのが、『どちらも文章構成がめちゃくちゃ大事!』ということ。その日から「ブログで構成スキルを磨いてやる!」という目標ができ、今まで以上に『やりがい』を感じるようになりました。

最初は「お金を稼ぎたい」でブログを始めたとしても、長く続けるためには『お金以外のやりがい』を探してみる方がいいです。

提案②:小さな1歩に満足できないか?

2つめの提案は、『小さな1歩(前進)を大切にしよう』です。

一応、今日まで200記事以上書いてきて思うのが、たとえ1歩が小さくても『前進さえしていれば頑張れる』ということ。前に進んでるという『希望』が自分を支えてくれます。

この小さな1歩を否定すると、今やっているすべてのことが無駄に思えてきて「このままやっても意味ないかも…あぁ、やめたい」となります。

例えば、新しい知識を1つずつ覚えて、週末とか、時間のある時に自分のブログで試してみるとかですね。

1歩が小さいと「これじゃ意味なくない?」と感じるかもですが、もし仮に毎週1つずつ新しいことを覚えていけば、1年後には約50個の知識が手に入っていることになります。

大きな結果ばかり求めると疲れます。『小さな前進』を積み重ねることに意識を向けてみてはどうでしょうか。

提案③:長期的な視点で考えられないか?

提案3つめは、『ブログを長期的な視点で考えよう』です。

短期間で結果を出そうと意気込んでも、あせりを生むだけ。あせりは空回りを生み、空回ると結果が出ないので、次第にイヤになります。「ブログ疲れた…やめたい…」状態ですね。

頭ではわかっていても、つい短期的な考えに支配されるのが人間です。こうして偉そうに語ってる僕も『ブログは長期戦』とわかっていながら、つい目の前の結果に一喜一憂してしまうこともあります。

こんな時、簡単にできる対策としては『PV数』や『収益額』をチェックする回数を減らして、目の前のブログを書くことに集中すること!

「昨日よりPV数が増えたー!」とよろこんだところで明日は下がるかもしれません。毎日そんなことによろこんだりヘコんだりしても意味ないです。思いきって、チェックする回数を減らしましょう。

僕も今は日曜日の夜にチェックするだけ。他の日は見ないと決めました。SNSとかネットニュースを見すぎて疲れるのと同じ状態。

『ブログを長期的な視点で捉える』ために何かできないか。ゆっくり時間をとって考えてみましょう。

提案④:ブログから離れ人生を楽しんでみないか?

最後4つめの提案は、『しばらくブログから離れて人生を楽しんでみては?』です。

ブログから離れることで客観的になれますし、気分転換にもなります。

やり方は簡単、パソコンを閉じて「しばらく書かねーぞ!」と誓うだけ!
すると、これまでブログに使ってた時間が空きます。

散歩するもよし、筋トレするもよし。あるいは、映画漬けの毎日を過ごしたり、マンガを読みふけってもいいですね。お酒を楽しみながらチョコレートをかじってみたり、友達に「久しぶりー、元気?」と電話するのもGOOD!

ちなみに、僕が3ヶ月離れてた時期は、期間を決めずに「書きたくなるまで、絶対に書かない!」とだけ誓って、毎日気の向くままに過ごしてました。

こんなふうに書くと「でも、それだとあせらない?」と思う人もいるはず。たしかに、あせりがゼロだったとは言いませんが、それより、良い意味で『別にブログがなくても生きていける』と気づきました。

『ブログ=人生のすべてではない』ということ。冷静に考えれば当たり前なのですが、「ブログやめたい…」ってなってる時って、冷静になれないので。

すると、不思議と「また書こうかな」と思い始めました。

今の「やめたい」となってる状況を客観的に見ましょう。気分転換もしましょう。そのために、しばらくブログから離れて人生を楽しんでみればいいんです。

まとめ:ブログをやめたいなら無理はしなくていい

今回は『ブログやめたい』をテーマに解説してきました。

無理しなくていいですよ。

どうしてもブログをやめたいならやめてもいいと思います。

ですが、今じゃなくもう少し先で決めましょう。しばらくブログなんて放置して中断すればいいんですから。人の気持ちなんてまたそのうち変わります。

再度、おさらいで『4つの提案』を載せておきますね。

ブログをやめたい人へ贈る4つの提案

提案①:お金以外のやりがいを探せないか?
提案②:小さな1歩に満足できないか?
提案③:長期的な視点で考えられないか?
提案④:ブログから離れ人生を楽しんでみないか?

「ブログやめたい…」の気持ちと同じく、「ブログめんどくさいなぁ〜」と感じることもあるので、そんな時は、以下記事を参考にどうぞ。具体的に対処法を書きました!

» ブログがめんどくさいと思う理由と対処法10個!約90日サボった僕が解説