ブログの向き不向きは一旦無視しようという提案【最低100記事】

アイキャッチ画像

ブログを書きたいけど、「ぶっちゃけ、向き不向きがあるんでしょ?」と思っている人や、すでに書き始めたけど「なんだか面白くないし・・・向いてないのかな?」と思っている人に向けてこの記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

◾️目次◾️
ブログの向き不向きは一旦無視しようという提案

  • ブログ執筆の向き不向きは多分ある
  • 向いてなくてもまず100記事書いてみよう
  • 結果が出れば向き不向きは重要じゃなくなる

僕のブログ歴は1年半ほどですが、本格的な「ブログ記事」を書き始めたのはつい最近です。

今回のテーマについては、経験が少ない今だからこそ書くべきだと思い、記事にすることにしました。

一応ブログ開始以降、ほぼ毎日更新を続けているので、それなりに参考になる部分もあるんじゃないかなぁ、と思っています。

ブログの向き不向きは一旦無視しようという提案

ブログ執筆の向き不向きは多分ある

結論、ブログの向き不向きはあると思います。

まぁでも、たぶん、何事もそうですよね?

逆に「ない!」と断言すると嘘になると思います。

では具体的に、向き不向きとは何でしょうか?

①センス
②ライティングスキル
③知識
④継続力

大まかにパッと思いついたものを4つ書いてみました。

どれも大切な要素ですね。

①のセンスについては、今のこの段階で自分にあるのかないのかはわからないと思いますし、②のライティングスキルと③の知識については、実際にブログを書いていくプロセスで高めていけるもの。

最初からあるに越したことはありませんが、ないからといって、「ブログに向いてないんだぁ」と悲観的になることはありません。

次に、④の継続力について。

これについては最初から自分でコントロール可能な部分。

言い換えると、今この段階でコントロール出来る向き不向きとは、「継続できるか、できないか」ということになります。

当然、経験を積めば他の要素も絡んできますが、まずはココ。

自分が継続できるタイプか、出来ないタイプか。

分析は必要ですが、例えどちらのタイプであろうと重要なのは、「やるからには継続が必要」という事実。

なので結果的には、どちらであろうと関係ありません。

継続する、その一択です。

向いてなくてもまず100記事書いてみよう

まず100記事。

ここまでは書いてみましょう。

継続することで自分のライティングスキルがわかりますし、知識も増えるので、何度も記事を書くプロセスの中で反省と改善を繰り返すことが出来るようになります。

絶対に100記事である必要はありませんが、30記事ぐらいなら少し気合いを入れれば書けそうなので、3ヶ月ぐらいのスパンで考える方がいいかなと。

毎日1記事書けば、だいたい3ヶ月で100記事に到達します。

記事数には諸説あるようで、半年ぐらいで成果が出始めるという意見もあれば、100記事ぐらい、という意見もあります。

もちろん、それらの数字はあくまで最低レベル(スタートライン)の数字なので、そこからさらに書き続ける必要があります。

まぁ、100記事ぐらい書けないと話にならない、ということなのかもしれません。

僕も最低100記事は書くと決めているので、書き上げた時の状況が今と比べてどのように変わっているかをみて、その後の方向性を決めようと思います。

ちなみに本記事を書いている今現在が、10記事目ぐらい。

道のりは遠いですが必ずやります。

書き上げた記事はツイッターでシェアしているので、よければサボってないかどうか確認しに来てください。→(@Sugimoto_2017

結果が出れば向き不向きは重要じゃなくなる

ここから先は、あくまで未来予想なのでサクッと書きますが、正直なところ結果さえ出てしまえば、自分がブログに向いているのか、あるいは向いていないのかなんてのは、それほど重要じゃなくなると思います。

たとえ不向きでも、ブログが伸びて、収益化も出来れば、特に問題はありませんよね?

とはいえ、やはり結果までたどり着くには継続は必要不可欠。

もしかすると、ブログ記事を書きながら「なんだか面白くないなぁ」と思っている人がいるかもしれません。

ぶっちゃけ、その気持ちはわかります。

僕もそんな感じの葛藤を抱えているので。

でも、この地道な作業を重ねて結果が出た時には嬉しさがあると思いますし、その時に向き不向きなんてのはどうでもいいだろうなと。

なので、結果が出るまでは、あまり考えすぎず淡々と書きましょう。

その上で、「やっぱ向いてない」と思えば辞めればいいと思います。

僕だって、辞めるかもしれませんし。

でも、まずは結果を出す。

そこまで、お互い頑張りましょう。

まとめます。

【ブログの向き不向きは一旦無視しようという提案】

  • ブログ執筆の向き不向きは多分ある
  • 向いてなくてもまず100記事書いてみよう
  • 結果が出れば向き不向きは重要じゃなくなる

本記事は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。