ブログを副業にする良いところ・悪いところ【200記事以上の経験】

「ブログの副業って実際どうなの?」

「ブログを副業にする良いところと悪いところを知りたい」

「ブログの副業化かぁ……うーん、迷ってる!」

このような方々に向けて、記事を書きました。

本記事の内容

・ブログを副業にする良いところ3つ
・ブログを副業にする悪いところ3つ

本記事の信頼性

本記事を執筆している僕は、ブログ記事を書き始めて約1年2ヶ月。
これまで200記事ほど更新し、少しずつ「収益」も生まれはじめています。

今回は「ブログ/副業」のテーマで書きます。

「実際、ブログの副業ってどんな感じなんだろ?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

僕自身、今は昼間に仕事をしつつ、こうして副業でブログを書いています。

ブログ記事を書き始めてかれこれ1年以上経ちますが、実際書き始めてみるまでは、正直わからないことだらけでした。

なので、この記事は当時の自分に向けて書くような気持ちでいます。

本記事を読んでいただくことで、ブログを副業にしたときの良いところと、悪いところを理解していただけます。

「ブログの副業ってどうなんだろ?」「ブログを始めてみたい気持ちはあるけど自分にできるか不安、、、」と迷っている方は、参考にしてください。

注意点あり

本記事は、勤めている会社が「副業NG」の方にはお役に立てません。あくまで、会社が「副業OK」の方向けの記事なので、その点ご理解いだだくようお願いします。

では、本題に入ります。



ブログを副業にする良いところ3つ

ブログを副業にする良いところと、悪いところをそれぞれ解説します。

まず、良いところから見ていきましょう。

①:給料とは別の収益源が得られる

1つ目の良いところは、給料とは別の収益源が得られるところ。

ブログは収益化が可能です。

たとえば、ブログには下記のような広告収入があります。

・クリック報酬型広告
・成果報酬型広告

これだけ見ると「なんのこっちゃ?」だと思いますが、まずここでは、「なるほど、ブログって広告収入を得られるのか!」ぐらいの理解でOKです。

もう少し詳しく知りたい方は、ブログ広告のおすすめ2つを解説【ブログ初心者でも収益化できる】を読んでいただけると理解が深まると思います。(サクッと読める記事です)

1つだけ具体例を出すと、本記事のもくじの上に「クリック報酬型広告」が入っています。
名前の通り、読者が広告をクリックすると僕に広告収入が入ってくる仕組み。

1つ目は、給料とは別の収益源が得られるところです。

②:スキルが蓄積する

2つ目の良いところは、スキルが蓄積するところ。

たとえば、下記のようなスキルが身につきます。

・ライティングスキル
・分解スキル
・継続スキル

「ライティングスキル」と「継続スキル」については、なんとなくイメージしてもらえると思うので、残り1つ「分解スキル」だけ簡単に解説しておきます。

「分解スキル」ってなに?

分解スキルとは、物事をバラバラに分解して再構築するスキルのことです。

言い換えると、「深掘りスキル」とも言えます。

たとえば、この記事は「ブログ/副業」がテーマなのですが、この2つのキーワードから深掘りをして想定読者をイメージします。

今回、僕がイメージした想定読者は次の方々。

想定読者①:副業を探している人
想定読者②:ブログの副業に興味がある人

ここからさらに分解して(深掘りして)、読者ニーズを考えていきます。

読者ニーズ①:ブログを副業にする良いところと悪いところを知りたい
読者ニーズ②:ブログを副業にしようかどうか迷っている
読者ニーズ③:ブログの始め方を知りたい

僕がイメージしたのは上記3つ。

本記事を一通り読んでいただけるとわかりますが、主にこの3つのニーズを満たせるように記事内容を設計して書いています。

ようするに「ブログ/副業」の2語から要素をバラバラと分解(深掘り)して、1つの記事として再構築しているわけです。

結論、ブログを書いていると、このようなスキルが身につきます。

③:ブログは資産になる

3つ目の良いところは、ブログは資産になるところ。

SEOを意識して記事を書くと、かなり昔に書いた記事でも読者がページに来てくれる可能性があります。

参考として下記をご覧ください。

③:ブログは資産になる

これは僕がブログ記事を書き始めた2020年3月16日から、昨日2021年5月23日までの間に、検索から当ブログに来てくれた読者数の推移を表したものです。

実は最近3ヶ月ほどブログ更新をしていない期間があったのですが、見ていただけるとわかる通り、特に問題なく読者数は推移しています。

つまり、仮にブログ更新をしていない日があっても、積み重ねてきた過去の記事から読者がブログにやってきて、その結果として収益が生まれる可能性があるということ。

もちろん、一定の読者数が維持されているからといって常に収益化に繋がるわけではありませんが、“収益化の可能性がある状態が続く”というのはなかなか良いポイントです。

ブログは資産になります。

ブログを副業にする悪いところ3つ

続いて、ブログを副業にする悪いところを3つ解説します。

良いところがあれば、悪いところもあります。

①:シンプルに大変

1つ目の悪いところは、シンプルに大変なところ。

なぜなら、ブログを副業にする場合、仕事以外の時間をブログに割かなくてはいけないからです。

仮に仕事8時間、睡眠8時間だとすると、1日の残りは8時間。
そこから生活に必要な時間(食事やらお風呂など)を除いて、残った時間でブログを書かなくてはいけません。

実際にやってみるとわかりますが、結構大変だったりします。

②:ブログ運営はコストがかかる

2つ目は、基本ブログ運営はコストがかかるところ。

理由は、レンタルサーバーの契約が必要だから。

僕自身は、エックスサーバーを利用しており、コストがかかっています。

コストは利用しているサービスによりますが、月額換算すると1000円前後かかっているケースが多いと思います。

無料ブログを利用すればコストはかかりませんが、収益をあげている(であろう)多くのブログはWordPress(ワードプレス)というソフトウェアを使っており、このWordPressを利用するためには、サーバー費用がかかります。

ブログ運営はコストがかかります。

③:すぐに結果が出ない

3つ目は、すぐに結果が出ないところ。

主な理由は以下の2つです。

理由①:Googleに評価され、記事が上位表示されるまで時間がかかるから
理由②:ブログ運営はつねに試行錯誤の連続だから

僕自身、「少しずつ読者数が伸びてきたかも」と感じるようになったのはブログ開始から7〜8ヶ月経ってから。
他のブロガーさんの記事を読んでいても同じぐらい時間がかかっているケースが多い印象です。

中にはすぐに結果を出す人もいるかもしれませんが、あまり一般的ではないので例外だと思った方がいいです。

ブログは結果が出るまでに時間がかかります。



まとめ:ブログで副業に挑戦しよう

今回、「ブログ/副業」のテーマで書いてきました。

なんとなく、イメージをつかんでいただけたのではないでしょうか。

今まで200記事以上書いてきた正直な印象としては、ブログは決してラクではないということ。

さっき書いたようにマイナス面もあります。

でも、魅力があるのもたしか!
読者が増えてくると、少しずつ収益が生まれたりして、楽しくなってきますよ。

これからの時代、先を見据えて副業からも収益が入ってくる状態を作っておくことは、決して損にはならないと思います。

ぜひ、ブログにトライしてみてください。

» 【完全初心者向け】ブログの始め方【重要ポイントだけを簡単解説】

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本記事は以上です。