ブログテーマの決め方に重要な3つの視点【初心者の失敗を防ぐ】

「ブログを書き始めたのですが、書くべきテーマが決まりません。どうやって決めればいいんだろう…。誰か教えてほしいです。」

こんな感じの悩みにお答えします。

記事の内容

・ブログテーマの決め方に重要な3つの視点
・ブログテーマの決め方には注意点あり【3つ】

本記事を書いてる僕は、ブログ歴1年9ヶ月。
現在260記事ほど更新しています。
» @Sugimoto_2017

今回は「ブログテーマの決め方」について解説します。

「ブログを始めたのはいいけど、何をテーマに書けばいいのやら…。」と迷ってる方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ブログテーマを決める際に重要な3つの視点と、注意点をそれぞれ説明します。

ブログのテーマ決め=ブログの方向性が決まる大事な瞬間。

早く書かなきゃと思うあまり、あせって適当にテーマを決めると後から時間の無駄になり、失敗するので注意が必要です。

初心者向けの内容なので、ぜひ最後までご覧ください。5分ぐらいで読めます。



ブログテーマの決め方に重要な3つの視点

ブログテーマを決める際に重要な3つのポイントを解説します。

全て問題なければ「テーマとして採用する」みたいなイメージです。

①:情熱を持って取り組めるか?

まず大事なのは、「情熱を持って取り組めるテーマかどうか」です。
要するに、好きかどうか。

というのも、好きじゃないとブログを継続できないからですね。

もし仮に「好きじゃないけど、なんだか稼げそうだから」という理由でブログのテーマを決めると、競争率が激しい勝負に巻き込まれて、挫折する可能性が高いかと。

ブログ歴が長い人なら別ですが、初心者には難しいです。

「ブログ=長期戦」という事実

ブログは、年単位で取り組む長期戦です。

うまくいかないことは山ほど出てきますし、その度に試行錯誤する必要があります。

自分が決めたテーマが好きなら乗り越えられますが、好きじゃなければたぶん続きません。

なので、情熱を持って取り組めるテーマを選びましょう。

②:誰かの役に立つか?

続いて、「誰かの役に立つかどうか」も大事なポイントです。

なぜなら「誰かの役に立つ=読者ニーズがある」なので、ブログを読んでもらえる可能性があるから。

役立つ(読者ニーズがある)かどうかの1つの判断基準は、「問題解決につながる内容かどうか」ですね。

・問題解決できる記事 → OK
・個人の日記 → NG

簡単に言えば、こんな感じ。

検索回数を調べてみよう

気になってるテーマの検索回数を調べることで、読者ニーズがあるかどうかを判断するヒントになります。

例えば「aramakijake.jp」を使って「ブログ」というワードを調べてみると、

aramakijake ブログ
aramakijake.jp

こんな画面になります。

YahooとGoogleを合わせると、1ヶ月あたり「ブログ」というワードが、約「67万回」検索されていることがわかります。

何万回検索されていればOKなのかは、正直断言できませんが、「読者ニーズがあるか」を判断する上で、1つの指標にはなりますよね。気になってるテーマがあれば、一度調べてみるのがおすすめ。

「誰かの役に立ちそうか?」の視点は重要です。

③:マネタイズできるか?

あとは事前に、「売る商品があるかどうか」を調べておく必要があります。

理由は、「売る商品がない=お金にならない」だから。

ここをすっ飛ばすと、ブログ初心者にありがちなのですが、「アクセスは少しずつ増えてきたけど、全然お金にならない…。」という状況に陥ります。(※僕も経験済みで、時間ロスが発生しました。)

失敗を防ぐためにできること

まず先に、無料でASPに登録して、ブログテーマに関する商品があるかを確認しておきましょう。

・商品がある → OK
・商品がない → 別のテーマを検討

上記の感じで、あらかじめ対策が取れるので、後から「売れる商品がない…。」と、時間を無駄にしなくて済みます。

ASPの詳細は「【無料登録】アフィリエイトASPおすすめ5社【収益化の必須準備】」をご覧ください。

無料で登録できる定番ASPをまとめたので、この機会に済ませておきましょう。

マネタイズできるか(売る商品があるか)は外せないポイントです。

ブログテーマの決め方には注意点あり【3つ】

記事後半では、ブログテーマを決める際の注意点を3つ解説しておきますね。

注意点①:YMYLは避けよう

まず、YMYLは避けた方がいいです。

YMYLとは?

「Your Money Your Life」の略で、要するに「お金」とか「健康」に関する分野のこと。

避けるべき理由は、高い専門性が求められるから。

というのも、間違った情報を発信してしまうと人々の生活に大きな影響が出る可能性があるため、グーグルが特に厳しい目を光らせているとか。

つまり、書いたブログ記事を上位表示させることが難しく、結果として読まれない可能性も高いわけですね。

よって、YMYLは避けるのが無難です。

注意点②:テーマは絞るべき

ブログテーマの数は、ある程度「絞る」べきです。

テーマを絞らずに書くと、

・ブログの方向性がブレる

・ブログの特徴(色)が出にくい

・読者の信頼を得にくい

こんな感じになりがち。

テーマは3つに絞ろう

ブログ初心者は、3つぐらいのテーマに絞るのがいいと思います。

・ブログ
・英語
・生活

例えば当ブログの場合は、これから上記3つのテーマで進めていこうかなと考えていたり。

もちろん「テーマを絞らない=信頼できない」ではないですが、とはいえ、ある程度絞られたブログの方が信頼できるイメージがあると思うので、絞りつつ書くのがいいかと。

注意点③:関連性を意識する

テーマを絞ったあとは、それぞれに「関連性があるか?」を確認しましょう。

なぜなら各テーマに全く関連性がないと、「内部リンクでつなげない(1つの記事の中で、別の記事を紹介しにくい)」ので、読者の回遊率がさがってしまうから。

例えば、

・ダイエット
・食事
・筋トレ

みたいな感じで関連性があれば、ダイエットしたい人向けに太らない食事を紹介しつつ、おすすめの筋トレ方法を解説したりできますよね。

各テーマの関連性は意識しておきましょう。

まとめ:ブログテーマの決め方は、3つの視点で解決

今回は「ブログテーマの決め方」を解説しました。

以下、おさらいです。

テーマ決めに重要な3つの視点

①情熱を持って取り組めるか?
②誰かの役に立つか?
③マネタイズできるか?

上記の3つを満たすものをブログテーマに選びましょう。

あせって決めると後から時間をロスするので、納得できるまで考えてOK。急がば回れですね。

ブログテーマが決まった人は、記事の執筆です。
「書き方」に関する参考記事を2つのせておくので、よければお役立てください。

» ブログアフィリエイト記事の書き方【最初の1円を稼ぐ3つの手順】

» ブログの文章の書き方【悪いことは言わない、初心者は型を使おう】

今回は以上です。
» @Sugimoto_2017